ブログトップ
<   2008年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧
金時山の花  Vol.40
 2008.06.25(水)。 梅雨どきの晴れ日、仕事前のひと時を夏の花たちに会いに金時山へ。
富士山が久しぶりにいい姿を見せてくれています。7月1日に山開きですが残雪が多い(写真)様に思います。高さも一番、登山者数も一番、今年も多くの人が日本一の富士山に挑戦し、いい思い出づくりをされることでしょう。
e0024094_14363095.jpg

今朝出会えた花たち
  バライチゴ(キイチゴ属ばら科)
e0024094_1437569.jpg

  ヤマオダマキ(オダマキ属きんぽうげ科)
e0024094_14383985.jpg

  シモツケ(シモツケ属ばら科)
e0024094_1442672.jpg


今年はヤマボウシの純白の花が多くみられます。秋には赤く甘い実が楽しみです。ひと月まえにキレイナ花を見せてけれていたモミジイチゴが早くも黄色の実を沢山つけていました。甘く美味しい山の幸を沢山頂くことができました。早起きは三文の得でした。



漢方ホーム薬局のHPはこちら



           
by home-k | 2008-06-27 14:40 | 箱根・金時山の花
お血と微小循環障害Vol.27 -ニキビ痕の改善例ー
      当店での改善例(2006年)

  35歳主婦。Tゾーンの青春ニキビが治った19歳頃、頬から口周り(内側のUゾーン)に紅みの強い大粒のニキビが多発、これが瘢痕になっている。現在は顎から耳前(外側のUゾーン)にかけて紅黒色のニキビが多発し化膿もみられ色素沈着も明らか。生理痛はひどく一日は寝る、血塊多い、便秘、胸が張る、イライラ、舌にはアズキ色の斑点があり舌色は紫紅色で血熱気滞瘀血の存在は明らか。

HPを見て来店。スグ治して!と。血熱気滞瘀血の改善点が多くあるので食習慣や運動などの生活習慣を正すことからお話しする。炎症や化膿がひどいので黄連・黄芩・連翹・五行草などの清熱解毒薬、桃仁・紅花・牡丹皮・大黄などの瘀血をのぞく活血化瘀薬などの配合された漢方薬を服用継続。6ヶ月で新生物は出なくなる。瘢痕の治療に取り組む。気・血をめぐらせ瘀血を改善する血府逐瘀湯・桃核承気湯・水蛭製剤などを併用し瘀血の改善に努める。12ヶ月目頃には頬の旧い瘢痕が滑らかになってきて色素沈着も薄くなってきた。お化粧も薄仕上げで来店されるようになった。

 この方は今まで治療に大変苦労されていたようで食べ物や運動などの生活習慣の改善に真剣に取り組んでくれました。漢方養生法を実践してみて、今までの生活習慣の間違いを体感できたようです。

 漢方には現代医学にはない独自の優れた治療法があることを、多くの悩める人にお伝えしなくてはならないと認識を新たにしました。



  漢方ホーム薬局のHPはこちら






My off time
e0024094_156487.jpg

シドニーオリンピックのとき高橋尚子選手の快走が目に浮かびます
by home-k | 2008-06-22 15:10 | お血(おけつ)
お血と微小循環障害 Vol.26 -ニキビあと(難治性)ー
 顔の T ゾーンの青春ニキビは治りやすいので瘢痕になりませんが、20歳前後に発症し Uゾーンにできる大人のニキビは一般に難治性といわれています。それ故、皮膚科の治療を諦めている人が多いように思います。しかし漢方の理論には治療法が確立されていてさほど難しいことではありません。

 アクネ菌による炎症・雑菌による化膿を長期に繰り返した結果、肌細胞を深くきずつけて紅黒色の色素沈着のあるクレータ様の瘢痕を残すことになります。

 中医学(漢方)では ”皮膚は内臓の鏡” と表現していて、内臓機能の異常が皮膚表面に現れていると診ています。

 特に若い女性の U ゾーンの紅黒いニキビや瘢痕は子宮・卵巣・大腸などの骨盤内臓器の不調和に起因するものが多く生理の痛み・血塊・不順・帯下や便秘など瘀血(おけつ=古血の滞り)の代表的な症状が見られます。

 この治りにくいニキビや瘢痕は漢方では微小循環障害・瘀血そのものであり患部に汚れた血や気の滞りがありその上、滞が熱を生み、新鮮な気や血の補給が十分にできなくなり、肌細胞の生まれ変わり(ターンオーバー)が正常に機能しなくなっている状態といえます。

 漢方独自の治療法である血熱を涼し気滞瘀血を除くことで(活血化瘀=かつけつけお)、お肌のターンオーバーを活発にし組織の修復を計ります。難治性の瘢痕も古血を除き新血をそそぐことが出来る漢方薬は素晴らしい治療法なのです。

 血熱とは

  血(けつ)の病的状態の一つで、ほてりや発熱などの熱を思わせる症状のほかに紅みのある発疹(吹き出物など)、紫斑、出血など「血」の症状をいう。

 血熱瘀血(けつねつおけつ)にならない生活習慣

  ○ ストレスをためないように自分に合った気分転換をみつける
  ○ 肌のターンオーバーの時間(Am 0時前後)には就寝し体を休める
  ○ 甘味、油物、激辛、濃い味を避ける カロリー過多に注意
  ○ 夏野菜のトマト、キュウリ、スイカ、ゴウヤ、緑野菜を多く摂る
  ○ 便秘をしないようにゴボウ、レンコン、バナナなど繊維の多いものを多く摂る
  ○ ウオーキングなどの有酸素運動は気血の滞りを改善する
  ○ 汗のかきすぎは血を濃くし血熱の要因になる

 ストレスは主要な原因で鬱熱(血熱気滞瘀血)にスグ変換しますので要注意です。

次回に、ニキビの瘢痕の治験例をUPします。



   漢方ホーム薬局のHPはこちら




My off time

e0024094_15494794.jpg

オーストラリア ブルーマウンテンズ国立公園 この地のユーカリの木から発散する精油が揮発しそれに太陽光が反射して一帯がブルーに見えとても神秘的です

 




 
by home-k | 2008-06-21 17:58 | お血(おけつ)
金時山の花  Vol.39 ―椿魚さんとの出会いー
 今朝も早起きで開店前のひと時、金時山へ花探しに。夏花への移行期なのか草花は少なく、新緑の葉を乗せた木々の花が目立ちます。ミズキ、ヤマボウシ、ウツギ、ツツジなどなど・・。

e0024094_1731404.jpg
ヒメシャガが奇麗に咲いています!!

 数年前に金沢市を旅したときに茶店で”椿魚”さんという方にお目にかかり「自然はすばらしい」とお互い意気投合して長話をしたことを思い出しました。その時プレゼントしてくれた詩集?
”椿魚のひとりごと”に素晴らしい一文がありますのでご紹介いたします。

 よいしれることって すてきなことですねよね。

 花に酔う、鳥に酔う、それぞれの自然に酔う

 そして愛に酔えるなんて、人間に与えられた神仏からの感せいの、

 贈りものなのかもしれませんよね。

 様々な花の香り ものの香りの中で

 人間五感のひとつが こころの安ら気であり

 ゆとりすら大いに感じえているのかも知れませんよね。

 でも作られた香りなんて ほんのひとときの安ら気

 自然の放つ、豊かな香りは ずっと、ずっと、こころの想い出となって語り

 つがれ又、愛した香りほど大事に生涯持ち続けていくんですよね。




             
                     漢方ホーム薬局のHPはこちら
 




            
by home-k | 2008-06-07 18:19 | 箱根・金時山の花