ブログトップ
2006年 11月 30日 ( 1 )
お血と微小循環障害  ⑩  -微小血管狭心症ー
 一般的な狭心症は比較的太い血管が何らかの原因で狭くなって発症しますが、最近の研究で細い血管(毛細血管)でも同じようなことが起きていることが判ってきました。これを微小血管狭心症といいます。

 胸がしめつけられるように痛んだり、背中やみぞおちが痛んだり、のどが詰まる、左腕がしびれる、腕が上がらない、冷や汗をともなったりなどの症状があり一般的な狭心症と同様ですがやや症状が軽いようです。これは心臓の筋肉の中にある毛細血管の流れに問題を生じたことです。

 この様なことはA型行動型人間や更年期を迎えた女性に多く発症すると言われていて、就寝中や安静時に発作を起こしやすいという特徴があります。命を落とす心配はないが検査をしても発見できないことが多いので要注意です。また、狭心症の治療薬ニトログリセリンは毛細血管などの小さい血管の拡張作用はないので苦痛は解消されず適当な薬がないのが実情です。

 上記の異常に気付いたら単なる更年期障害と片付けず、またA型人間的要素があれば尚のこと気や血の滞りを改善する体のお手入れが大切になります。X型人間的な生活習慣を身に付けることも大事なことではないでしょうか。
 やはり中国医学(漢方)による「未病先防」理論を応用することで憂鬱な更年期も平穏に過ごすことができます。

 A型行動型人間とは:
  1 仕事もせっかちで思ったことはただちに実行しないと気がすまない。ぐずぐずしている他人を見るとイライラする。
  2 仕事熱心で自分の能力以上の仕事を背負い込み職場や家庭は自分ひとりでもっているという自負心が強くて休むことが下手な人。
  3 敵愾心と競争意識が強く、人一倍正義感が強くこうと思うと闘う人。
    
   A型 B型 X型がありますが血液型とは関係なくB型はおっとり、X型はAとBの中間型といわれています。

 あなたは何型に生きがいを感じますか・・・・・・?。


   当店HPのURL http://www.homek.biz
by home-k | 2006-11-30 17:44 | お血(おけつ)