ブログトップ
<   2010年 05月 ( 2 )   > この月の画像一覧
ドライシンドローム研究会  漢方とドライマウス ⑥
 昨日(2010.05.30(日))は東京・銀座でドライシンドローム(乾燥症候群)の研究会があり、参加してきました。

 最近、秋や冬の乾燥期でもないのに、保湿クリームが手離せないドライスキン、口の中が乾燥するドライマウス、目薬が手離せないドライアイ、女性の更年期以降に多い膣の乾き痛みのドライバジャイナなどドライ症状を訴える方が多くなっています。

 原因は当ブログ(下記参考)にも記しましたが①ストレス ②間違った食生活(カロリーや激辛の過多) ③加齢による臓器機能の低下 ④エアコンの過用 ⑤新薬の副作用(抗うつ薬・向精神薬・抗アレルギー薬・降圧薬・抗パーキンソン薬など) ⑥糖尿病などの慢性疾患など・・・です。

 特にストレスの関与が多く見られるドライマウスは、歯科を受診される方が多いと思いますが、これという対処法がなく大変困っている状態のようです。

 先日(5月9日・日曜日)、読売新聞にドライマウスに悩む方の記事がでていました。記事には「主婦Aさんは、約2年前歯科通院をきっかけに歯の痛みや舌のしびれに悩まされるようになった。親の介護による心労も重なり痛み止めや抗うつ薬など大量の薬を服用、副作用で口が渇き、食事や会話もおぼつかなくなった。多くの病院や歯科を受診したが治らない」。
・・・この方はその後、漢方薬で改善されたとありました。当薬局でも著好例があります。

 今回の研究会での演者発表によれば、130の症例中原因はストレスが一番多く、次が季節柄、次いで加齢によるとのことでした。

 ドライシンドロームを中国医学(漢方)で考えると、結果的には体の潤い物質の不足(陰虚体質)ですが、それ以前にストレス(気滞体質=気の流れが悪い)や水の流れが悪い(痰湿体質)ことが引き金になることもありますので、その弁証をすることで治療効果を上げることが大いに期待できます。治療の確立されている中国医学による漢方薬を是非お試しください。

参考ブログ;当ブログ・ドライマウス
 2007.1.31 ①咀嚼が足りない
 2007.2.09 ②咀嚼と唾液その効用
 2007.2.23 ③ドライマウスと漢方
 2007.3.07 ④ドライ体質は陰虚
 2007.3.29 ⑤舌の痛みに悩む女性治験例



漢方ホーム薬局のHPはこちら









 
by home-k | 2010-05-31 14:27 | ドライマウス
箱根・金時山の花 Vol.62 金時山参り再開
  2010年5月16日(日)
加齢による自然発生的なかかとの痛み(踵痛)で、4ヵ月余り金時山参りを中断せざるを得ない状況で、意気消沈の日々を送っていました。私にとっては箱根金時山は健康道場であり、パワースポットでもあり大変ありがたい存在なのです。

 こんなに長期に山行を休んだのは19年の間で初めてのことで、444回にしてもはやこれまでかと思ったりもしていました。しかし、手前味噌の漢方のパワーを信じて腎虚の漢方薬を服み続けた結果、予想より早くその効果を実感することができ、金時山参りを果たすことができました。

 筋力も落ちてしまったので、今回は高齢者に優しい矢倉沢峠コースを登ることにしました(保護者?同伴)。このコースは全てが土道なので足に優しく、歩きやすいのです。ウグイスの多いところでそのさえずりも応援歌に聴えいざ出発。踵の痛みも無く、何時もより5分オーバーで山頂着。山の上は人の花が咲き乱れて大変な混雑です。

金時山はまだ初春で新緑がきれいです。
e0024094_21362196.jpg

外国人のハイカーが多いのに驚きです。富士山が望めず残念だったのでは?
e0024094_2135548.jpg

何時もおなじみの山仲間や金時娘さんも私の復帰を大変喜んでくれました。心配していた痛みも魔法のように無く、無事下山。安堵と達成感で今年一番のいい日となりました。

  踵の痛みの体験記は後日UPしたいと思います。




 漢方ホーム薬局のHPはこちら
by home-k | 2010-05-17 21:53 | 箱根・金時山の花