ブログトップ
カテゴリ:冷え症    ( 3 )
冷え性の原因 漢方的見解   ー 病態編ー
冷え性の原因には大きく分けて二つのタイプがあります。

 1.からだを温めるエネルギーの不足(陽気を生み出す力が無い)のタイプ(陽気不足)
 2.からだを温めるエネルギーはあっても滞って廻らないタイプ(陽気阻滞)
があります。


1.陽気不足(エネルギーの不足) 

 先天的虚弱・慢性病・老化などにより、からだを温める力が衰えるために虚寒が発生し冷える病態。     

 症状;腰から下肢が冷えることが多く、元気がなく・疲れやすい・寒がる・暖かい場所を好む・すぐにウトウトして横になりたがる・むくみやすい・下痢しやすい・消化力が弱い・かぜを引きやすい・食欲不振・つばやよだれが多い・舌質は淡白などがみられます。
 
 治法;心・脾・腎を温める生薬で活力を増強し血行を促進して、温補心腎・温補脾腎をします。

2;陽気阻滞(エネルギーが廻らない) 

)寒冷・湿気などで寒湿の邪が外気から侵入したりエネルギーの不足によりからだに冷えとともに水分が停滞してむくみをともなう病態。むくみ体質の人が強い冷え(寒邪)を受けると皮下や筋肉の組織間隙にあふれた状態の水湿がエネルギーのめぐりを悪化させます(寒湿阻滞)。水分は下方に溜まりやすいので下半身の冷えを強く自覚します。

  症状;強い冷え・寒がる・元気がなく疲れやすい・気力がない・体が重だるい・下肢のむくみ・小便不爽・舌質が淡白で大きいなどがみられます。e0024094_2115493.jpg

  治法;からだ(心・脾・腎)を温め活力を増し水分を尿として除く温陽利水・散寒利湿をします。

 
)寒冷刺激(寒邪)で血管が収縮して血行が滞る病態。日頃、顔色に艶がなく血液の栄養状態が悪く血行に問題がある人に発症します。(血虚受寒)

  症状;手足の先や下肢の内側・陰部が冷えたり・生理痛がひどかったり両側下腹部痛・生理の周期が遅れるなどが見られ爪がもろい・筋肉の引きつりなどもあります。

  治法;からだを温め血行をよくする散寒通絡・補血調経をします。


 )精神的なストレスにより手足の末梢が冷える病態。精神的な緊張や不安・心配性など精神情緒が不安定で緊張が強くなると冷えが明らかになるのが特徴で気の流れが滞るとともに血行も悪くなった状態(肝鬱気滞)。

  症状;憂鬱感・緊張感・いらいら・ヒステリックな反応・胸や腹が張って苦しい・ゲップが多い・手足の指先に強いひえを感じるなどがみられます。

  治法;気分転換・気持ちを伸びやかにし、血管の緊張を解き気血の流れを改善する。(疏肝理気)


 )手術・外傷・出産などでの内出血、慢性病や老化などの陽気不足により血流が滞るために(瘀血おけつ)冷えが発生した病態。毛細血管など微小循環系や静脈系のうっ血が生じて血行が悪くなっている状態。

  症状;冷えのぼせや顔色・口唇・歯茎がどす黒い、毛細血管の拡張、生理血に塊が混じる、舌裏静脈の怒張などが見られます。しもやけなどの発症もこの類です。

  治法;うっ血を除いて血行を促進し活血化瘀(かっけつかお)を行います。瘀血に対する治療法は現代医学には無く、漢方理論にしかない優れた治療法です。


冷え性に繁用される漢方薬

 回陽救逆湯,右帰丸、人参湯、扶陽理中湯、真武湯、実脾飲、牛車腎気丸、当帰四逆湯、当帰四逆加呉朱茰生姜湯、温経湯、桂枝人参湯、五積散、亀鹿二仙膠、当帰芍薬散、加味逍遥散、桂枝茯苓丸
、桃核承気湯、血府逐瘀丸、冠元顆粒、婦宝当帰膠・・・・・など

冷えを「水中に座っているようだ」というような表現をされる方がありますように、非常に辛い毎日を過ごされているにもかかわらず、西洋医学では冷えに対処する方法はあまり見当たらず放置されているのが現状です。
 漢方医学では3000年も前から「冷え」が身体に悪影響を及ぼすさまを確実にとらえ、治療法を確立させています。冷え性の悩みは過去の自店での症例からしても、漢方薬に勝るものはないと確信しています。


漢方ホーム薬局のHPはこちら

 
by home-k | 2013-05-18 21:27 | 冷え症    
冷え症対策は漢方治療が優位  症状編
 冷え(陽虚)が原因と思われる様々な症状や疾患を漢方の立場から解説してみたいと思います。

 冷え症とは四季を通じて冷えを感じたり、健康な人では寒いとは感じない気候や環境で冷えを感じたり、寒がりでクーラーを嫌い・いち早く暖房器具にかじりついていたり、冷えることに不快感や苦痛を感じることを言います。

 原因は飲食の不摂生や生まれつき虚弱な体質、慢性病や老化ににより身体に温める力が衰えたことによります。その他ストレスや瘀血(おけつ)によるものもありますので次回に報告いたします。

 こんな症状をともなうのも 冷え症(陽気の不足=陽虚) です。

  1.冷たい飲食物をとると急に腹痛、下痢になる
  2.慢性的に泥状便(溏便)や水様便が多い
  3.よだれが多く時々顎までぬれて皮膚がびらんする
  4.口中に飲み込めないような薄い唾液が湧き出るように溜まる
     (或いは唾液腺が低下したはずの老人がよく口をぬぐう) 
  5.冷えて尿量が多く色が薄く特に夜間に回数が多い
  6.腰から下肢が冷える、力が入らない
  7.手足が強く冷え、下肢内側、陰部、下腹部外側(左右)が冷える
  8.元気がなく疲れやすくウトウトしやすく直ぐ横になりたがる
  9.顔色に艶が無く皮膚のきめが粗い
 10.さむけとのどの痛みが続く
 11.女性では基礎体温が低く月経周期が遅れて妊娠しにくい
 12.月経痛に毎月悩まされる
 13.薄いおりもの(帯下)が多い ・・・・・など
 

このように冷えが原因と思われる症状や疾患が多くありながら西洋医学では冷えに対する認識や温める療法という考え方が乏しいので多くの方々が適切な治療を受けられないまま放置されているのが現状です。

 一方、漢方医学(中医学)では2200年も前に中国で編纂された「傷寒論(しょうかんろん)」という中医学の聖典にも記されているように寒(かん=冷え)に傷(きづ)ついたときの治療法がしっかり指示されているのを見るとき、先人の偉業に大変驚かされるとともにBC.の時代でも冷えの病との戦いであったことがしのばれます。

 治療法は、前回、「しょうが健康法」でも記しましたように、冷え性の改善には生姜を乾燥させた乾姜、附子・桂皮・呉茱ゆなどが中心の生薬で温中散寒法、回陽救逆法、温陽利水法、温経散寒法などの治療法があり、陽気を補うことを中心に多くの処方が病状に応じて用意されています。至れり尽くせりの治療法(扶陽学説)を今に用い快適な人生を送りましょう。

 トリカブトの花 (秋の金時山にて)トリカブトの名は雅楽で使う兜の鳥兜に似ていることから名づけられたということです。 子根を「附子(ぶし)」といいます。
e0024094_17124153.jpg

  乾姜と附子はよくコンビで使われ薬効をお互い引き立たせるので「乾姜は附子なくして熱せず」と古人はいい伝えています。 附子は有毒で薬用に加工されたものでないと危険ですので、専門家以外使用禁止です。

 扶陽学説;様々な原因で冷えて陽気が減少し内蔵機能が低下した状態に、温める働きのある乾姜や附子などの温熱薬を用いて身体の機能を引き上げる療法です。


 
     
 漢方ホーム薬局のHPはこちら
by home-k | 2013-04-13 17:07 | 冷え症    
ショウガ健康法と漢方・扶陽学説
 最近、マスコミでショウガ(生姜)を食べると温まり ”冷え症”を改善すると、「ショウガ健康法」が盛んに取り上げられています。

ウルトラしょうが e0024094_10475890.jpg

生のショウガをすりおろす或いはスライスして料理や飲料として使うとか、また 生のショウガをスライスし蒸して乾燥すると身体を温める力が増すので、このほうが効果的とか。これを「ウルトラしょうが」と名付けたと言うことです。このウルトラしょうがは漢方薬の乾姜と類似しています。

 「しょうが・生姜」は漢方薬の原料としてもよく使われ「生姜は百病を治す」ともいわれ、漢方処方の中にも大変多く見られます。漢方薬では新鮮な ”ひねしょうが”を「生姜(しょうきょう)」といい、これを乾燥させたものを「乾姜(かんきょう)」といい効能が異なるので区別しています。
風邪薬として有名な ”葛根湯”は生姜が配合され、花粉症などの鼻炎に応用されている ”小青竜湯”は乾姜を使えと漢方の古典で指示しています。

葛根湯には ”生姜”・小青竜湯には ”乾姜”を用いる理由 

この用い方の違いは、葛根湯の ”生姜”はジンゲロールを多く含み体表部がゾクゾクするときに用いるように体表部などを温める働きがあるからであり、小青竜湯の ”乾姜”はショウガオールが多く身体の深いところ(肺や胃腸など)を温める働きがあることによります。
 このことを先人は「生姜は走(ゆ)きて守らず、乾姜はよく走きよく守る」と表現しています。(走きてとは作用部位が体表部など浅く広いことであり、守るとは作用部位が内臓など深部に限局して用い効果が持続的なことを意味しています。)


ショウガには ”薬効”があり諸刃の剣にもなる

 このように身近な「しょうが健康法」でも生で適当量食用として用いる分には害は無いと思いますが乾姜と同等な作用のある「ウルトラしょうが」は日に3~5gが適量であり、漫然と長期に用いるのは危険です。温めるものは水分(体液)を乾かす性質があるのでドライマウスなどになる可能性も無きにしも非ずです。


扶陽学説 (火神派)

 漢方・中医学の分野でも「冷え症体質」の改善に新しい学説が数年ほど前から日本にも入ってきました。冷えて内臓が機能低下を引き起こしいる状態に乾姜や附子(ぶし)を用いて温め ”活”を入れようとする治療法です。陽気を補う治法ですので扶陽(ふよう)学説といいます。
アトピーや喘息、花粉症性鼻炎や慢性鼻炎、慢性頭痛や五十肩、腰痛や膝痛・リューマチ、生理痛や様々な婦人病、不妊症など・・・・・・いままでの漢方の考えが及ばなかった様々な疾患に扶陽学説を応用することで治癒率が上積みすることが期待できます。


次回は「冷えが原因と思われる様々な症状や疾患」を列記してみたいと思います。


漢方ホーム薬局のHPはこちら



お詫び;扶陽学説を自分なりにこの三ヶ月間、紐解いていましたのでブログのUPを怠ってしまい申しわけありませんでした。
by home-k | 2013-04-01 22:18 | 冷え症