ブログトップ
<   2009年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧
オーストラリアの旅 No. 1.エアーズロックに登る
 エアーズロック(ウルル)はユネスコの世界遺産にも登録されオーストラリア観光の目玉でもあります。オーストラリア大陸のほぼ中央に位置し標高は348m、赤茶色で不毛の一枚岩の山です。

 およそ6億年以前に海底に堆積した砂岩層が隆起し、長い年月をかけて雨や風にさらされて硬い岩山の部分だけが残ったものと考えられています。その地下にはさらに6000mにも及ぶ岩層が潜み地上に出ているのはほんの一部ともいわれています。

 山頂目指してイザ出発!!
e0024094_11292895.jpg

 急な登りにはチェーンついていますが女性には太すぎてつかみにくい!斜度30度以上?
e0024094_11314810.jpg

 なだらかに見えたけど凸凹なアップダウンの道が続く。白い破線に沿って歩く。
e0024094_11332193.jpg

 山頂には方位版があり360度の眺望、遠くにカタ・ジュタの山並みと地平線
e0024094_11353734.jpg

 下りはチェーンを頼りにバックで降りる人も、これが一番安全と現地ガイドさん。
e0024094_11362880.jpg

グループに山に不慣れの方がいたため約二時間の山登りでした。(平均90分)

 この地をウルルとよぶAyers Rockは先住民族・アポリジニの聖地として崇められています。最近のニュースによれば2011年10月ころから登山禁止になるとのことです。それでなくてもこの山は気象条件でcloseすることが多く当日も諦めていましたが幸運にもPm2時過ぎにOpenとなり登ることが出来ました。日本からのガイドさんが数回目でようやく登れたと涙していたのが印象的でした。
 自称、自然派の私にとってウルルは必訪の地でした。運よく登山もでき、地球のデべソともいわれる山頂から広いヒロ~イ大地を360度ぐるぐるグルグル何度も見渡し心に焼きつけてきました。




漢方ホーム薬局のHPはこちら



  
   
by home-k | 2009-07-30 15:37 | オーストラリアの旅
夏の食養生  -にがうりの効用ー
 苦瓜は沖縄ではゴーヤーとよばれ、豚肉・豆腐と一緒に炒めるゴーヤーチャンプルが夏のスタミナ料理として多くの家庭で食卓に上がっていることと思います。

  ”苦”は夏の味

 昔から沖縄では「苦瓜を食べれば夏負けしない」といわれていて、その秘密は苦瓜の名が示すように ”苦味” にあります。苦味の成分は果皮に含まれるモモルデシンという物質ですが、この苦味が実は夏の食養生に欠かせないのです。

 中国漢方では、苦味は「心」を養い”泄・燥・堅”に働くとされ一般的に利尿・消炎・解毒・鎮静・解熱の作用があるとされていて、暑さによる心・脳血管などの循環器系のうつ熱を涼し、高ぶった精神状態を鎮めます。

 苦味は夏と冬では味覚が異なることをご存知ですか?。同じ苦味のものでも夏はその味が弱く感じ、冬は苦味をより強く感じます。漢方薬の苦い薬に黄連解毒湯や竜胆瀉肝湯などがありますが私自身しばしばそのことを感じます。夏場は体に熱がこもるのでその熱を冷ますために苦味を受け入れやすくなっているのです。体のバランス感覚に驚きを感じます。

 旬のものを食べるということは体にも無理がなく寧ろ必要としているのです。夏の季節は苦味の強いゴーヤーでも苦にならないのです。最近苦味の少ない品種が販売されていますが無意味な品種改良は残念です。

 また、苦瓜には加熱に強いビタミンCを多く含有していますので、暑さと紫外線で活性酸素が増えた体にはビタミンCの抗酸化作用も期待できます。

 我が家はゴーヤー酢イーツ
 e0024094_1533021.jpg
 
e0024094_15332873.jpg

 今年は苦味の強い三株のゴーヤーを植え付けたところ、3mにも成長し先日初収穫でき早速、酢のもので
夏の味覚をいただきました。我が家では、ここ数年キュウリの酢のものよりもゴーヤーの酢のものにはまっています。苦味と酸味のミックスは胃袋も喜んでいるようで食欲も増進します。
 中国漢方では酸味は「収斂・固渋」の働きがあるとされていますので、汗止めや整腸殺菌の効用を期待できます。

ゴーヤーの酢のものレシピ
  苦瓜を縦二つ割りにして種を除き一ミリ位の薄さで半月に切り刻む。適量の塩をまぶし、しんなりしてきたら軽く手で揉み塩気を水洗いしギュッと水気をしぼる。酢と味醂で調味し胡麻をふりかけ出来上がり。
トッピングは わかめ・くらげ・じゃこ・つな・ミョウガなどお好みで。

 夏バテ防止はSweetよりゴーヤー酢イーツです。オタメシヲ!!

 
  漢方ホーム薬局のHPはこちら
 
by home-k | 2009-07-25 15:08 | 食養生
箱根・金時山の花 Vol.54 
’09.07.05(日)”山滴る”金時山へ。
 青葉が茂り、その青さが水も滴るように美しい、そんな夏の山を形容して”山滴る(やましたたる)”といっています。
そのような緑の中、つい3週間前に清楚な白い花を咲かせていた ”サルナシ” が、さくらんぼ程の実をつけていました。

 サルナシ  またたび属 マタタビ科
e0024094_11471816.jpg
e0024094_11475476.jpg
e0024094_11483079.jpg

 サルナシは猿の大好物で我を忘れて食べることからその名があるとのことです。この近種のシナサルナシを改良してニュージランド名産のキウィフルーツが誕生したということです。キウィの語源は長いくちばしを持つ夜行性の飛べない鳥キーウィ(kiwi ニュージランドの国鳥)のタマゴに似ている事からその名があります。

秋にはキウィに似た味のおいしい山の幸をご馳走になれるかも。予約します。




  漢方ホーム薬局のHPはこちら
by home-k | 2009-07-09 12:28 | 箱根・金時山の花