ブログトップ
2006年 07月 29日 ( 1 )
金時山の花 Vol. 3
 週末になると妙に早起きになってしまう。今朝もトレイニングジムの
金時山に出発。七時山頂着。晴れ。富士山の全容が見渡せる。残雪が点の
ように二っ見える。富士山は今が登山シーズン今日も何千人もの人びとで
大賑わいのことと思います。夜になると人びとの足元を照らす電池の列が
登山道をじゅず繋ぎにジグザグと見えてとてもきれいです。

 今日は久しぶりに金時山の南、仙石原側から登る。矢倉沢峠のウグイス
茶屋付近一帯はウグイスの営巣地でさえずりがうるさい(失礼!)位、賑
やかです。ホーホケキョ ケキョ ケキョ ホーキキョ キキョと鳴いて
いるのでしょうけど漢方屋の私には補補血虚 血虚 血虚 補気虚 気虚
?と聞こえてきます。オーイ漢方屋!しっかり勉強しろ!応援歌でしょう
か?

今日はなんとラッキー!4月26日に金時山登頂3000回を80歳直前に
達成された田島さんに偶然にもお会いすることができました。仙石原にお
住まいとのことで、こちら側から登られしかも午後からが多いようですので
早朝派の私はなかなかお目にかかれませんでした。昨日ここにあった花が
ないと嘆いていられました。80歳の女性とは思えない身軽さでヒョイヒョイ
と登られます。是非早いうちに4000回を達成していただきたいと思います。
お会いできてパワーをいただいた感じです。


 登山道にはヤマユリ シモツケ シモツケソウ ショウマ ウツボグサ
( 漢方名 夏枯草)オオバギボウシなどなど咲き誇っていました。

  
  ウグイスのさえずりとヤマユリの香りをお届けできないのが残念です。

  写真はヤマユリ シモツケソウ ウツボグサです
e0024094_22582445.jpg

 ヤマユリ  ユリ属ゆり科
  薬用部分を漢方名「百合」(びゃくごう)といい肺を潤し咳を止める働きがあり、痰が少なく乾いた咳・痰に血が混じる時などに他薬と配合して百合固金湯を使います。長引く咳によく応用されます。食材にもなり自家製のユリネ入り「がんも」などおいしいですね。
e0024094_22585540.jpg

 ウツボグサ ウツボグサ属しそ科
  薬用部分を漢方名「夏枯草」(かごそう)といい目の充血・腫れ・痛みなどの結膜炎、乳腺腫・甲状腺腫などに他薬と配合して使い処方名に夏枯草散があります。真夏に枯れた花穂をつけるのでその名があります。
e0024094_2259817.jpg

当店HPのURL http://www.homek.biz
by home-k | 2006-07-29 23:00 | 箱根・金時山の花