ブログトップ
箱根金時山の花 Vol.59   
 ’09.12.19(土)AM.5.40 矢倉沢峠口から金時山に出発。駐車スペースに5台の先客あり。真っ暗闇の中、懐中電灯で足元を照らしつつ歩みを進める。この一週間真冬型の気圧配置になりマイナス三度Cで風が肌が刺すように痛い。
 仙石原高原の集落の灯りが宝石をちりばめたようで美しい。東の空が明るくなってきました。(金時山中腹にて)
  
e0024094_1213799.jpg

 今日の目的は金時山頂での日出と富士山の夜明け。今朝の日出:6時45分(横浜標準)
  
e0024094_121584.jpg

 最近めっきり足運びが遅くなり道標案内の50分がきつくなってきました。今まで追い越されることは少なかったのですが寄る年波には勝てません。膝の痛みがでてきました(この件は後日報告いたします)。一人前に漢方で言う腎虚の症状です。今朝も顔見知りの3人にやられました。少し若い人だからまあいいかなど自分を慰めながら登る。6時40分着。何とか日の出に間に合いました。

今朝の富士山は雪も多く特にきれいです。金時山の山かげがくっきり富士山に映っています。こんなに美しい富士山ですが時には厳しい態度をみせます。前夜は片山右京さんたちが遭難したということでこれから捜索が開始されるのでしょう。自然は厳しいです。


 

 漢方ホーム薬局のHPはこちら
 
by home-k | 2009-12-21 12:47 | 箱根・金時山の花