ブログトップ
<   2008年 04月 ( 2 )   > この月の画像一覧
お血と微小循環障害 Vol.24 -打撲・捻挫ー
 階段を踏みはずしたり、カナズチで指先を打ったり、運動中に捻挫したり、交通事故によるムチ打ち症など・・・・日常生活の不注意から打撲や捻挫をよく経験させられます。

 血まめ(血腫)や青あざ(内出血)とともに強い痛みを伴います。この症状は漢方でいう瘀血(おけつ=血の滞り)でその三大症状の"痛み・しこり・黒ずみ”そのものです。(詳細は当HPの漢方の話題参考) これこそ目に見える瘀血の実態といえます。

 この症状は組織がその打圧に耐え切れず、血液が毛細血管から漏れ出し内出血(漢方では”離経の血”という)を引き起こしたものです。また、その内出血が気血のとうり道(経絡)をふさいでしまった結果痛みが生じたものと漢方では考えています。(不通則痛)

 こんな時、漢方では脈管外に漏れた血や組織液を漢方独自の治療法:活血化瘀により取り除き、気血のめぐりを回復させ三大不快症状を改善させます。

 瘀血の改善薬として桃仁・紅花・牡丹皮・大黄などが処方の中心に繁用され、いずれも血管拡張・血行改善・内出血の分解吸収などの働きがあります。
繁用処方に通導散、治打撲一方、復元活血湯、桂枝茯苓丸、正骨紫金丹などありますがこれらの使い分けは専門知識が必要でその上、止血にも対処することも大切になります。

 このように打ち身(打撲)や捻挫などに思いのほか漢方治療が適しています。しかも瘀血を取り除く治療法を応用した場合、治癒後によく経験する陽気病みを残しません。また、古傷の痛みが天気予報より当たる人など陽気病み後遺症に対しても優れた改善効果があります。



漢方ホーム薬局のHPはこちら



My  off time
e0024094_10201360.jpg

 swiss首府ベルンのメイン街 永世中立国といえども各店前にはシェルターがあります。(右側の蓋がしてあるところ)備えあれば・・・。店に改造されているところもありました。
e0024094_102181.jpg

 swiss ベルンの美しい街角
by home-k | 2008-04-19 18:21 | お血(おけつ)
金時山の花  Vol.  34
 2008年4月5日(土) 快晴 金時山の春を探しに。
早くも4月、”小寒、大寒、立春、雨水、啓蟄、春分”と六節季が過ぎ去り一昨日は”清明”の日でした。清明は桜花爛漫、天地万物清新の気が満ち溢れるときとのことです。

 ここ金時山もようやく冬を脱し、若々しい新芽が膨らみ始めています。足元の登山道も雪や氷から解放されて深呼吸しているのでしょう・・、ふかふかで春を感じます。

 登りでは花を見つけられず今日は空振りかと思いつつ下山の途につく。100mくらい下ったところで目の前に探していたマンサクの花が「見忘れるな」とばかりに突き出ているのです。このあたりの登りは急峻で喘ぎながら登るので上を見る余裕もなく見逃していたのです。春先の定番の花にめぐり会えてうれしい。気どらず可憐なこの花を見逃すと忘れ物をした感じになります。

 マンサクの花  マンサク属 まんさく科  民間薬として葉を下痢止め、扁桃腺炎に。
   
e0024094_934565.jpg

下山途中で「金時山の花たち」の編集者 高田和彦さんに偶然お会いしたので先週UPのダンコウバイの確認をしていただきました。ダンコウバイ、アブラチャン、クロモジは同じクスノキ科でよく似ていて図鑑では見分けがつきにくいのです。三者の見分けをしっかり教えていただきました。いつもながら気さくに教えてくださる高田さんの博識に脱帽、感謝です。

 アブラチャン クロモジ属くすのき科
   
e0024094_9484773.jpg


  ♪♪・・きょうもお山は日本晴れ おいらワンゲル心もかるく・・・・・♪♪
 学生時代に山仲間とよく唄ったメロデーを口ずさみつつ下山。今日もいいスタートがきれました。    9時開店。



   漢方ホーム薬局のHPはこちら





    
by home-k | 2008-04-06 09:59 | 箱根・金時山の花