ブログトップ
<   2011年 06月 ( 2 )   > この月の画像一覧
箱根金時山の花 vol.71  夏至
 2011.06.22(水) 快晴
今日は夏至、太陽が黄経九十度の最も高い夏至点に達し、昼が最も長く、夜が最も短い日。日の出が4時25分・日の入りが19時00分と暦には記してあり、明日からは日の出が少しずっ遅くなります。

 このところ梅雨空の鬱陶しい日々が続いていていましたが、今朝はなんと快晴。青空の心地よさを満喫しつつ金時山へ。緑が、空気が、山々が、富士山が本当に奇麗です。
今、金時山ではヤマボウシの白い花が満開で、新緑の葉に雪が積もったようでとてもきれいです。

シロフウリンツツジ(どうだんつつじ属)ツツジ科
 中腹に大木があり満開です。
e0024094_13407.jpg

オオバウマノスズクサ(うまのすずくさ属)ウマノスズクサ科
 つる性の落葉低木で薬用部分は塊根でその部分を馬兜鈴(ばとうれい)といい花は鈴のような形をしています。肺熱のせき、呼吸困難、痔核、肛門部腫脹疼痛などに漢方では使います。肺と痔に応用されていますが中国漢方では肺と大腸は表裏の関係といい、大腸の一部である痔や便秘の治療に肺に作用する生薬をよく使います。応用治療の域ですが、漢方学問の奥の深いところです。
e0024094_1362388.jpg

オノエラン(はくさんちどり属)ラン科
e0024094_10563064.jpg

ハコネラン(コチョウラン属)ラン科
 何年も探していましたが丁度お会いした山の知人(横浜のOさん)に案内していただきました。立ち上がり5cm位の小さな花なので、見つかりっこないですね。箱根のランですのでお目にかかりたかったのです。
e0024094_1151484.jpg

 金時山には多くの珍しい植物たちが自生していますが、季節を間違えず、出番を間違えず、存在を誇れる場所を確保して一生懸命に咲いて多くの人たちの目を楽しませてくれています。

心が痛む東日本大地震。津波の爪あとや瓦礫の山の空き地の松に新芽がでた、桜が咲いた、草花が咲いた・・・と心温まる報道を目にすることが出てきましたが、自然界の植物たちは強いですね。頑張っていますね。なぜか政治だけが頑張れずに、復興への足音をかき消しているように思えてなりません。




漢方ホーム薬局のHPはこちら
by home-k | 2011-06-23 13:06 | 箱根・金時山の花
膝に水が溜まり痛む  漢方療法治験
 65歳 主婦  BMI 21.5
1年前から膝の後ろ(後膝部)に水が溜まるようになり、痛くて仕事にも支障が出るようになり、又階段の昇り降りも辛く、人生に不安を感じていた。患部に水が溜まると痛みが増すので病院で水を抜いてもらい(4回)消炎鎮痛剤を服用して治療をしていた。

 あるとき知人から「水は抜かないほうがいい」といわれ、漢方薬でこのような治療が出来るのかと来店された。最近、左膝の痛みをかばっていたせいか、右ひざ(前膝部)も痛くなり、屈伸が出来ず正座も出来なくなってしまった。e0024094_17145272.jpg
 漢方の考え
漢方では「膝に水が溜まる」ことは、人体の水分代謝にかかわるとされる肺・脾(胃腸)・腎などの内臓機能が低下したことが主因ではないかと考えます。勿論、老化や過労による筋力の低下、湿気や冷え、ストレスなども引き金になります。

 この方の場合、65歳という年齢、日に6000歩以上歩く仕事、几帳面など、2月の寒い時期にひざ裏(ひざ裏は腎経が通るところ)から発症したことなどからエネルギー(気)や栄養分(血)の不足、冷えや腎虚の症状が多く見られるので、腎虚の手当てを主に水分代謝を改善する六味丸類に気や血を補う漢方薬の二種類を服用していただいた。

 上記の処方を3ヶ月服用の結果、この間水が溜まらなくなり痛みからも解放された。歩けなくなる不安感・仕事が出来なくなる不安感・趣味の旅も・・・で落ち込んでいた一年間は本当に辛かったと振り返っていられました。右膝の痛みも快方に向かっている。

 漢方では膝の水は栄養物質ゆえ抜かないほうが良いと考えています。





漢方ホーム薬局のHPはこちら 
by home-k | 2011-06-21 17:06 | 腰膝痛