ブログトップ
毎年繰り返す初夏の膀胱炎(湿熱の膀胱炎 治験例)
e0024094_17205460.jpg
57歳 主婦 BMI 21.4
 毎年、ゴールデンウイーク前のころ初夏を思わせる暑い日があるとほどなく来店される方がいます。膀胱炎症状の訴えです。病院処方の抗生物質を2週間服用し尿道の灼熱感・排尿痛・下腹痛などの激しい症状はやや軽減し、尿検査で「菌はなし」と判定されたにもかかわらず、依然として排尿痛・残尿感・頻尿・尿の濁り・下腹部の違和感が解消されない・・・・・・と同じパターンを7~8年繰り返しています。

 漢方での根本治療を提案していますが継続が難です。この方は冬は冷え性の訴えが強いのですが冷えが原因の膀胱炎は発症しません。冬場は体調も良く無難に乗り切れますが、暑さを感じるようになると、暑さが苦手・胃が重い・体が重い・下肢のむくみ・倦怠感・尿量の減少・スッキリでないなどの訴えが多くなります。そして膀胱炎の発症です。

 この方はストレスの感受性が強く、それを加味した処方に体に溜まっている湿と熱を捌く清熱利湿薬の竜胆瀉肝湯と五淋散を服用していただきました。3日で快方に向かい5日でスッキリし休薬。中医学漢方では湿熱性の膀胱炎といい、近年多い病症です。

 膀胱炎には上記のような湿熱型、冷え、ストレス、過労、加齢、妊娠など多くの原因がありますので選薬にはその弁別が大切です。

 膀胱炎に対する漢方治療効果は即効性があり比較的対処しやすく治りやすい病症です。 ご相談ください。




漢方ホーム薬局のHPはこちら
定休日;日・月・祝日   営業日;火~土  Am9.~Pm6.
by home-k | 2017-05-16 17:48 | 膀胱炎