ブログトップ
痛み方にも種類がある  漢方では仕分けが大切!!
 痛みには、頭痛や歯痛、五十肩や頚椎症、関節炎・腰痛や膝の痛み、痛風やリュウマチ、神経痛や筋肉痛、生理痛・・・・などがあり、誰でも日常生活の中でよく経験させられる疾患です。

 漢方で痛みを考えると、いずれの痛みにも共通した痛み方があります。
言葉で表現すれば、ひきつるような痛み 重だるい痛み 刺すこうな痛み 張るような痛み・・・・などですが漢方(中国医学)ではこの表現こそ大切で、そこから痛みの原因を探し出すことができます。

 1 天気が悪くなると重だるく痛む      e0024094_17231938.jpg        

 2 冷えるとひきつるように痛む

 3 疲れるとシクシク痛む

 4 夕方や夜間にしびれるように痛む

 5 夜になると刺すように痛む

 6 緊張すると張るように痛む

 7 風呂に入ると痛みが増す

 8 痛みがあちこちに移動する

 9 痛みはいつも固定されている

など、よく経験されたのではないかと思います。

漢方薬での治療には、上記の痛みの仕分けが原因治療の基礎となり治癒への近道です。
痛みの治療は漢方薬が副作用もなく、体に優しく効果を期待できます。





  漢方ホーム薬局のHPはこちら
by home-k | 2010-03-31 17:29 | 痛みと漢方