ブログトップ
心臓神経症・狭心症?発作頻発に漢方薬養生
 20年余お付き合いの漢方服用のお客様 87歳 女性  BMI 20

初来店  平成10年67歳時 「心臓神経症 狭心症発作が時々あり、年に数回、救急車のお世話になることがある」と来店された。高血圧薬2種・不整脈・高脂血症・精神安定剤2種・ニトロ外用薬などを処方されている。ご主人が定年退職されたころから?具合が悪いような気がする。他店でカロガイハクハンゲ湯の処方を受けている。
e0024094_16035388.jpg

 問診;眠り浅い、憂鬱感、イライラ、驚きやすい、神経質、動悸、脈早い、食欲並、便秘気味で小便遠い、足冷えるなど 舌診;形大きい(胖大)、色 血の気少ない(淡>紅)、白苔乾
 弁証;気の滞りに逍遥散、血の不足に婦宝当帰膠を処方。
三年間服用していただいた。この間救急車のお世話一度もなし。

平成14年4月 71歳時 心臓が気になる、静時ときどき小刻みにドキドキツとする、心臓部が熱くなる感じあるのでかかりつけ医受診。帰りに来店。
 舌診;以前とは異なり白苔は無く紅く裂紋(小さな裂け目)多数あり。舌診を怠っていた。これは漢方でいう陰虚の証(体の血や水分の不足、血虚が進んだ状態)急ぎ他店の漢方薬を中断をお願いし、陰液を増やす炙甘草湯または生脈散・婦宝当帰膠・天王補心丹を処方。症状は安定した。断続的に9年間服用。救急車の御用なし。

平成23年4月 80歳時 ふらつくようなめまい感ある、目が乾く、涙目、足腰がだるく痛むなどの申告があった。さらに肝腎の陰液を補う杞菊地黄丸を加入した。

平成29年10月 87歳 「漢方のお付き合いが20年余になるがこの間、救急車のお世話にもならず元気で過ごせるのは漢方薬のお蔭」と。勿論医師の管理もあり、漢方薬を信頼いただき、長年ご愛用いただいたことがQOLの向上に効を奏したのではないかと思います。現在も上記の処方を症状に応じて日に1~3回服用されています。最近便秘が酷いとのことで麻子仁丸を夜1回服用中。

 ご主人89歳、お二人ともお元気にお過ごしで、加齢による筋力や心身の活力が低下した状態(フレイル)が少しみられるものの日常生活には何の問題もなく自活されています。健康寿命を享受され健康長寿のモデルですので、これまでの生活習慣などいろいろ詳しくお聞きしておきたいと思います。



漢方ホーム薬局のHPはこちら
定休日;日・月・祝日   営業日;火~土  Am9.~Pm6.
# by home-k | 2017-10-25 21:20 | 健康寿命
葛根湯の服用:夏は要注意
今年の夏は珍しく3人もの葛根湯の新客様が来店されました。夏に葛根湯???

A さん;「風邪で葛根湯を服んでいるが治らないので追加を買いに。風邪にはいつも葛根湯飲んでいると・・・」症状を伺うと”のどの痛み、渇き、微熱”とのこと。漢方の証から銀翹散が適薬なれど葛根湯でいいからとのこと。仕方なく葛根湯に桔梗石膏を合わせて服用いただいた。

B さん;「肩こりで1年中服んでいる(Dr.処方)」e0024094_15320472.jpg
症状を伺うと漢方の証では加味逍遥散が適当と判断し服用
をお願いした。

C さん;「今年の冬に葛根湯が効いたので・・・・」症状を伺うと”鼻水・全身倦怠・食欲不振・味がない・口がねばる”などの胃腸症状が多いので夏風邪専門の蕾香正気散をお勧めした。

葛根湯は漢方薬の中でも認知度No.1です。しかし、漢方薬服用に際して「証」という使用上の条件があります。葛根湯の「証」は”汗がなく・悪風(風邪に中ると寒気がする)する者”に用いることになっています。A,B,Cさんにはこの「証」が見当たりません。

漢方薬の選薬には患者さんの症状の訴えに対し、「温めたらいい」のか・冷やしたらいい」のか(寒熱弁証)、「過剰」なのか・「不足」なのか(虚実弁証)の弁別は必須中の必須です。

 葛根湯の場合、麻黄・桂枝が主薬で温めて発汗させる処方構成ですので、只でさえ暑く自然発汗の多い季節ですので、葛根湯で温めては逆療法で体は疲れるどころか害が出ます。夏の風邪は冷やすことが先決で桔梗石膏や銀翹散、蕾香正気散、桂枝湯などが適合します。


漢方ホーム薬局のHPはこちら
定休日;日・月・祝日   営業日;火~土  Am9.~Pm6.
# by home-k | 2017-09-27 17:03 | 漢方風邪薬
アトピー性皮膚炎 幼児  治験例
生後8ヵ月の幼児 男  発育正常  生まれて一週間で顔面に紅い湿疹を発症。皮膚科でステロイド軟膏治療を続けていたが再発を繰り返すうちに拡大傾向で心配になっていた。祖母に奨められ来店。

 主訴;顔の前面、鼻を中心に左右に7~8cm円形のかなり紅い湿疹、表面はかさついているが浸出液あり、痒みが強いようでいつも手で掻いている。他に前腕部・手の第二指甲・手首・足首など左右対称に同様な湿疹がある。食欲 並。軟便気味。父花粉症あり。
 舌診;舌色 血色薄い(淡)、苔 なし。
e0024094_13562190.jpg

 治療方針;体全体の望診から胃腸のエネルギー産生不足(脾気虚弱)と診て胃腸機能を高め、栄養物の歩留まりを改善する 補気昇陽顆粒 を処方。
通常、紅い湿疹には炎症を冷ます清熱剤を使いたいところなれど幼児ゆえ又、望診からも清熱剤は避け、胃腸機能改善のみで反応を待つことにした。
一ヶ月後来店。頬の紅味はほぼ消失し跡が残っている。3ヶ月継続し他も改善。
 秋口になりお尻がカサカサ痒い、足首が再発気味になったので陰陽を調和することができる 桂枝加龍骨牡蠣湯 を加えてみた。著効あり、半月ほどで全身の湿疹は消失した。ステロイド剤は不使用。

両親は幼児に苦い漢方薬が服めるのか不安だったが、一度も嫌がらず服む姿に感動した・・・・自分に必要なものは判るのかも・・・不思議!感動!の声。

当店ではアトピー治療に今 中国で最先端の火神派理論(温めて体を調和)を取り入れ今までにない治療効果を上げています。

漢方ホーム薬局のHPはこちら
定休日;日・月・祝日   営業日;火~土  Am9.~Pm6.
# by home-k | 2017-08-19 15:22 | アトピー
痔の痛み・腫れ 夏季の湿熱とストレスで悪化 治験例
慢性の痔疾患・暑湿とストレスで悪化を繰り返す。
 48歳 女性 BMI 17.5
神経質な細身のOL、数年続く痔主。本人の申告によると外痔核(いぼ痔5mm)が1つある。胃腸が弱く、小食、便が整わず軟便下痢傾向、硬便もあり。参苓白朮散を継続服用中。のぼせやすく頬が紅い。イライラ、不眠で心療内科受診中。この1年生理が不定期になってきた。生理血に血塊・生理痛あり。舌診 舌の辺り紅、中央部に濃い白苔、舌裏静脈怒張(静脈が黒く浮き出ている)痔の症状が悪化すると来店される。症状に応じて湿熱瘀血の漢方薬・槐角丸や乙字湯、桂枝茯苓丸などで通常は症状が改善されるが、暑湿の季節になると痔の腫れと痛みが増し、職場のパワハラのストレスでさらに酷くなり切れ痔・出血することもある。舌の苔は黄色いベットリとした苔(黄白膩苔)となる。この状態は湿熱がストレスなどで加重されたことで上記の漢方薬では効果が出ず。漢方薬には症状に応じて使う薬が用意されていますので、より熱を冷まし余分な水を排出する働きのある清熱利湿薬を通常の漢方薬にプラスすることで改善ができました。出血時には田七人参を、外用に紫雲膏を併用し諸症状は改善。

e0024094_16170317.jpg 痔は3人に1人は悩んだ経験があるほど身近な病気の1つ。やまいだれに寺を書く字型から”病は寺まで”?長い付き合いになるのかも。
 痔にはいぼ痔(痔核)、切れ痔(裂肛)、穴痔(痔ろう)があります。中医学漢方ではこのような痔の症状は体内に溜まった「湿(余分な不要な水分)」や「熱(体温計上の熱とは異なる)」や「瘀血(血流障害や血の汚れ)」などが主な原因と考えています。また、それ以前に食事や排便、仕事など普段の生活が大きくかかわっています。生活習慣を見直して”痔になりにくい体質”を作るように心がけましょう。


     外痔・内痔 2006.10.31  当ブログ
     いぼ痔と漢方2007.04.18  当ブログ もご参考に


漢方ホーム薬局のHPはこちら
定休日;日・月・祝日   営業日;火~土  Am9.~Pm6.
症状・体質・漢方薬の選別は一人ひとり異なりますので漢方専門薬局でのご相談が治療の早道です。

# by home-k | 2017-07-27 10:33 |
再発を繰り返す口内炎(舌)
64歳 女性  BMI 21
ここ数年、舌裏や舌辺にできる口内炎の再発を繰り返している。逍遥散類や帰脾湯類、小柴胡湯、黄連解毒湯などで手当てしていたが効かなくなった。処方薬も効果なしと来店された。

 問診から、最近口内炎の出来る場所は舌に限局されていて歯茎や唇、頬の内側などにはできない。2~3mmのものが月に1~2回できる。患部はやや赤く白い潰瘍状で熱感がある。痛くてヒリヒリする。食事がしみる、咀嚼しにくい、口数が減、再発するとイライラ、不機嫌、不眠、疲れやすい、口や喉の乾燥感、手足のほてり、尿が濃い、軟便気味、舌に苔少ない、舌色淡紅などの情報を得ることができた。

e0024094_17345489.jpg 中医学漢方では口内炎は様々な原因で生じた過剰な熱が口腔粘膜を焼けただれさせ発症するとしています。中医学の定義に「心(しん)は舌に開竅する」(心の機能は舌に反映するの意)とあるので上記の問診事項に照らし合わせると心の病症に合致することが多い。

 そこで、心の熱を冷ます黄芩やハスの種子の蓮子が主薬の清心蓮子飲にさらに心熱を冷ます処方を服用していただいた。二日目にヒリヒリ感と痛みはかなり軽減して、一週間でほぼ治癒することができた。

 口内炎は日頃多い疾患ですが原因も様々で多くの臓腑の異常が潜んでいますので発生源を見つけるために、詳細な問診や望診(視診)が必要です。






漢方ホーム薬局のHPはこちら
定休日;日・月・祝日   営業日;火~土  Am9.~Pm6.
# by home-k | 2017-06-29 18:06 | 口内炎
蒸し暑い季節のアレルギー性鼻炎(湿熱性鼻炎の治験例) 
74歳  男性  BMI 24 外見的には健康体

初夏から梅雨明けころに毎年、クシャミ鼻水など酷い鼻炎症状の方が来店されます。春の花粉症時は無症状で快適な春を過ごされています。

 一般的に春の花粉症の漢方手当は脾(胃腸)・肺・腎の働きを改善することで十分改善が可能です。しかし、この方の場合通常の手当では少々の改善しかできません。五年前の初診時にはまれな症例のため治療方針に悩みました。

 クシャミ・鼻水以外に、この季節になると気になる症状はないのか問診・望診をやり直してみました。すると、蒸し暑くなってくると頭重感、倦怠感、体が重い、急ぐと息切れ、足が浮腫んで靴下の跡がクッキリつく、夜間のトイレは3~4回(尿色はやや濃い)、この時期便秘気味、舌形は大きく舌辺に歯の跡がギザギザついている・舌色は淡>紅など心や腎に負担が診られ、中医学漢方の診断モノサシに照らし合わせるには十分な情報を得ることができました。

 鼻炎症状は蒸し暑い日は悪化し、湿度が低くカラットしていると快適な日となる。夏は嫌い冬が好きということも判明しました。e0024094_15174133.jpg



 これらの情報から老化による諸臓器の機能低下もあり、特に水分代謝を主る脾・肺・腎の働きの低下に蒸し暑い気候・湿熱の邪が心のポンプ機能に悪い影響を及ぼしたのではないかと推察し、心機能を高める漢方薬を加味してみました。結果は良好で問診の大切さを再認識させられました。

 生活上、ウォーキングや入浴での発汗、夏野菜などのカリュウムによる利尿など体に余分な濁った水をためない努力も大切です。




漢方ホーム薬局のHPはこちら
定休日;日・月・祝日   営業日;火~土  Am9.~Pm6.
# by home-k | 2017-06-10 15:27 | 花粉症・鼻炎
毎年繰り返す初夏の膀胱炎(湿熱の膀胱炎 治験例)
e0024094_17205460.jpg
57歳 主婦 BMI 21.4
 毎年、ゴールデンウイーク前のころ初夏を思わせる暑い日があるとほどなく来店される方がいます。膀胱炎症状の訴えです。病院処方の抗生物質を2週間服用し尿道の灼熱感・排尿痛・下腹痛などの激しい症状はやや軽減し、尿検査で「菌はなし」と判定されたにもかかわらず、依然として排尿痛・残尿感・頻尿・尿の濁り・下腹部の違和感が解消されない・・・・・・と同じパターンを7~8年繰り返しています。

 漢方での根本治療を提案していますが継続が難です。この方は冬は冷え性の訴えが強いのですが冷えが原因の膀胱炎は発症しません。冬場は体調も良く無難に乗り切れますが、暑さを感じるようになると、暑さが苦手・胃が重い・体が重い・下肢のむくみ・倦怠感・尿量の減少・スッキリでないなどの訴えが多くなります。そして膀胱炎の発症です。

 この方はストレスの感受性が強く、それを加味した処方に体に溜まっている湿と熱を捌く清熱利湿薬の竜胆瀉肝湯と五淋散を服用していただきました。3日で快方に向かい5日でスッキリし休薬。中医学漢方では湿熱性の膀胱炎といい、近年多い病症です。

 膀胱炎には上記のような湿熱型、冷え、ストレス、過労、加齢、妊娠など多くの原因がありますので選薬にはその弁別が大切です。

 膀胱炎に対する漢方治療効果は即効性があり比較的対処しやすく治りやすい病症です。 ご相談ください。




漢方ホーム薬局のHPはこちら
定休日;日・月・祝日   営業日;火~土  Am9.~Pm6.
# by home-k | 2017-05-16 17:48 | 膀胱炎
初夏の膀胱炎 漢方養生
 三寒四温の季節病・花粉症も終わり、散寒至温?の初夏となりました。日中25℃にもなる夏日になったりしますが、このころになると膀胱炎や痔、痛風発作・にきびなどの皮膚トラブルが多くなってきます。暑さ慣れがうまくいかない人に多く見られます。

 今回は初夏に多い膀胱炎について解説いたします。
普段から水分代謝が悪く・暑さの熱が体にこもり易い人(湿熱タイプ)に多く発症します。女性に多く、トイレが近い・尿意促迫・排尿痛・排尿困難・残尿感・尿道の灼熱感・尿の濁り・血の混じり・下腹痛など様々な症状を伴います。

 この時期の尿色は体にたまった余分な熱で尿が濃縮されるので、いつもより黄色味が強いことが多く、排尿痛や下腹痛が強いのが特徴です。e0024094_16071407.jpg
病院では急性膀胱炎なので抗生物質が処方されますが、漢方薬でも十分対応できます。中医学漢方では外気温の熱が膀胱を犯したと考えますので、熱を取り去る処方が用意されています。
 八正散・五淋散・竜胆寫肝湯・清心蓮子飲などが繁用されますが生薬の構成内容により使い分けに注意が必要ですので、選薬は漢方専門薬局での判断が早期治癒への近道です。

 膀胱炎の寒(かん=冷え)と熱(暑熱)について
漢方ではその症状が冷え(寒)なのか熱なのかの判断は診断上重要な事項です。治療方針として冷えならば温め、熱ならば冷やすことが先決事項ですので、湿熱による膀胱炎の食養生においても熱ならば温める食材は禁忌で、ピリ辛ものやニンニク・キムチ・香辛料・酒・脂質などは避けるべきです。ストレスも熱です。

初夏の膀胱炎の症例は次回にします。



漢方ホーム薬局のHPはこちら
定休日;日・月・祝日   営業日;火~土  Am9.~Pm6.
# by home-k | 2017-04-28 16:58 | 膀胱炎
花粉症には漢方が効く 薬にもTPOが大切
桜の開花宣言が出るころは気温も上昇し、スギ花粉の飛散量がMax、花粉症に悩む人にとって最も憂鬱な時期ではないでしょうか。漢方鼻炎薬の使い方は時期と気温により薬の処方が異なります。

 鼻炎症状は気温差に大きく影響されます。まだ寒さが強い立春のころは鼻水も透明でタラタラ型が多く、春分の日ころになると気温も上がり鼻づまり型が多くなります。

 鼻水タラタラ型  冷え(寒邪)が肺の機能を低下させています。クシャミや透明な鼻水・寒気など”かぜ”の初期症状に似ています。入浴で温まると鼻がスースー通って気分がよくなるので、漢方薬も体の内側から温める薬を主に使います。

 鼻水つまり型  陽気(温邪)温かさが邪気となり肺の働きを乱します。鼻水は少なくなり鼻づまり・粘りのある鼻水・目や鼻やのどや耳などの粘膜の痒みなど・目の充血・のどの渇きなどの炎症症状がでてきます。入浴で温まるとかえって鼻づまりが酷くなったり、冷や水を飲むと鼻が通ったりするので、漢方薬はやや涼(ひや)す薬を用います。天津感冒片、鼻淵丸、衛益顆粒など。

 タラタラ型・つまり型の混合タイプも最近多く見受けます。漢方薬で対応できます

陽気が良くなってきたら小青龍湯、葛根湯などの温薬の長期服用は要注意です。

養生法 : 腹式深呼吸で陽気を体に取り入れましょう。横隔膜の刺激になり肺の活力が増します。
e0024094_15561575.jpg

花粉症に効くツボ;風池・迎香・魚際・合谷などの刺激も相乗効果があります。







漢方ホーム薬局のHPはこちら
定休日;日・月・祝日   営業日;火~土  Am9.~Pm6.


  

# by home-k | 2017-03-25 18:30 | 花粉症・鼻炎
花粉症には漢方が効く!!快適な春を!!
天気予報に花粉情報が報じられています。関東地方では2月17日の春一番に続き3日おきに春二番?春三番と強風が吹き荒れました。気温も一気に上昇し風が冬を追いやり春の出番を告げているようです。花粉症の方にはつらい春の始まりになります。

春は風に注意(風邪ふうじゃ)
 一年を通じて風(かぜ)が多いのは春だそうで、中医学漢方では風邪(ふうじゃ)といい過剰な風(ふう)が体に様々な害を与えるとしています。代表的な病名に中風(ちゅうふう:卒中ともいい突然意識を失い倒れたり顔面神経麻痺・半身不随・言語障害を呈する病症)がありますが詳細は後日にいたします。
 風邪(ふうじゃ)は、ほかの様々な邪気(病の原因)を連れて体に入り込むという特徴がありますが「花粉症」は風邪が花粉を運んで体に入り込むことが原因と考えられています(五行説)。季節的な方は比較的軽い病症です。

風邪から身を守る体の自衛システム
 このような邪気(風邪や花粉)の侵入を防ぐ役割を果たしているのが体内の衛気(えき)です。衛気は体を守る抵抗力のようなもので体の表面(鼻やのどの粘膜・皮膚など)にバリアのように存在し邪気の侵入を阻止しています。そのため体内の衛気が食の間違いや運動不足・過労・加齢・ストレス・素体虚などにより不足すると花粉などの邪気が体に入り込みやすくなり、鼻水・鼻づまり・クシャミ・目のかゆみなどのアレルギー症状が現れるようになります。 

 反対に体内の衛気を十分に養って体の抵抗力を高めることで花粉症の症状を改善することが期待できます。毎年花粉症に悩まされている人は症状を抑えるのと同時に日頃から体質を整えておくことが大切です。

 中医学漢方の2000年前の医学書:黄帝内経に「正気存内、邪不可干」とあり”正気(抵抗力・衛気)が充実していれば外部の邪気の影響は受けない”と説明しています。

漢方ホーム薬局の取り組みは扶正祛邪(ふせいきょじゃ)免疫力調和
e0024094_16065246.jpg

 正気を扶助し正気を増強することにより病邪を駆逐することができる黄耆や
e0024094_10173160.jpg

風、辛夷・白朮・乾姜・細辛・・・・・・・などを多用し、快適な春を迎えていただけます。飲みやすい顆粒エキス剤、煎じ薬もご用意しています。 花粉症の二次災害;鼻呼吸が十分でないと酸素の取り入れが悪くなり赤血球が全身の組織細胞に酸素を運ぶ力が低下し、機能の低下が推察されます。倦怠感や注意力散漫に注意です。





漢方ホーム薬局のHPはこちら

定休日:日・月・祝日   営業日:火~土  Am9.~Pm6.







# by home-k | 2017-02-27 12:11 | 花粉症・鼻炎