ブログトップ
<   2011年 05月 ( 2 )   > この月の画像一覧
箱根金時山の花 vol.70  名残雪
2011.05.25(水)晴れ

 トッキョ キョキャキョク トッキョ キョキャキョク・・・・と気取った鳴き声が金時山頂方面から聞こえてきます。青葉若葉の静かな静かなマイナスイオン100%の山道に夏鳥ホトトギスの初鳴き声が響いています。

 このところ雨の日が多く山行をさぼっていましたが、富士山には名残雪でしょうか一昨夜半、名残雪が降りつもり、また雪をかぶった美しい富士山を見ることができました。
e0024094_11524533.jpg

5月16日の富士山 
e0024094_10432998.jpg

アカバノヒメイワカガミの群生(5月19日)
e0024094_1045481.jpg

アマドコロ(あまどころ属)ユリ科
 ユンケルの成分に”黄精”が含まれていますが、ナルコユリの根茎から抽出されたエキスです。滋養強制作用があります。アッ!ナルコユリだ!ついに探した!しかし、よく観察してみるとアマドコロのようです。残念!。でも親戚関係なのでナルコユリ同様に滋養強壮作用があります。
e0024094_10462549.jpg


 今、金時山は青葉若葉の季節を迎えています。山頂まで若葉が届きました。日差しも強くなり青葉が日陰をつくってくれ、吹き抜ける風がとても爽やかです。すっかり青葉になる前の若葉が混じった状態を”青葉若葉”と季語として使われているようです。早朝の初夏を満喫できました。

 あらたふと 青葉若葉の 日の光    松尾芭蕉(日光東照宮参詣の折の句)



漢方ホーム薬局のHPはこちら

  
by home-k | 2011-05-26 11:39 | 箱根・金時山の花
箱根金時山の花 vol.69 
 2011年5月14日(土) 5時40分足柄峠口着 快晴 11度℃ この上なく爽やかな空気を感じます。ウグイスやカツコー、ツツドリやシジュウカラなどなど多くの野鳥のさえずりの中、静かな静かな山道に歩みを進める。このルートは通称 ”すみれ径”とも言われ、数種類のスミレ草が咲き誇ります。頂上直下まで咲きあがってきました。
e0024094_17372826.jpg


ホソバテンナンショウ(てんなんしよう属)サトイモ科
 薬用部分・塊茎を「天南星」といい漢方薬ではリンパ節腫やしこりなどの、しつこい痰を捌くのによく使われています。痰による、めまいや顔面神経麻痺、手足のしびれ、咳や多痰にも繁用されます。
e0024094_17393045.jpg


?               5月02日     
e0024094_17424961.jpg

ムラサキケマン(きけまん属)ケシ科
 薬用部分・全草、塊根を「紫きん」といい殺虫・解毒の効があるようですが漢方薬では使っていません。5月02日
e0024094_18144156.jpg

金時山はこれから花盛りになります。シロヤシロツツジやミツバツツジ、ギンリョウソウやホウチャクソウ、ホタルカズラやコイワザクラなどなど多くの花が見られます。秘密の場所のアカバナヒメイワカガミも花茎が上がってきて来週には開花すると思います。

最近、いつもお世話になっている登山道の補修に凝っています。雪が消えると登山道のあちこちに「浮石」がみられ、うっかり乗るとぐらっいてとても危険です。浮石の下に小石を挟み込み安定させる作業ですが、これって結構楽しいものです。次回に通るときしっかり安定しているとうれしくなります。


漢方ホーム薬局のHPはこちら
by home-k | 2011-05-14 18:47 | 箱根・金時山の花