ブログトップ
2008年 09月 06日 ( 1 )
金時山の花  Vol.  44
 ’08.09.06(土) くもり

仕事前のひと時、金時山の初秋を探しに入山。無風で蒸し暑く体が重い。
 夏には紫の奇麗な花穂をつけて咲いていたウツボグサは漢方名:夏枯草(かごそう)といいますが今はその名の通り枯れた穂になっています。リンパや乳腺、甲状腺、耳下腺などの腫れ物に繁用されます。
 山頂からは秋霞に浮かぶ富士山を望むことができました。

今日出会えた花たち

 シオガマギク(しおがまぎく属 ゴマノハグサ科)
   
e0024094_181084.jpg


 シラヒゲソウ(うめばちそう属 ユキノシタ科)
   
e0024094_10411268.jpg


 タマゴタケ(テングタケ科)
   
e0024094_1851152.jpg

   奇妙な形ですがこれから傘が開くということです。ベテラン氏に案内され写真に収めることが出来ました。



漢方ホーム薬局のHPはこちら


  
by home-k | 2008-09-06 18:09 | 箱根・金時山の花