ブログトップ
坐骨神経痛 体験闘病記3の2 症状編その2の2
 急性期の激痛の中、少しでも症状が緩和されることがないか我流で生活上の工夫をしてみました。

症状の概略
 立っても・坐っても・歩いても動作を変えると痛みが増す、仰向け寝・咳・くしゃみ・クーラーで増悪、痛みの質は灼熱感のある刺痛、夜間・早朝の痛みの加重、梨状筋・外脛に固定した激痛に悩む。

窮すれば通ず  ・・・・・・・・・希望の光

 1.大きな円座クッション
  
 お尻の痛み(梨状筋痛)で座れない日が続き、食事も立って食べる・通院のタクシーにも座れずへとへとに疲れた。或とき、”トイレの便座には痛みなく座れる”ことに気づく。なぜ?? 市販の円座ではダメなので、便座の大きさに円座を作ってみた。Very Good!2週間ぶりに座れた。特製円座は食事にも・タクシーにも・移動する先に持ち歩き生活の質が大きく改善した。

 2.サイクリング  自転車の活用

 20m先にある店の駐車場まで歩けない日が続く(50日)。30日目頃円座なしで座れるようになったので自転車に乗れるか試してみた。痛みなく乗れた!!。すっかり弱ってしまった下肢の筋力回復にサイクリングを30~40分毎日続けた。歩くと痛みは増すのにペタルをこぐ動きでは痛まない。使う筋肉・腱はいろいろ違うことに気づかされる。30日もかごの鳥生活だったので、風を切って走るサイクリングは爽快で心がヤッホーになった。
e0024094_1472897.jpg

 3.アキレス腱ストレッチ(腓腹筋 ヒラメ筋)

 足を前後に開脚(患足を後ろに)し、椅子やテーブルに両手でつかまり前のめりに体重を移動、患足のかかとが床から離れないようにする。ふくらはぎやアキレス腱が痛くなる状態で20秒静止、これを5~6回をワンクールで日に10回位おこなった。不思議なことに、最も痛みが激しく苦痛だったくるぶし上の外脛痛(A点)が数分消えるのに気づく。これは最大の発見!!。

 4.スーパーのカート

 32日目、座れるようになったので車の運転に挑戦。スーパーに買い物の手伝い。カートにつかまり歩く姿勢が前かがみになるのでA点の痛みが楽になることを発見。歩ける!!。カートを押しながら家の外で300歩も歩けた。こんなに長期間歩けなかったのは赤子の時以来?。歩けなくなるのでは?と不安な毎日だった。
カートにはすっかりお世話になり、歩ける喜びを与えてくれた。

 5.その他  ナイショ・・・ 

上記のことは回復への希望の光であり、辛い症状の改善、精神衛生上も非常に役立ち、身近なところに意外と便利グッツがあり、生活の工夫で病院でのリハビリ以上のものが有ることを学べた。



次回は漢方での坐骨神経痛の治療編を報告したいと思います。




漢方ホーム薬局のHPはこちら
   
by home-k | 2014-11-22 12:35 | 痛みと漢方