ブログトップ
<   2012年 01月 ( 2 )   > この月の画像一覧
漢方で花粉症の予防と治療
 朝日の昇るのがいつの間にか早くなり、新聞を読む灯りの消灯も早くなりました。お日さまの輝きも元気に感じます。もうすぐ春を告げる立春です。元気に活動的な春を迎えたいものです。

 でも、アレルギー体質・特に花粉症の方にとっては辛い春です。毎年春が来るのが恐ろしい人も見受けます。

 快適な春を迎えられるように漢方的に体質を変えててみませんか!!。

        もしかして、からだを温める力が足りない?

 天気のよい日・・・「お日さま」は、ぽかぽかしてとてもとても気持ちのいいもの。どこか出掛けようか、誰かと会おうか、家の片付けをしっかりやろうかと、とても活動的になるものです。
わたしたちのからだのなかにも、「お日さま」のように、からだを温める力があって、それが十分足りていると活動は伸びやかで元気です。しかし、その力が不足しているときは、からだも冷えて縮こまり場合によっては健やかなからだの営みに支障をきたすこともあるのです。

 「腹が減っては戦はできない」と言われるように、飲食物をからだのなかでエネルギーに変えて人は活動をしています。ただ自動車のように、ガソリンを入れさえすれば、エンジンが廻り、走るだけのものではありません。栄養バランスのとれた食事をすることは勿論ですが、胃腸機能に負担をかけるような食生活や嗜好品も要注意です。例えば、冷たい飲食物を過度に摂っていると、からだのなかが慢性的に冷え、胃腸もその働きが緩慢になります。

     思い当たることありませんか?

  陽虚の症状               脾虚の症状
●手足が冷たい              ●食欲がない  ●疲れやすい
●温かいものを飲みたがる       ●すぐ座りたがる ●汗が出やすい
●寒い日が苦手、クーラーで体調が悪くなる ●すぐ息が切れる
●お腹がよく冷える            ●時々立ちくらみがする
●かぜをひきやすい            ●軟便・下痢になりやすいなど

漢方では、からだを温める力が不足している状態を陽虚(ようきょ)といい、
胃腸機能が停滞し、エネルギー不足の状態を脾虚(ひきょ)といいます。

     健やかな毎日が過ごせるように        e0024094_13395278.jpg

   ①栄養バランスを考えた食事をする
   ②冷たい飲食物は、摂り過ぎない
   ③睡眠を十分に取れるよう早めに就寝する
   ④無理の無いよう適度に運動を行い、筋力の低下を防止する
   ⑤ストレスをため込まないよう、気分転換をする

                 (漢方療法推進会資料より抜粋)

 当店では漢方療法推進会より「カウンセリングが出来る店」に指定されています。からだを温める漢方薬を多数用意していますので体質に合った漢方薬にきっと出会えます。眠気やのどの渇きなどの副作用のない漢方薬で快適な春を過ごしましょう!!。
 漢方薬には4000年に及ぶ歴史の知恵がつまっています。


漢方ホーム薬局のHPはこちら
by home-k | 2012-01-25 12:31 | 花粉症・鼻炎
初詣
 

   

  我が郷土の偉人 二宮金次郎さん を祀っている報徳二宮神社に家族で参拝させていただきました。
 あれから40数年続いている我が家の新年行事です。私どもの結婚式でお世話になって以来、子供の出生に、七五三になにかとお世話になっています。
 今日も家族の健康祈願を本殿にてお願いしてきました。神主さんの祝詞、大太鼓の響きが心にしみて身が引き締まり、お札をいただき、お神酒をいただきすっかり新年のすがすがしい気分になりました。新店の建て替え行事も無事に終り、作年12月10日に新装薬局を開店することができ感無量です。
これも二宮金次郎さんの教えの賜物です。

 二宮金次郎さんの教え(尊徳の仕法)

金次郎さんは小学校の校庭などに、薪を背負って本を読みながら勉強する姿の銅像が建てられていますがご存知でしょうか。農民の出身ながら藩政にまで影響を与えた郷土の偉人ですがその思想の基本は「経済と道徳の融和を訴え私利私欲に走るのではなく、社会に貢献すればいずれ自らに還元されると説き、至誠、勤労、分度、推譲を行っていくことで、はじめて人は物質的にも精神的にも豊かに暮らすことが出来る」というのが根本思想です。

 至誠 とは

  いわゆる「まごころ」のこと。役立つことを進んでやろうとする思いやりの心でなすべきことと向き合う、尊徳の教えのすべての土台になっている。

 勤労 とは

  文字どうり熱心に働くこと。能力を発揮して結果を良くしようとすることで、自己の成長になると説いている。

 分度 とは

  自分に相応しい生活を送ること。現在の収入に応じた支出の範囲内で生活することが大切だといっている。

 推譲 とは

  働いて得た余分を家族のために貯えたり(自譲)、社会のために譲ること(他譲)。仕法の真髄ともいえる教え。

 積小為大 とは

  小を積んで大をなすこと。小さな努力の積み重ねが大きな収穫や発展につながると言う意味。捨て苗から一家再興を図り、友人に借りた菜種から多くの菜種油を収穫し、勉強に励むなど少年時代の経験が積小為大の考え方に結びついたといわれている。

 一円融合 とは

  全てのものは互いに働きあっており、一体になったときに初めて結果が出るという意味。植物は水、温度、土、養分が融けあった中で育つように人間も、自然環境や社会環境が一つになって融けあい、働きあう中で育っていくこと。

 昨今の政治や経済、世情をみて尊徳さんは苦虫を噛みつぶしていられるのではないかと思います。


 尊徳さんの生家は当店から約10km小田原市栢山に記念館とともにあり、二宮神社は南に4km小田原城址の南隣にあります。



漢方ホーム薬局のHPはこちら
    
 
by home-k | 2012-01-01 23:35 | my off time