ブログトップ
<   2006年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧
金時山の花 Vol. 3
 週末になると妙に早起きになってしまう。今朝もトレイニングジムの
金時山に出発。七時山頂着。晴れ。富士山の全容が見渡せる。残雪が点の
ように二っ見える。富士山は今が登山シーズン今日も何千人もの人びとで
大賑わいのことと思います。夜になると人びとの足元を照らす電池の列が
登山道をじゅず繋ぎにジグザグと見えてとてもきれいです。

 今日は久しぶりに金時山の南、仙石原側から登る。矢倉沢峠のウグイス
茶屋付近一帯はウグイスの営巣地でさえずりがうるさい(失礼!)位、賑
やかです。ホーホケキョ ケキョ ケキョ ホーキキョ キキョと鳴いて
いるのでしょうけど漢方屋の私には補補血虚 血虚 血虚 補気虚 気虚
?と聞こえてきます。オーイ漢方屋!しっかり勉強しろ!応援歌でしょう
か?

今日はなんとラッキー!4月26日に金時山登頂3000回を80歳直前に
達成された田島さんに偶然にもお会いすることができました。仙石原にお
住まいとのことで、こちら側から登られしかも午後からが多いようですので
早朝派の私はなかなかお目にかかれませんでした。昨日ここにあった花が
ないと嘆いていられました。80歳の女性とは思えない身軽さでヒョイヒョイ
と登られます。是非早いうちに4000回を達成していただきたいと思います。
お会いできてパワーをいただいた感じです。


 登山道にはヤマユリ シモツケ シモツケソウ ショウマ ウツボグサ
( 漢方名 夏枯草)オオバギボウシなどなど咲き誇っていました。

  
  ウグイスのさえずりとヤマユリの香りをお届けできないのが残念です。

  写真はヤマユリ シモツケソウ ウツボグサです
e0024094_22582445.jpg

 ヤマユリ  ユリ属ゆり科
  薬用部分を漢方名「百合」(びゃくごう)といい肺を潤し咳を止める働きがあり、痰が少なく乾いた咳・痰に血が混じる時などに他薬と配合して百合固金湯を使います。長引く咳によく応用されます。食材にもなり自家製のユリネ入り「がんも」などおいしいですね。
e0024094_22585540.jpg

 ウツボグサ ウツボグサ属しそ科
  薬用部分を漢方名「夏枯草」(かごそう)といい目の充血・腫れ・痛みなどの結膜炎、乳腺腫・甲状腺腫などに他薬と配合して使い処方名に夏枯草散があります。真夏に枯れた花穂をつけるのでその名があります。
e0024094_2259817.jpg

当店HPのURL http://www.homek.biz
by home-k | 2006-07-29 23:00 | 箱根・金時山の花
 お血と微小循環障害 ①  -真夏の養生-
蒸し暑かった梅雨も秒読みで明けるようですが、その後は”蒸し”がと
れて”暑さ”は本番。暑さ=汗の季節。今回は”夏の汗”を考えてみたい
と思います。

 中医学(漢方)では汗は”心(しん)の液”といい、津液(栄養物質を
含んだ体液)の変化したもので汗が多いことは老廃物と共に栄養物質や気
も失うと説いています。

 夏の炎暑では汗と共にからだの水分はどんどん消耗されて、大げさに表
現すれば脱水状態になり、口は渇き、動悸や息切れ、倦怠感などの症状を
経験することになり熱中症(熱にあたる)になりかねません。脱水状態に
なれば細胞内の水分が減少すると同時に血液中の血漿も明らかに減少しま
す。血液を構成する血漿の約90%は水分ですので血漿を川の水に例える
と赤血球、白血球、血小板などの血球は水に浮いている舟のようで川に水
が少なければ舟は浅瀬に乗り上げて動けなくなるように水分不足で血漿が
減少すると浮遊している血球も動けなくなり血管に付着して血栓ができる
ようになります(微小循環障害)。

 夏に最も多い心筋梗塞や脳梗塞などの循環器疾患はこの様にして発症し
ます。

 血漿の水分が少なくなった状態のとき西洋医学では点滴などになります
が中医学では気を補い津液を生じる漢方薬を用います(漢方では血漿や組
織液など栄養のある体液を津液と呼んでいます)。この季節、台湾や上海
の商店の店先には黄耆や朝鮮人参が山積されていて人々の夏対策として上
記の意味で利用され生活に役立てられています(人参オウギスープ)。

 水の補給をすることも大切ですが漢方で言う津液(しんえき)に近いも
のの補給はさらに有益で即効があります。最近では西洋人参なども良く使
われていますがこれはからだの欝熱をとり気や津液を補うのでこの季節に
最高の漢方養生薬だと思います。

 また、夏の食養生としてはこの季節に採れる路地物野菜を十分に摂って
からだに溜まる欝熱を体外に排出したいものです。
スイカ、メロン、キュウリ、ナス、トマト、ニガウリ、オクラ、トウモロ
コシ、枝豆、緑豆、梅干などがおすすめです。


くれぐれも冷や汗などかきませんように。

当店HPのURL http://www.homek.biz

 
by home-k | 2006-07-26 14:39 | お血(おけつ)
金時山の花 Vol.2

 7月15日(土)、50日ぶり今年8回目のハイク。
久しぶりに晴れ間の見える朝、5時20分自宅を出発、7時金時山頂着。
今日は超ベテランと同道でき今まで名前は知っていても実際見たことが
無い花の在りかを教えていただきラッキー。
イワタバコ、ナツノタムラソウ、ツチアケビなどなかなかお目にかかれ
ない。今日は今年最高気温とか、汗を杖に登った甲斐がありました。
キレイナな花は少々危険な所に咲くのですね。9時帰着。開店にセーフ。

イワタバコ  いわたばこ属イワタバコ科 
 葉がタバコの葉に似ているのでその名が在ります。薬用部分を「岩萵苣」(いわじしゃ)といいますが薬としてはほとんど使われません。繁殖力が弱いので大切に見守りたいものです。
 イワタバコがきれいに咲いていました。
e0024094_21335093.jpg



当店HPのURL http://www.homek.biz
by home-k | 2006-07-17 21:36 | 箱根・金時山の花
暑中お見舞い
    暑中お見舞い申し上げます
 
 ニュージーランドの屋根、サザンアルプスの山並みの氷河です。
この氷河の1mは30mの雪が圧縮されてできるそうです。
はじめて見る氷河は雄大で神秘的な色に輝いていました。
e0024094_1655164.jpg

  Mt.Cook ビレッジ  ’06.04.30
by home-k | 2006-07-12 16:06 | 気分転換
紫蘇の効用   ―シソジュースのつくり方ー
シソは漢方薬や和食に多用されている身近な香味野菜です。
アカジソ、アオジソ、チリメンジソなど、シソ特有の爽快な香りのもとは
ペリルアルデヒドという成分で臭覚神経を刺激して胃液の分泌を促し食欲
増進させるほか健胃作用もあります。

 この香りには強い防腐作用があり食中毒の予防に役立ちます。刺身のつ
まや薬味にシソの葉を添えるのはシソの香りが食欲を高めるだけでなくそ
の防腐解毒作用が生魚による中毒を防いでくれることを経験的に知ってい
た先人の知恵なのです。(当ブログ17年9月19日)

 シソの葉には体内でビタミンAに変わるβカロテンの含有量は多く野菜
の中でもトップクラスで有り又、活性酸素の生成を防ぐ抗酸化作用もあり
ガンの予防にも効果的とされています。このほか、カルシウム、VB,V
C、カリウム、鉄分なども多い素晴らしい野菜です。

 漢方では発散解表剤に分類され(前ページ)その辛味は肺・脾・胃を温
めて働きを高める作用がありこの季節のジメジメ湿気を追い出すのに丁度
いい生薬です。「ゆかり」などのふりかけも大いにとりたいものです。
漢方薬としても多くの処方があります。
夏場の風邪薬として人気のある 蕾香正気散(子供のかぜ薬としても特効)、
胃腸の弱い人のかぜ薬に香蘇散、神経疲れののどのつかえに半夏厚朴湯つ
わりにも使われ又、魚蟹の解毒に30~60gを単独で煎じて使います。

 
 夏場の健康ドリンク  シソジュースのつくり方

① 水1リットルによく洗ったアカシソの葉300グラムを入れ15分間
  煮る。葉を取り出ししぼる。
② ①のシソ液が熱いうちにクエン酸15g、砂糖500~600gを加
  え溶かす。赤紫の神秘的な健康ジュースが出来上がります。
 
 好みの濃度に薄めていただきましょう


 シソは今が旬でこの季節にからだの’ツユハライ’としての食べもので
湿度が高くて、汗がまとわりつくこの季節はシソなど発散作用のある食べ
物を沢山とってからだを労わりたいものです。

 我が家の坪畑には今年も沢山のアオジソ(オオバ)が生い茂っています。
いろいろな料理に、特に蛋白質を食べるときなど多めにそえてその効用に
期待し食しています。


  当店HPのURL http://www.homek.biz
by home-k | 2006-07-01 10:50 | 食養生