ブログトップ
<   2009年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧
オーストラリアの旅 No 2. エアーズロック観光
 エアーズロック(ウルル)観光は登山のほかに、日の入り・日の出の時の岩肌の色の変化を眺めることがあります。この美しさは文字で表現できない位美しいです。時により天候により刻々と色が変化していき多分一日眺めていても飽きないのではないかと思います。
 登山の後、日の入り夕景色のビューポイントに移動し、用意されているスパークリングワインやソフトドリンクと美味しいおつまみでサンセットを待ちます。乾燥地ですのでドリンクののど越しの美味かったこと!。

 サンセット・ポイントで日の入りを待つ。
e0024094_1641178.jpg

 サンセットは天候の具合に左右されるとのことで、夕日を受けたエアーズロックの岩肌が赤茶色から深いオレンジに変化するということですが、天は味方してくれず雲にさえぎられ残念な色になってしまいました。でも紫色のウルフもいい。
e0024094_16492298.jpg

 明けて翌朝はサンライズ見学、地平線から昇る陽光を受けた岩肌は蛍光オレンジのように輝きます。これはバッチリで歓声があちこちから聞こえます。刻々と変わるウルルの岩肌を眺めつつ、おにぎりを片手に味噌汁で乾杯!!。
e0024094_16595564.jpg
e0024094_171356.jpg
 
 エアーズロック・リゾート内にあるホテルから夜半に眺めた夜空には南十字星が頭上に輝き、地平線から地平線、邪魔になる人工の光もなく真っ暗の中で満天の星に埋め尽くされた360度に広がる星空の光景は他では見られない位美しいです。

 オーストラリアの大自然に感謝!天に感謝です。



  漢方ホーム薬局のHPはこちら


    
by home-k | 2009-11-30 17:53 | オーストラリアの旅
婦人疾患と漢方  ー習慣性流産と漢方安胎法ー
 赤ちゃんが欲しくてもなかなか授からない人もいれば、せっかく授かったのに途中で流産してしまう人もいます。三回以上流産を繰り返す習慣性流産のことを中国漢方では滑胎といいます。

 流産を予防し胎児を守る方法は保胎または安胎法といい、中国では泰山磐石散(たいざんばんじゃくさん)という処方がよく使われています。その雄大な薬名からも頼もしい処方です。

 中国漢方では生殖の源は ”腎”にあるとしていて漢方のバイブルには「腎は精を蔵し、成長、発育、生殖を主る」と明記されていて、生殖に関するトラブルは腎との関連でとらえています。それ故、滑胎を予防するには腎の機能面の強化(補腎)が大切な要素と考えています。

 腎機能の異常は「妊娠する力」「産む力」も低下していることですので運よく受精しても或いは高度生殖医療などで受精卵だけを与えても体はうまく命を育むことができないのは当然のことです。

 中国医学での腎の機能は「精を蔵す」ことが最大の仕事ですが機能不足からその精が不足することは人体の成長・発育に必需な精微物質の基礎が不足することですから補腎薬の服用が欠かせなくなってきます。

e0024094_174918100.jpg 漢方では胎児をしっかりと子宮の中で安定・成長させるのは ”気”の作用と考えています。流産の前によくみられる下腹部の痛みや下墜感は気の不足によるものです。気を補う人参・黄耆が必要です。

 胎児の生育には母体からの栄養・酸素の供給が不可欠で母体の "血(けつ)”の不足は胎児の栄養不足を起こし流産の原因となります。貧血気味の人は当帰・芍薬・熟地黄などで血を補うことが大切です。これらの内容を詰め合わせたのが泰山磐石散です。漢方のバイブルに「気血虚損すれば胎を養うこと能わず、しばしば堕つる所以なり」とのべています。

 流産を繰り返すことは体に大きな負担がかかり回数を重ねるほどに次の妊娠も流産になる確率が高くなりやがて重度な不育症へと移行していきます。それを避けるために、しばらく避妊して体を休ませることが大切です。健全な母体で、健康な赤ちゃんを産むために中国漢方の理論を駆使して「健全な出産のできるからだづくり」を目指したいものです。



漢方ホーム薬局のHPはこちら
  
by home-k | 2009-11-19 11:56 | 婦人科疾患と漢方
箱根金時山の花 Vol.57 ー夜露ー  
 立冬が過ぎ冬隣ともいう季節になりましたが自然界は秋たけなわです。秋というと空気の乾燥と澄み渡った空のイメージがありますが、早朝の空気は重く夜露で車のガラスはビショビショで金時山への出発には露のふき取りで時間がかかり大変です。’09.11.08

 露は四季を通じて見られますが秋は特に多く秋の季語にもなつていることが不思議です。昼夜の温度差が大きくなり,晴れた日の夜間に気温が下がり空気中の水蒸気が凝結して水滴となったものが露ということです。

 箱根仙石原湿原もその名のとうり湿度が高いので朝霧が重く立ちこめ、湿原は勿論のこと大きな建物も覆い隠し雲海様にみえとても美しいです。紅葉も見事です。

 早朝の金時山から仙石原・芦ノ湖方面を望む
e0024094_17162350.jpg

 早春から登山者を楽しませてくれた金時山の花たちも店じまいで殆んど見られませんが、しんがり残り花のリンドウが咲いていました。リンドウの花はなかなか開花せず蕾のままに枯れてしまうのが多い中最後の力を振りしぼったのか開花したものを見つけることができました。リンドウの根は漢方薬で「竜胆」といい非常に繁用されています。リンドウが配合されている竜胆瀉肝湯は膀胱炎や前立腺肥大などで尿の出が悪い時に効果があり頼りになる漢方薬の一つです。
e0024094_17171477.jpg


  ♪ 秋の夕日に照る山紅葉
     濃いも薄いも数ある中に
       松をいろどる楓や蔦は
        山のふもとの裾模様 ♪ 
     -紅葉ー



漢方ホーム薬局のHPはこちら

 
by home-k | 2009-11-14 17:49 | 箱根・金時山の花