ブログトップ
箱根金時山の花 Vol.57 ー夜露ー  
 立冬が過ぎ冬隣ともいう季節になりましたが自然界は秋たけなわです。秋というと空気の乾燥と澄み渡った空のイメージがありますが、早朝の空気は重く夜露で車のガラスはビショビショで金時山への出発には露のふき取りで時間がかかり大変です。’09.11.08

 露は四季を通じて見られますが秋は特に多く秋の季語にもなつていることが不思議です。昼夜の温度差が大きくなり,晴れた日の夜間に気温が下がり空気中の水蒸気が凝結して水滴となったものが露ということです。

 箱根仙石原湿原もその名のとうり湿度が高いので朝霧が重く立ちこめ、湿原は勿論のこと大きな建物も覆い隠し雲海様にみえとても美しいです。紅葉も見事です。

 早朝の金時山から仙石原・芦ノ湖方面を望む
e0024094_17162350.jpg

 早春から登山者を楽しませてくれた金時山の花たちも店じまいで殆んど見られませんが、しんがり残り花のリンドウが咲いていました。リンドウの花はなかなか開花せず蕾のままに枯れてしまうのが多い中最後の力を振りしぼったのか開花したものを見つけることができました。リンドウの根は漢方薬で「竜胆」といい非常に繁用されています。リンドウが配合されている竜胆瀉肝湯は膀胱炎や前立腺肥大などで尿の出が悪い時に効果があり頼りになる漢方薬の一つです。
e0024094_17171477.jpg


  ♪ 秋の夕日に照る山紅葉
     濃いも薄いも数ある中に
       松をいろどる楓や蔦は
        山のふもとの裾模様 ♪ 
     -紅葉ー



漢方ホーム薬局のHPはこちら

 
by home-k | 2009-11-14 17:49 | 箱根・金時山の花