ブログトップ
カテゴリ:これでいいの?( 4 )
ミネラル不足の野菜  2の2
  一部の水煮野菜やカット野菜などの栄養レス野菜(もぬけの殻の野菜)の成分不足を問題視する方が多く見られるようになってきました。人体に必要な五大栄養素は炭水化物・タンパク質・脂肪・ビタミン・ミネラルですがそのうちのビタミンやミネラルなどが不足しているということです。

 野菜を摂らなければ!  しかし野菜類の調理には手間暇がかかり時短が必須ですので、つい半加工になっているものに手が行きがちになるのも理解できますが・・・・。うまい・安い・手軽は食の安心・安全とはいかないのです。食という字を分解すると、人に良いものと書きますので良質食品の選球眼を養いたいものです。

  栄養レス野菜を補う海の幸たち

 こんな時、海の幸にお世話になるのが一番です。陸の土に含まれている豊富なミネラルは雨に溶けて海水となるので、海はミネラルの宝庫なのです。それらを吸収して育つ海藻や昆布・貝類や小魚などの魚類などの海の幸をいただくことで微量ミネラルなどを不足なく摂取することができます。味噌汁や煮物は煮干しのだしがお薦め!面倒な方は煮干しをミキサーにかけて粉だしを造リ置きして用立て、めざしやシシャモは丸ごと食べれば不溶性ミネラルも摂取でき一挙両得になり不足は解消されます。

     食は命なり 
       食間違えば 病発す 
         病発しても食正しければ病治す 
           よって薬(医)食同源なり


 



漢方ホーム薬局のHPはこちら

定休日;日・月・祝日   営業日;火~土  Am9.~Pm6.
by home-k | 2015-11-28 17:57 | これでいいの?
ミネラル不足の野菜 2の1
2015.11.11(水) NHK”あさイチ”番組で「切干だいこん」を調理する時、水に浸して軟らかく戻す作業がありますがその水を「捨てるのか」「使うのか」を消費者に聞いていました。70%の人が「捨てる」の回答。

 これにはビックリ!でした。番組でもフォローしていましたが「浸し液は使う」が正解です。浸し液には大根に含まれているミネラルやビタミン、その他の栄養素が溶け出ていますので、この液で調理するからこそおいしい料理になるのです。くれぐれも もぬけの殻の野菜を食べないように。

 最近、講演会や書籍を通じて「もぬけの殻の野菜」が気になっていました。食料品売り場にたくさん見かける水煮野菜やカット野菜です。なかには水煮野菜を作る過程で茹で汁を捨ててしまい見た目がきれいなものやカット野菜も水に長く晒して水分をたっぷり吸収させたパリパリ野菜があるとのことです。当然ミネラルやビタミンは少ないか無いのかもしれません。e0024094_17131344.jpg

 売り場面積がどんどん広がっている所を見ると、このような野菜を利用されている方が多いのではないかと思います。野菜は調理に時間がかかり日常生活が忙しい現代社会では時短になり便利ですが上記のこともありますので要注意です。

   健康生活にミネラルは必需物質  生命の根幹的な機能に必須の栄養分

 人が健康に生きていくのに40種類のミネラルが必要とされています。
  1.病原菌やがん細胞を消去する免疫細胞を活性化する。
  2.活性酸素を除去する酵素をサポートする。
  3.神経伝達物質の製造。
  4.筋肉のコントロール。
  5.内分泌ホルモンのコントロール。  など

これらの不足は心と体の様々な調節機能に不調をきたし、様々な心と体の不調、そして病気となって現れたり難病の原因のひとつになります。と NPO法人 吉田 俊道さんは叫んでいます。


  


 



漢方ホーム薬局のHPはこちら

定休日;日・月・祝日   営業日;火~土  Am9.~Pm6.
by home-k | 2015-11-12 17:23 | これでいいの?
これでいいの?No.2 -嫌われる苦味ー
 苦味を抑えた緑茶やウーロン茶が売れて売れて、ヒット商品だそうです。中にはメタボにいいとか健康増進効果があるという特定保健食品(トクホ)にも指定されているものもあります。飲み口がいい”味のまろやかさ”を強調しているものもあり、売り上げ至上主義の企業努力?により”自然の味”が失われつつあります。食養が注目を浴びている今、何か間違った方向に進んでいる気がしてなりません。

 さらに、夏の味覚としてほろ苦さが旨いビールや苦瓜(ゴーヤ)までも苦味を抑えた物が開発されているのですから、あきれてしまいます。苦瓜も苦笑しているかも?。

 ゴーヤは苦い、砂糖は甘いというように食べ物には固有の味があります。漢方を学んでいる者にとって、食べ物や生薬(漢方薬の原料)の味は学問上、非常に大切でこれなくして漢方薬の運用も漢方の食養生もお話できません。

 食べ物や生薬には必ず”味”があります(薬食同源)。からいとか、しょっぱい・すっぱいなどもあり、それぞれの味によって食べ物や生薬の性質が違ってきます。これを食味といい「苦い(苦=く)」・「甘い(甘=かん)」・「辛い(辛=しん)」・「塩からい(鹹=かん)」・「酸っぱい(酸=さん)」
の五種類の味があります。この五味はそれぞれ親和性の強い臓腑につながり苦は心・小腸、甘は脾・胃、辛は肺・大腸、鹹は腎・膀胱、酸は肝・胆に入りその臓腑を養うと説いています(漢方のバイブル・黄帝内経)。それ故、苦味の不足は心・小腸の働きに影響が出ることになります。

   苦味の効用

 専門書では苦味は泄(降・瀉),燥、堅に働くとされていますが、一般的には利尿・消炎・解毒・鎮静・解熱作用があり心臓,血管など循環器の働きをよくし、高ぶった精神状態を鎮めます。その上、血液浄化の作用もあります。

 高血圧、赤ら顔、怒りっぽい、イライラ、不眠、多夢などを改善し、暑気あたりの予防にもなりますので心当たりのある方は苦い物は必ず必要なのです。

   苦い食べもの 

 苦瓜、ごぼう、たけのこ、ほうれんそう、緑茶、みょうが、たらのめ、アロエ =冷やす性質
 ラッキョウ、よもぎ、ふき  =温性
 ぎんなん、びわ、春菊、うど  =平性(冷やしも温めもしない)

 嫌われ者の苦味ですが、こんなに重要な働きがあるのです。夏は心負担の多い季節ですので心を養うホップのきいたビールと苦瓜料理ならクールダウン間違いなしです。まさに夏の薬膳料理です。


  

    漢方ホーム薬局のHPはこちら


 My off time 
   
e0024094_16585945.jpg

 オーストラリア・シドニーは均整のとれた美しい街づくりです
by home-k | 2008-08-28 16:50 | これでいいの?
これでいいの?No.1 -家族のきずなー
 ゴールデン・ウイークを利用してオーストラリア(AS)にいってきました。帰ってきて留守中の新聞を読みながら整理をしいてビックリする記事がありました。20年4月27日(日)の読売新聞「家族観」の世論調査です。

 家族の「きずな」や「まとまり」は? の設問に対して
  強くなってきている・・・・・・・・・・・2.2%  
  どちらかといえば強くなってきている・・・6.8%
  どちらかといえば弱くなってきている・・・48.3%
  弱くなってきている・・・・・・・・・・・40.7%
  答えない ・・・・・・・・・・・・・・・2.1%  という結果でした。

 1985年の調査では47%の人が「強くなってきている」と回答したのに、今回は9%に大幅なダウンなのです。本当なのでしょうか? 目を疑い数回読み返してみました。

 日本では目先の利益や経済効率さらに利便性が優先され、24時間営業も増え不夜城化しつつあります。オーストラリアの街を見ると夜中は真っ暗で静まり返っています。オフイスビルも店もPM5時でどんどん灯が消えます。8時間仕事をして、8時間は自分や家族との時間、そして8時間寝るというのが現地の人の話で,家庭が人生設計の基本であり仕事はそれを支える手段という考えが読み取れます。「きずな」の原点はこの辺にあるのかも知れません。日本でも一日を三分割するこの生活スタイルでしたがいつの間にか無茶苦茶になってしまいました。一億総働き蜂のこの社会を少しずつでも変えていきたいものです。

 現地(Perth)でも大きなショッピングマーケットWOOLWORTHSの営業時間は
月・火・水・木がAm8~Pm7、金がAm8~Pm9、土はAm8~Pm5、日はAm11~Pm5となっていて週末の金曜にお買い物して土・日は家族団欒に当てるということです。実際、土・日の繁華街の商店はほとんど休みでガランとしていて、公園や海辺には家族ずれが多く見られます。

 僅か9日間でしたがオーストラリアの文化にふれて感じたことはユッタリ~とした人々の行動、親切心、気安さ、大らかさだったように思います。国土は日本の22倍、人口は五分の一、豊かな経済ということですからAS人の優雅さは本物なのでしょう。
 こんな気分で帰国して一番先に見た新聞にはショックを感じました。それでも設問の自らの家族については「きずなやまとまりを大切にしたい」と思う人が98%もあることに救われますが、思いだけではなくぜひ実行して実現しなければならない時に来ているのではないでしょうか。


 漢方ホーム薬局のHPはこちら 
 
 
  My off time 
  
e0024094_2159980.jpg

 シドニーの繁華街Pm9時 灯りが暗い  高層ビルは美観上点灯していますが、電気代は政府と企業が半分づつ負担しているとのことです。

   
by home-k | 2008-05-12 18:17 | これでいいの?