ブログトップ
<   2010年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧
箱根金時山の花 vol.64  450回登頂達成
 2010.07.19(祝日) 今日は450回目の記念登山です。足柄峠口は緑の木陰が山頂まで続くので夏の山歩きには大変助かります。この緑滴る青さを”山滴る”というそうですがたっぷりと水を含んだ緑の葉をつけた木々を見るとそうかなとも思えます。快晴の空に富士山が聳え、ホトトギスが特許許可局と鳴いていて、偉そうに存在を知らせています。

 月3回位の金時山詣でを目指していましたが、思はぬアクシデント(踵の痛み)に見舞われ4ヶ月程、訪れることができず450回目の記念登山が遅れてしまいました。漢方薬のお陰でようやく回復し、回数を重ねることができ今日この日を迎えることができました。
e0024094_14564258.jpg

金時娘さんから記念の色紙をいただきました。

 何かの因縁なのでしょうか、今日は膝の無力感や踵の痛みで半年余りお世話になった漢方薬の独活寄生湯の主剤”独活(どっかつ)”の薬用植物・シシウドに出会うことができました。これなくして今日の私の姿は無いのではと思います。
 シシウドの根を”独活”といい漢方薬の原料として繁用されています。温める性質があり”冷えによる痛み”の頭痛・関節痛・腰痛・膝痛などに効果があります。民間では入浴剤としてリュウマチ・神経痛・冷え性に効ありとしています。乾燥品300gを木綿の袋にいれ水から沸かし入浴します。

 シシウド (ししうど属・セリ科)
e0024094_16573097.jpg

これからも、このシシウドにお世話になりながら500回目の登頂を目指したいと思います。

 いま金時山ではシモツケ・シモツケソウ・ヤマブキショウマ・ツチアケビ・オカトラノオなどが花盛りで、ヤマユリが出番を待っています。アサギマダラ蝶にも会えました。




漢方ホーム薬品のHPはこちら
 

 

 
by home-k | 2010-07-21 17:51 | 箱根・金時山の花
オーストラリアの旅 No.6  -パース近郊ー
 オーストラリアといえば 可愛い小動物 ”コアラ”ちゃんを思い浮かべます。今日はそのコアラちゃんに会いに行く日です。パース近郊のヤンチャップ国立公園へ。

 アッ いた居た!!。大きな木の上で、お得意の居眠り中??。ここは特別保護区とかで抱っこはできないとのこと。残念。
e0024094_1159255.jpg

カンガルーも沢山いました。2~3mまで近づけます。
e0024094_1201117.jpg

これから奇岩のピナクルス国立公園に向かうところのドライブインで見たこともない大きなおおーきなトラックに出会いました。一日走ってもガソリンスタンドが無いところがいっぱいあるというオーストラリア大陸ならではです。
e0024094_1212096.jpg


次回はピナクルス国立公園の奇岩群にご案内します。



漢方ホーム薬品のHPはこちら
by home-k | 2010-07-12 12:18 | オーストラリアの旅
かかと(踵)の痛み・中国漢方の考え
   踵の痛み こんな前兆症状にご注意!! 老化現象??!!

 1. 足腰の筋肉や関節のだるい痛み・無力感。
 2. 何気なく物につかまることが多くなった。
 3. 頭のふらつき・めまい。
 4. ジーーと蝉の鳴き声のような耳鳴りがする。耳が遠くなった。
 5. 目が疲れる、目がかすむ、目が乾く。
 6. 歯が割れたり、ぐらつき、歯槽膿漏。(歯は骨の余り)
 7. 爪の変形、もろく割れる、枯れる。(爪は筋の余り)
 8. 髪の毛が細くなった、枝毛が多い、若白髪、脱毛多い。(髪は血の余り)
 9. 顔色に艶が無い、筋肉がやせてきた。
10. 夜のトイレが近い、大小便が整わない。

 このような症状が、日常生活に見られるようになったら、漢方で言う肝腎の精血不足です。肝腎かなめ(要)の働きが低下し老化現象が進行し始めたことです。

 中国漢方では ”肝は血を蔵し、筋を支配する” ”腎は精を蔵し、骨を支配する”と肝と腎の主要な働きを定義しています。

 中国医学でいう ”筋” とは筋肉、腱、靱帯、滑膜などを包括したもので、肝に蓄えられた良質の ”血(けつ)”の栄養補給により、正常な機能が維持することができます。それ故、肝血の不足は筋膜の運動障害を引き起こし、さまざまな筋肉の炎症や痛み、踵の痛みを発症させます。e0024094_1756662.jpg

 肝血はまた、精選された滋養物質の”腎精”からも供給されますので、老化による腎虚はこの補給が弱まり”筋”の栄養不足となります。それ故、肝腎同源ともいい、肝腎は要であり、肝腎精血の不足をきたさないように、日ごろの漢方薬による養生が大切となります。

 外傷以外の踵の痛みや腰痛、膝痛などの発症原因の多くはここにあることが多いのです。
4000年の歴史の中で確立された中国漢方の肝腎要の手当てで精血を養い、未病を予防し美しく歳を重ねていきたいものです。




 漢方ホーム薬品のHPはこちら
by home-k | 2010-07-10 17:40 | 痛みと漢方