ブログトップ
カテゴリ:腰膝痛( 5 )
再発を繰り返す腰痛
治験報告 

 75歳 男  BMI 23   来店日 2014.04.02
主訴 腰痛を繰り返す

 2ヶ月前から腰のベルトラインが重く痛む。年に3~4回同様な腰痛症状があるが、今回はいつもより痛みが強く動くと加重。夜中のトイレに起きるのが辛い、重いものを持つことが多いので日々の生活に支障がある。ロキソニン他を服用したが胃が重くなる。整体に通院中。
 寒がりで手足が冷える。足のむくみあり。夜のトイレ近い。
舌診;舌色は淡紅、中央に白色微黄苔、形 絆大。

 以上の所見から、加齢により乏しくなった生命エネルギー(腎精)が、寒さ(冷え)や湿気(寒湿の邪)に遮られ筋肉や腱・神経に廻らなくなって発症したと思われます。e0024094_10251234.jpg

中医学漢方では、このような訴えから冷え性であり2月の寒い季節に発症したことから冷えと湿(水分代謝が悪い)を除く袪風寒湿薬、加齢から気・血・腎精(生命エネルギーの基)を補う薬をベースに黄柏を煎じて服用していただいた。10日後にTELあり、腰がすっきり軽くなり痛みも消失したとご機嫌。腎精を補う薬を継続するよう説得。

 漢方では一般に腰痛は疲労の積み重ねやストレス、不摂生な生活、過労や老化などにより体力が低下した状態(虚)に外からの要因である風(気圧の変化など)・寒(冷え)・湿(梅雨時や湿地に住む)などの要因(実)が侵入して発症すると考えています。くり返す腰痛や慢性のものはからだの内部に問題があることが多く、特に老化に伴う痛みは腎の精気が不足して腎の府である腰部を養うことが出来ないために発症することが多くあります。

 腎精は20代をピークに衰退していきますが、この先、衰退のスピードをなるべく緩やかにしていきたいものです。高齢化社会を迎え「健康寿命」を永らえるには、歴史に裏付けられた安全な中医学漢方をからだに取り入れ腎精の貯金を増やすことが豊かな人生に繋がるのではないでしょうか。




 漢方ホーム薬局のHPはこちら
  定休日;日・月・祝日  営業日;火~土  AM:9~18時
by home-k | 2014-04-19 14:08 | 腰膝痛
膝に水が溜まり痛む  漢方療法治験
 65歳 主婦  BMI 21.5
1年前から膝の後ろ(後膝部)に水が溜まるようになり、痛くて仕事にも支障が出るようになり、又階段の昇り降りも辛く、人生に不安を感じていた。患部に水が溜まると痛みが増すので病院で水を抜いてもらい(4回)消炎鎮痛剤を服用して治療をしていた。

 あるとき知人から「水は抜かないほうがいい」といわれ、漢方薬でこのような治療が出来るのかと来店された。最近、左膝の痛みをかばっていたせいか、右ひざ(前膝部)も痛くなり、屈伸が出来ず正座も出来なくなってしまった。e0024094_17145272.jpg
 漢方の考え
漢方では「膝に水が溜まる」ことは、人体の水分代謝にかかわるとされる肺・脾(胃腸)・腎などの内臓機能が低下したことが主因ではないかと考えます。勿論、老化や過労による筋力の低下、湿気や冷え、ストレスなども引き金になります。

 この方の場合、65歳という年齢、日に6000歩以上歩く仕事、几帳面など、2月の寒い時期にひざ裏(ひざ裏は腎経が通るところ)から発症したことなどからエネルギー(気)や栄養分(血)の不足、冷えや腎虚の症状が多く見られるので、腎虚の手当てを主に水分代謝を改善する六味丸類に気や血を補う漢方薬の二種類を服用していただいた。

 上記の処方を3ヶ月服用の結果、この間水が溜まらなくなり痛みからも解放された。歩けなくなる不安感・仕事が出来なくなる不安感・趣味の旅も・・・で落ち込んでいた一年間は本当に辛かったと振り返っていられました。右膝の痛みも快方に向かっている。

 漢方では膝の水は栄養物質ゆえ抜かないほうが良いと考えています。





漢方ホーム薬局のHPはこちら 
by home-k | 2011-06-21 17:06 | 腰膝痛
膝の痛みと漢方 体験談
 ついに来た老化現象!!

 常日頃の養生のお陰か、ご先祖様のいい遺伝子を頂いたのか歯科以外の診療を受けることがない高齢者の筆者ですが、昨晩秋の頃から膝の痛みを自覚。

 漢方薬での治療を試すいいチャンス到来です。それとも漢方研究の成果を試されているのか?。

 痛みは膝の関節から膝上の筋肉の前大腿部にかけてで、椅子から立ち上がるとき重だるく痛み無力感がある。立ち上がる時に何時とはなしに机やテーブルにひじをついて立ったり、両手を膝の上に置いて膝を押すような感じで立ち上がっている自分に気づいた。これは正真正銘の老化病だ!!。

 そう言えばこのところ、金時山でも追い越されることが多くなったり、眼精疲労の度合いが強くなったり、臼歯が割れて欠けたりで老化度はアップするばかりでした。

 このような症状がベースの痛みは、漢方の弁証からすれば「不栄則痛」の症状です。「不栄則痛」の痛みの程度は強くなく、体の生命活動に必要なエネルギー(気)や栄養物質(血)が不足していて、痛みの悲鳴を上げている関節や筋肉を養えない状態なのです。

 この原因の多くは過労による消耗や加齢による内臓機能の低下が気・血・精を十分に造りえないことであり、「肝腎の精血不足」といっています。

 このような時に漢方では、肝腎を補う”うどの根茎”が主成分の 独活寄生湯、 ”クコ”が主成分の杞菊地黄丸などを用いることが多くあります。筆者の場合、左膝の痛みが強かったので血液循環も改善する活血薬も併用し二ヶ月で改善することができ、いつの間にか肘を使って立ち上がることはなくなっていました。
漢方パワーに感謝!!。

 反省
 週一回の早朝金時山登山、夕食後の6000歩のウオーキング、週三回の社交ダンスのレッスン、しかも昨秋から習い始めたラテン種目のジャイブはボール部分(足の指部分)で踊ることが多くBMI 25の体格にはチョットきつかったのかも知れません。家族からは「身の程知らず!」とブーイングの嵐。e0024094_2222496.jpg





漢方ホーム薬局のHPはこちら
by home-k | 2010-03-20 17:54 | 腰膝痛
神経痛の治験例
 移動性の神経痛
 
 42歳 男 BMI 20.8   2009年初夏の頃から痛み(神経痛?)が体のあちこちに移動しモグラたたきの如く出没する。脇下から肩甲骨・鎖骨下部から発症し左腕(三角筋部)、右下肢外側、外側前腕部(三里)、左手小指丘の表裏などなどに痹(しびれ)や強い痛みを伴う。痛みは時に軽く、時に激しく、8ヶ月に及ぶ。痛みのため落ちつかず睡眠も妨げられ、疲れる。ストレスの影響を受けやすい。舌は大きく、白い苔が多い。

 病院でエックス線・MRIなどの検査、ペインクリニック・神経内科を受診したが特に器質的な異常は認められず、鎮痛消炎剤などで治療を続けていた。薬では数時間痛みが軽くなる程度で、痛みから解放される気配がない。痛み止めの長期服用に不安を感じ漢方治療を求めてきた。

 痛みが移動することは漢方では「行痹(こうひ)」といいストレス(風邪ふうじゃ)の影響下で良く見られます。又、舌が大きく白い苔が多いので水分代謝が悪く冷えもある(寒湿の邪)ので風・寒・湿の邪が気や血の流れをブロックして痛みの起きる場所に栄養不足を生じた病態(不通則痛=通じなければ痛む)で痛みが強いのが特徴です。

 漢方の「行痹」に対しての治療は「散風を主とし除寒湿を佐として施す。大抵は補血の品を配合する」と先人は指示していますので、気や血をブロックしている風・寒・湿の邪気を除去し、気血を補うことを治療方針としてみた。

 香附子・陳皮・柴胡・芍薬・厚朴・枳穀・当帰・川芎・白朮・茯苓・半夏・白芷他の生薬を処方し、気のめぐり・冷え・水分代謝の改善、血を補う漢薬などで風寒湿の邪気を取り除き気血の流通を改善することにした。

 先人の教えに従い漢方治療を行い数日にして、痛みは劇的に改善された。
e0024094_17302398.jpg





漢方ホーム薬局のHPはこちら
















 
by home-k | 2010-01-29 17:33 | 腰膝痛
腰膝痛  -脊柱管狭窄症の症例ー
  患者Sさん 75歳 男 170cm 60kg 
 e0024094_1626468.jpg
 慢性的な腰痛、下肢のしびれ・痛み、脱力感、ひどい間欠跛行。最近トボトボ歩きで30m位歩くと立ち止まり、ひと休みしないと歩き続けられない。自宅近くの病院に9ヶ月通院。筋弛緩剤・消炎鎮痛剤・消化剤で治療を続けていた。

 ここ数週間、胃が痛み、食欲がなくなり、元気もなくなってきて体重も減ってきた。朝起きるとき、踏んばれないので一人では起きられず腰も痛む。典型的な脊椎管狭窄症の症状とお見受けする。
既往症:高血圧症 舌は大きく厚い(胖大)、白い苔が奥にある、舌の色は暗く血色が悪い。
家族の方が心配して一緒に来店された。

 中国漢方では、高齢者の腰痛は大部分が「不栄則痛」といい、腰や下肢に必要なエネルギー(気)や栄養物質(血)が不足してその部分を十分養えないので腰部に病変が生じると考えています。

 この患者さんの場合、体力面の落ち込みがひどいので食べ物の栄養物質の吸収改善を最優先し、胃腸に元気を与える六君子湯をメインに、肝に働き筋力をつける独活寄生湯、腎のパワーが不足する高齢者故に腎の働きを高める補腎薬の鹿茸大補湯を服用していただいた。

 15日後食欲はかなり回復したが、下肢の脱力感がイマイチという。そこで気力アップの補中益気湯をメインにしてみた。一ヶ月後、かなり体力面はしっかりしてきたようで顔貌に精気を感じる。朝起きるときも何とか一人で立ち上がれるようになった。諸症状はかなり軽減。継続服用中。

 考察;中国医学(漢方)では「腰は腎の府」といい、基本的に腰の病変は腎との関係が深く腎の手当てなくして腰痛の根本的な改善はできないと考えています。
 体の諸機能が落ちてきた高齢者には消炎鎮痛剤などの継続服用は体の負担が大きく、あまり適しているとは思えません。むしろ内臓機能のレベルアップができ、気や血や精などを補うことのできる漢方療法のほうが体に受け入れ易いのではないかと思います。
 高齢化社会を迎えこのような症状に悩む人を多く見かけます。漢方の知恵も取り入れ、高齢化社会を元気に快適に過ごしたいものです。


  漢方ホーム薬局のHPはこちら

 

 
by home-k | 2009-12-17 17:52 | 腰膝痛