ブログトップ
<   2007年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧
お血と微小循環障害 Vol.19  -しもやけ・治験例ー
 しもやけ(凍瘡)は寒い冬の皮膚疾患で、一般に寒冷にさらされたために血行障害を起こしたものと説明されています。しかし実際は真冬には少なく、意外にも晩秋や早春に多く発症しています。このことは、この季節の湿気が寒冷と重なり凍瘡を引き起こすことを意味しています。

 寒冷(寒邪)は体の組織を収縮させ、湿気(湿邪)は気や血のめぐりを妨げ滞らせる性質があるので相乗して局部の静脈に循環障害のうっ血を引き起こします。漢方での凍瘡は「寒・湿の邪による瘀血(おけつ)」に分類され、本格的な微小循環障害の発生です。

 瘀血(おけつ)の考えは漢方にしかなく、その理論は確立されていて臨床面でも高く評価され応用されています。凍瘡もこの理論なくして改善は不可能です。ただシモヤケの原因は寒冷と湿邪ですからその手当ても必要になります。西洋医学ではビタミン剤位しかなく効果は期待できません。

  治験例  45歳  OL   160cm  57kg      2001.11初診

 28歳ころから手の甲~全指に多形滲出性紅班型の凍瘡発症。秋風を感じる9月中頃にムズムズし始め毎年赤紫色にうっ血・水泡・びらんし甲の一部はジクジクして潰瘍化も見られる。
病院の治療も辛抱強く受けたが改善は見られず、ここ数年あきらめて何もしていない。

 問診から気の滞り(イライラ・憂鬱・不安感・偏頭痛・不眠・仕事のストレス多いなど)、瘀血(生理痛・生理血に塊多い・不妊症・患部赤紫色・舌暗紅色など)、痰湿(肥満・患部腫れ・水泡・舌苔白・歯痕など)等の体質と判断し、気や血のめぐりを改善する理気薬・活血化瘀薬(かっけつけおやく)、水(湿気)滞にたいし袪湿散寒薬を服用していただいた。

1年目:潰瘍が治癒、患部はかなり縮小。理気活血薬はシーズン外も継続。
2年目:発症が11月に。患部はさらに縮小、水泡、びらんなし。
3年目:治癒かと思ったが11月中ごろ発症、さらに縮小し素手でいられるのが不思議の由。
4年目:お正月をきれいな手で迎える。完治。
この方の場合、1年目で最も気になる潰瘍が治ったことで、漢方の効果を信頼していただき指示どうりシーズン外でも継続服用したことが完治になったのではないかと思います。

生活環境の変化から凍瘡は少なくなっていますが、治らないと諦めている人は漢方の門をたたいてください。お血の理論に期待してください。


 漢方ホーム薬局のHPはこちら

  

 
by home-k | 2007-11-30 15:44 | お血(おけつ)
大徳川展  -東京国立博物館ー
 2007年11月25日(日)午後から漢方の研究会があるので上京のついでに大徳川展を観に平成館に立ち寄ってきました。開館10分前というのに30分待ちという混雑振りで人気度が計り知れます。研究会の都合もあり数百点に及ぶ展示品をすべて見るというわけにも行かず、音声ガイドをお借りしてメインのものを見学することにしました。

 戦国乱世に終止符をうち、264年におよぶ天下泰平の世の礎を築いた徳川家康の生活ぶりや考えが随所に見られ感動しました。私の20代の頃、20数冊にも及ぶ山岡荘八氏の超大作「徳川家康」を兄弟でむさぼり読んだことなど思い浮かべつつ見学、なかでも仕事柄くぎ付けにさせられた一品がありました。

 重要文化財の「びいどろ薬壷」です。家康は漢方の研究家としても知られていますが、自身で調合したという「烏犀円(うさいえん)」の薬が愛用のガラス瓶に残っているのです。烏犀円の処方内容は58種の生薬からできているということですが、メモりたくても人の波に押され留まることができません。人の波に入り直すこと10回でほぼ書き写すことができましたが、日頃私達が処方に取り入れているものばかりで、麝香・牛黄・犀角・羚羊角・沈香・虎骨・天竺黄・天南星・天麻・何首烏・当帰・川芎・白朮・茯苓・人参・恙活・独活・石斛・白附子・細辛・乾姜・肉桂・麻黄・陳皮・桑螵・縮砂仁・阿膠・百花蛇・烏蛇・半夏・・・・・・・など、当時こんなに沢山の生薬をどのようにして手に入れていたのか、思いはめぐります。

 この処方は宋代(1080年前後)の「和剤局方」に収載されている強精剤のようですが、子孫繁栄を願っていた家康にとって大切な薬であったことが窺われます。朝鮮版の原本が展示されていたことも驚きです。久能山にまた見に行きたいと思います。

 家康は専門家顔負けの漢方研究家でしたので、人生50年といわれた時代に75歳まで健康に生きたということは、健康管理は漢方で!そして食事には独自の信念があったようで美食をせず玄米菜食で粗食を心がけていたということです。自分を律して健康に長生きできたからこそ天下とりも成し遂げることが出来たのではないでしょうか。

家康の軍師・指南役の天海僧正は:「気は長く、勤めはかたく、色うすく、口食ほそうして、心広かれ」と言っています。

 健康は宝、この教えは今でも十分通用し、心しなければならないのではないでしょうか。
今日はいい日になりました。昼食抜きで漢方研究会場へ急ぐ。

 漢方ホーム薬局のHPはこちら
by home-k | 2007-11-28 14:11 | 漢方の話題
金時山の花  Vol.  29
 2007年11月18日(日) 晴れ 今日は温暖なこの湘南地方にも木枯らし一号が吹き荒れ、冬の訪れを実感させられました。こんな中、箱根・金時山に紅葉見物がてらトレーニングに行ってきました。”木枯らし”とはよく言ったもので、この風で木々の葉っぱ吹き飛ばされ枯れ木のように見えます。とても見通しがよくなりました。足柄峠口からでしたが、落ち葉のジュウタンの登山道はフカフカしてとても気分のいいものです。

 今日は登山者がとても多く、交互通行になったりでマイペースでは歩けず大変時間がかかりました。山頂は盛りこぼれんばかりの人人、皆さん思い思いのポーズで富士山をバックに記念撮影、達成感を胸に秘めいい笑顔が満開です。下界を見渡せば仙石原の国道は紅葉狩りの車で大渋滞、御殿場のアウトレットも車と人で大混雑、矢倉ヶ岳方面を望めば残りの紅葉が針葉樹に映えて錦絵のようです。お出かけには本当にいい季節です。

 ウラハグサ(うらはぐさ属イネ科)の花と紅葉
  
e0024094_17161224.jpg

  
e0024094_17172465.jpg

足柄峠口の登山道には、このウラハグサが沢山自生していて黄金色に色ずくこの季節はとてもきれいです。葉が裏表逆になつているので、この名があります。風知草ともいいます。花は9月2日のもの。

 漢方ホーム薬局のHPはこちら



  

   
  
   
   
  
   
   

 
by home-k | 2007-11-19 17:13 | 箱根・金時山の花