ブログトップ
<   2005年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧
自分でできる漢方的体質の見分け方 ー自分を知るー 3の3
 前回の血(けつ)の異常の血虚体質は血のもつ栄養と滋潤成分の不足で、
消化吸収の働きが低下したために血の原料不足ともいえます。また、出血
や血液破壊による血の量の不足もあります。
お血(血滞)体質は血の循環不良による組織への供給不足が考えられます。
 

  今回は、(すい)の異常をチェックして見ましょう

    陰虚体質の見分け方         痰湿体質の見分け方
(水の不足タイプ)              (水の過剰タイプ) 

 □ 顔面紅潮しのぼせる       □ 肥満、水太りで体脂肪率が高い
 □ 手のひらや足の裏がほてる    □ からだが重だるい
 □ 喉や口が渇き冷たいものを好む  □ 痰が多い
 □ イライラ、不眠、よく目が覚める □ むくみやすい
 □ 寝汗をよくかく         □ にきび、吹き出物ができやすい
 □ 耳鳴りがする          □ 手のひら、足裏が湿っている
 □ 目が乾きやすい         □ 血中コレステロール、中性脂肪
 □ 更年期症状と共に月経が遅れたり   値が高い
   量が少なくなる         □ めまい、吐気がよくある
 □ 便が硬い、兎糞便        □ 女性ではおりものが多い
 □ 舌の色は紅く表面に割れ目がある □ 舌の表面にベットリとした苔が
   苔は少ない             多い

  痰湿はからだに貯まった非生理的な水のことで肺、消化器、腎の水分代謝
 が低下したためで、「奇病はみな痰に関連する」と言われているように非常
 に厄介なものです。
  陰虚は血虚(血の不足)の程度が進み、からだの生理的な水分が失われた
 状態で栄養不良脱水自律神経の興奮などがみられます。


  3回にわたり6つの体質分類をご紹介いたしました。チェックしてみると
 思い当たる症状があれこれ出てきて複数の体質にまたがるのではないかと思  
 います。人のからだは複雑ですから当然のことです。日ごろご相談をうけて
 いても慢性の場合、6つの体質に何かしら当てはまることなどよくありま
 す。 


  自覚症状があっても芽の段階で早く対応すれば、本当の病気にならなくて
 すみます。体質はいつも変化するので何時もと違う自覚症状に気付いたらそ
 の時々でチェックしてみてください。(未病先防)
 
  体質改善は自覚症状に早く気付いて早く対処すればチェック箇所も少ない
 はずですから簡単に治ります。気付かずに或いは気付いてもそのまま放って
 おくと、その体質は固定化してしまい深みにはまってしまいます。
 

  漢方の栄養学(後日当店ホームページに解説)で日ごろの養生を心がけて
 未病先防をモットーとする漢方などの自然薬をからだに取り入れることで
 気になる体質を改善していきたいものです。

                     
                    体質の見分け方 ー完ー

当店HPのURL http://www.homek.biz
by home-k | 2005-12-26 13:52 | 漢方的体質の見分け方
自分でできる漢方的体質の見分け方 -自分を知るー 3の2
 前回はからだを巡っているエネルギー、「気」の異常をチェックしていた
 だきましたが、「病は気から」「気に病む」「今日は気が乗らない」「気を
 配る」「気が置けない」「気は心」「気力が充実」「気分爽快」など、日常
 生活のなかで「気」という字を何気なく使っています。  
 その時々のからだの気の状態が言葉にも表現されてきます。

  今回は血(けつ)の異常のチェックをしてみましょう

    血虚体質の見分け方        お血体質の見分け方
      (血の不足タイプ)         (血の滞りタイプ)

 □ 顔色が悪くつやが無い      □ 顔や唇の色が暗い
 □ 皮膚がカサカサする       □ しみ、そばかすが多い
 □ 爪がもろく色が悪い       □ 下肢に静脈瘤がめだつ
 □ 目の乾き、かすみ、つかれ目   □ 慢性的な肩こり頭痛がある
 □ めまいやふらつきがある     □ 寝つきや寝起きが悪い
 □ 動悸、不安感がある       □ 足は冷えるのにのぼせる
 □ 不眠、夢が多い         □ 便の回数が多く色が黒い
 □ 月経が遅れ量が少ない      □ 同じ所が刺すように引きつる様
 □ 手足がしびれたり、こむら返りが    に痛む。夜間に悪化。
   よく起きる           □ 月経痛がひどく、レバー状の
 □ 舌は色が淡く小さい         塊が混じる
                   □ 舌の色が紫色っぽく黒いしみの
                     ような斑点がある。舌下静脈が
                     太い(怒張)
 
  次回は水(すい)の異常の見分け方です

 当店HPのURL http://www.homek.biz                    


 
by home-k | 2005-12-23 21:34 | 漢方的体質の見分け方
自分でできる漢方的体質の見分け方 -自分を知るー3の1
漢方(中医学)では、体の中を充実した気(エネルギー)、血(血液)、
水(血液以外の水分)が正常に流れていれば健康。不足したり滞ったりする
と病の原因になると考えています。

  ○ 気の異常には気の不足(気虚)と気の滞り(気滞)があり、主に
    からだの機能面に変化がみられます。
  ○ 血の異常には血の不足(血虚)と血の滞り(お血)があり、主に
    からだの機質面に変化がみられます。
  ○ 水の異常には水の不足(陰虚)と水の滞り(痰湿)があります。
 
 それぞれ1気虚体質 2気滞体質 3血虚体質 4お血体質 5陰虚体質
 6痰湿体質と云っています。

 漢方の診断法は、からだからの異常な合図を詳細に観察して何が不足で
 何が滞っているかを判断していきます。
 「からだの内側に起った異常は必ずからだの外側に現はれる」と漢方の
 古書にあるように、からだの九っの穴(九竅 前前ページ)などにも異常が
 でてきます。
 
 このような、からだからの合図を問診方式で体質別チェック表にまとめて
 みました。自分の体質を知る上で参考になると思います。
 
 体質は1っのタイプだけとは限りません。人により複合タイプもあります。

 3ヶ所以上チェックがあれば要注意でまず食養生の見直しが必要です。
 5ヶ所以上チェックがあれば漢方薬などでの調和が必要な状態です
 
 気の異常をチェックしてみましょう

  気虚体質の見分け方          気滞体質の見分け方
  (気の不足タイプ)             (気の滞りタイプ)
 □ 気力がなく疲れやすい     □ のどにものが詰まったような
 □ 汗をかきやすい          不快感がある
 □ かぜをひき易く治りにくい   □ 憂鬱や不安イライラ怒りやすい
 □ 動悸、息切れが多い      □ 偏頭痛がある
 □ 声に力がない         □ 脇胸部が悶満しすっきりしない
 □ 寒がり            □ お腹が張りゲップ・ガスが多い
 □ 小食でもたれ易い       □ お腹がゴロゴロなる
 □ 頻尿、尿の勢いが弱い     □ 下痢便秘を交互に繰り返す
 □ 腰や膝に力がない       □ 月経痛、周期が一定しない
 □ 舌は色が淡く大きく腫れぼっ  □ 月経前に乳房や腹がはる
   たく縁に歯の跡がある     □ 舌は両端が紅く苔がある


 次回は血(けつ)の異常についてです。

当店HPのURL http://www.homek.biz
by home-k | 2005-12-21 21:23 | 漢方的体質の見分け方
漢方式人間ドック   ~未病を予防する漢方の世界~
  漢方薬は病名ではなくて、病状 症状で薬の処方がきまります。
 患者の訴えを中心に心身を正常化し、調和することが大前提ですから
 病気になる一歩手前、からだの調子がちょっと変だという時点で解消
 する病気の予防薬としても、大変すぐれています。
  「上工は未病を治す」と漢方の古典でいわれるように病気は急に  
 かかるわけでもなく、かかる前に必ずからだの異常があるはずです。 
 この未病のときに治してしまう医者が優れた医者(上工)だと
 いっています。
 
  早くいえば、ガンになったりガン細胞が発見されてからでは遅い 
 わけです。ガンになる前に内臓に異常な自覚症状があったり、痛みが
 あったり、肩がこったり、食欲が落ちたり、吐気があったり、生理の
 異常・出血など何かからだからの合図があるものです。
 全く何の自覚症状もなくてガンにかかるわけではありません。
 それはからだの歪みを自覚しようとしなかっただけです。       
 
  ですから、病名がついた時には病気が進んでおり、からだの機能が 
 こわれてがたがきたということで手遅れ状態なのです。
 病気を発見したときが病気の始まりではありません。
  
  病気は未病のうちに未病理論の確立されている漢方で手当てするこ
 とが最良です。

  漢方式人間ドック    -健康であるためのチェックポイントー
 
 1.快眠   よく眠れますか (寝入りが悪い 眠りが浅い)
 2.快食   食事はいつも美味しいですか
 3.快小便  回数・量が正常で残尿感がありませんか
 4.快大便  便秘・下痢などありませんか
 5.平常心  いらいらや不安感はありませんか
 6.頭寒足熱 頭痛やのぼせ、足腰の冷えはありませんか
 7.皮膚   皮膚が湿ったり、カサカサに乾燥したりしませんか
 8.腹証   腹に動悸を感じたり、しこりがあったりしっませんか
 9.脈証   脈に異常がありませんか  
10.安息   咳、痰、鼻づまり、のどのつかえはありませんか
11.臓腑器官の無意識 内臓の各器官に異常な自覚症状は・・・?
12.男性   精力のおとろえはありませんか
   女性   生理は順調ですか おりもの 流産癖 不妊・・?


 以上のチェックがすみましたら前回(11月26日)のブログの
 九っの穴(九竅)のチェックも重ねることで、からだからの合図
 を発見することができます。

  漢方の世界では、さまざまなからだからの合図、症状に対応する薬が
 4000年に及ぶ中国漢方の医療の積み重ねの中に開発されています。

  煙を見たら、火事にならないように用心、用心


当店HPのURL http://www.homek.biz
by home-k | 2005-12-05 20:55 | 漢方の話題