ブログトップ
<   2007年 04月 ( 3 )   > この月の画像一覧
氾濫する健康情報 ①
 ’07.2.5読売新聞夕刊「夕景時評」に小出重幸さんの筆で心しなければならない記事があり全文を転記します。
   
       

        氾濫する健康情報 

  「納豆を食べてダイエット」。科学データを捏造をしたテレビ番組の社会的責任は極めて重いが、こうした健康情報に振り回される私たちの姿勢にも、一考の余地がないだろうか。
  メディアに医学記事や健康情報が増え始めたのは、1980年代。それまで医学関係者のものだった医療情報が身近なものになったのは歓迎すべきことだが、併せて「これでがんが治る」、「簡単に減量」式の粗雑な情報も氾濫するようになったのは、残念なことだった。
 権威や「科学的」という言葉に弱いとされる日本人の弱みを突き、”科学データ”の旗を振れば、健康不安を抱える多くの読者、視聴者を容易に走らせることができるー今回の納豆騒動は、まさにこのツボにはまってしまった感がある。

  これら粗雑な「健康・治療法」には、安直、手っ取り早い、努力がいらないなど似通った特色があるが、不誠実な情報をどうしたら見分けられるか。一つのヒントが漢方医学の「養生」という言葉にありそうだ。

「私たちは自然のさまざまなバランスによって生かされている。これを自覚することが養生法の原点。漢方医学には「これだけで」とか「これがあれば」という即効手段はないのです」。寺沢捷年千葉大教授(和漢診療学)はこう話す。

 「黄帝内経」(こうていだいけい)、「養生訓」(貝原益軒)など、歴史の淘汰に耐えた医学の古典は、四季に合わせた過ごし方、食事、自在な精神の維持など、コンスタントな生活の工夫こそ健康の根底だと伝える。氾濫する情報に触れるたびに、健康法にはインスタントがないことを、私たちも反すうしなければならないと思う。

  とありました。

 
 日頃、漢方をお奨めしている私にとっても全く同じ意見で共鳴しました。
イチロー選手なみの選球眼は無理としても日常の健康情報には十分注意して専門家に相談の上取り入れたいものです。いま流行のサプリメントにしても同様なことがいえます。


 漢方ホーム薬局のHPはこちら
by home-k | 2007-04-26 15:12 | 氾濫する健康情報
お血と微小循環障害  ⑬  -いぼ痔と漢方ー
 中医学(中国漢方)は五行説の考えが基本になっていて中医学の古書に「春には天の陽気がひろがり始め、地の陽気が萌し始めるときであり人の陽気は肝にある」と言っています。

 春はその陽気に目覚めて気(エネルギー)や血(栄養物質)は肝に集まり肝の働きを充実させる季節ですが日頃、何らかの原因で肝にトラブルを抱えているとエネルギーや血の流れは滞り、肝炎、胆のう炎、子宮の病、眼疾患、自律神経失調症、痔などなど、様々な肝に関連した病が悪化したり、新たに発症したりするようになります。 

 痔と肝は離れた位置にあり関連は無いように思われますが痔静脈は門脈系に属し、肝臓にその血流は注ぐ道筋ですので肝臓部にうつ血があれば、押せ押せで痔静脈に圧がかかり、うつ血が肛門の周囲にも発生することになります。

 痔は肛門部に発生した「お血病の一種」で具体的には痔静脈のうつ血が原因といえ微小循環障害の結果でもあります。

 いろいろな痔の治療の基本方針は血行を改善して体内のうつ血を除きながら肝臓の働きを強化し肝臓部での血流を促すことが大切になります。漢方では「お血」(おけつ)の治療を得意としていますのでOPEなしでかなりの痔の治療が可能です。痛い思いもなしです。
 また、いぼ痔(痔核)など患部が炎症を起こして腫れたり出血する場合は湿熱や血熱が伴っていることもありそれぞれの熱を取り除くことも必要になります。
 
 漢方薬には多くの優れた痔に対応する処方があります。切らずに治すことを念頭に内服では槐角丸、乙字湯、五虎湯、大黄牡丹皮湯、芎帰膠艾湯、桃核承気湯などなど、外用では紫雲膏、太乙膏(たいつこう)中黄膏などあり庤主さんには是非試みていただきたい治療法です。

 06.10.31のブログも参考にしてください。

  漢方ホーム薬局のHPはこちら
by home-k | 2007-04-18 18:15 | お血(おけつ)
金時山の花  Vol 16
 中国の漢方古書に「春の三ヶ月を発陳という。それはすべてのものが発生しつらなる季節である。この期間に、天地間のもろもろのものが生きいきと発生しつらなって繁栄しようと動き始める」とあります。

 10日前までは静かだった金時山は、まさにこの「発陳」でした。自然界は生きいきと動き始め春風胎動、木々は芽吹き花を咲かせ、登山道脇の蛙の住居では早くもアカガエルが産卵をはじめそれぞれの存在を誇らしげに示しています。

 今回(4月1日)は足柄峠口からの山行。キブシやダンコウバイが可憐な黄色の花を、コブシは純白の花をつけ、ヤマ桜もチラホラ咲き始めていました。いよいよ金時山の花の競演の始まりです。まだまだ花の見つけ方が下手ですがベテラン氏に手ほどきを受けながら綺麗な花にめぐり合いたいと思います。

  キブシ キブシ属(きぶし科)
   雌雄異株で雌しべと雄しべの色が異なります。総状花序に多数の黄色花を密生。
   薬用になり若枝や葉を通条樹といい利尿作用があることから別名「ムクミ」ともいう。また果   実を「木附子」(キブシ)といい歯痛やしもやけに使います。繁用はされません。
      
e0024094_17314665.jpg


  コブシ モクレン属(もくれん科)
   花蕾を「辛夷」(しんい)といい中国では同類のハクモクレン、モクレンを辛夷といい鼻炎薬として繁用されています。春の花粉症には必需品です。葛根湯加川弓辛夷、鼻淵丸、蒼耳散など に配合されていて非常に効果が高い漢方薬です。
     
e0024094_1754511.jpg
 

 地元の小田原城址公園も桜が満開となり多くの人で賑わっています。
     
e0024094_17575297.jpg
       


 
by home-k | 2007-04-03 18:00 | 箱根・金時山の花