ブログトップ
<   2011年 03月 ( 2 )   > この月の画像一覧
お見舞い申し上げます
平成23年3月11日に発生しました、三陸沖を震源とした巨大地震は、東北地方沿岸部を中心に深刻な被害をもたらしました。マスコミの報道により知る想像を絶する惨状に心が痛みます。
被災されました皆様に、心よりお見舞い申し上げます。
亡くなられた方々のご冥福をお祈りしますと共に、被災地域のいち早い復興を切に願っております。

                 漢方ホーム薬局
by home-k | 2011-03-28 05:48
健康な食生活 -漢方的考察 ー  5の3
 大自然の生命力とつながる食生活17項目の解説   5~9 
       
                   ”npo大地といのちの会”より

5.元気な土で育った美味しい野菜を選ぶ

 旬の普通野菜で3と4が実行できたら、次は土作りを徹低した畑で、雨風や紫外線を乗り越えて育った無農薬無化学肥料の路地野菜を選ぶ。栄養価も高く硝酸も少ないため、生のまま数口食べた後の後味が良い。日頃から野菜を生で食べて後味を確かめ、元気な土の生産者を支えよう。

6.海草をいただこう

 わかめ、昆布、アオサ、のり、寒天は、私たちの母なる海からの贈り物。ミネラルたっぷりで、日本人は昔から毎日いただいていた。昆布はだしに使った後、そのまま食べられる。


7.食事の量の半分はご飯をいただくe0024094_1327040.jpg

 親は子ども(タネ)に大切なもの全てを渡す。だからタネは生命力のエッセンス。ご飯をたくさん食べるためには間食しないこと。新鮮なごま塩を常備しふりかけに使うとなお良い。ピーマン、カボチャのタネもいただける。タネになる前の菜の花類もミネラルなど命いっぱい。

8.玄米か分づき米か雑穀入りご飯にする

 ヒエ、キビ、アワ、アマランサス、小豆、麦、黒米をちょっと加えよう。玄米から四分づきでいただこう。炊飯直前に玄米を家庭用精米機(2万円前後)で分づき精米すると、水で研ぐ手間が不要で、普通に炊飯器で炊ける。

9.朝はご飯と味噌汁
 
 旬の野菜をたっぷり入れて。味噌は国産大豆のものを選ぼう。昆布、煮干など、出汁こそ命のエッセンス。化学調味料は使わない。朝食べなかったら夕食で。


コメント:我が家の食生活  
 近くのミニ菜園で牛ふんと油かすをたっぷり入れた有機野菜を育てています。春には菜の花がつぼみのうちの”菜花”を沢山食べることができます。夏にはトマトやキュウリ、ゴーヤなどがとても美味しくできます。自分で作った採れたて野菜を食べることができるのは最高の贅沢です。

漢方食養生では”身土不二”といって、「身近な土地で育ったものはそこに住む人に補う力を与える」と述べています。


                         つづく






漢方ホーム薬局のHPはこちら 
by home-k | 2011-03-17 12:48 | 食養生