ブログトップ
2008年 06月 07日 ( 1 )
金時山の花  Vol.39 ―椿魚さんとの出会いー
 今朝も早起きで開店前のひと時、金時山へ花探しに。夏花への移行期なのか草花は少なく、新緑の葉を乗せた木々の花が目立ちます。ミズキ、ヤマボウシ、ウツギ、ツツジなどなど・・。

e0024094_1731404.jpg
ヒメシャガが奇麗に咲いています!!

 数年前に金沢市を旅したときに茶店で”椿魚”さんという方にお目にかかり「自然はすばらしい」とお互い意気投合して長話をしたことを思い出しました。その時プレゼントしてくれた詩集?
”椿魚のひとりごと”に素晴らしい一文がありますのでご紹介いたします。

 よいしれることって すてきなことですねよね。

 花に酔う、鳥に酔う、それぞれの自然に酔う

 そして愛に酔えるなんて、人間に与えられた神仏からの感せいの、

 贈りものなのかもしれませんよね。

 様々な花の香り ものの香りの中で

 人間五感のひとつが こころの安ら気であり

 ゆとりすら大いに感じえているのかも知れませんよね。

 でも作られた香りなんて ほんのひとときの安ら気

 自然の放つ、豊かな香りは ずっと、ずっと、こころの想い出となって語り

 つがれ又、愛した香りほど大事に生涯持ち続けていくんですよね。




             
                     漢方ホーム薬局のHPはこちら
 




            
by home-k | 2008-06-07 18:19 | 箱根・金時山の花