ブログトップ
<   2017年 10月 ( 1 )   > この月の画像一覧
心臓神経症・狭心症?発作頻発に漢方薬養生
 20年余お付き合いの漢方服用のお客様 87歳 女性  BMI 20

初来店  平成10年67歳時 「心臓神経症 狭心症発作が時々あり、年に数回、救急車のお世話になることがある」と来店された。高血圧薬2種・不整脈・高脂血症・精神安定剤2種・ニトロ外用薬などを処方されている。ご主人が定年退職されたころから?具合が悪いような気がする。他店でカロガイハクハンゲ湯の処方を受けている。
e0024094_16035388.jpg

 問診;眠り浅い、憂鬱感、イライラ、驚きやすい、神経質、動悸、脈早い、食欲並、便秘気味で小便遠い、足冷えるなど 舌診;形大きい(胖大)、色 血の気少ない(淡>紅)、白苔乾
 弁証;気の滞りに逍遥散、血の不足に婦宝当帰膠を処方。
三年間服用していただいた。この間救急車のお世話一度もなし。

平成14年4月 71歳時 心臓が気になる、静時ときどき小刻みにドキドキツとする、心臓部が熱くなる感じあるのでかかりつけ医受診。帰りに来店。
 舌診;以前とは異なり白苔は無く紅く裂紋(小さな裂け目)多数あり。舌診を怠っていた。これは漢方でいう陰虚の証(体の血や水分の不足、血虚が進んだ状態)急ぎ他店の漢方薬を中断をお願いし、陰液を増やす炙甘草湯または生脈散・婦宝当帰膠・天王補心丹を処方。症状は安定した。断続的に9年間服用。救急車の御用なし。

平成23年4月 80歳時 ふらつくようなめまい感ある、目が乾く、涙目、足腰がだるく痛むなどの申告があった。さらに肝腎の陰液を補う杞菊地黄丸を加入した。

平成29年10月 87歳 「漢方のお付き合いが20年余になるがこの間、救急車のお世話にもならず元気で過ごせるのは漢方薬のお蔭」と。勿論医師の管理もあり、漢方薬を信頼いただき、長年ご愛用いただいたことがQOLの向上に効を奏したのではないかと思います。現在も上記の処方を症状に応じて日に1~3回服用されています。最近便秘が酷いとのことで麻子仁丸を夜1回服用中。

 ご主人89歳、お二人ともお元気にお過ごしで、加齢による筋力や心身の活力が低下した状態(フレイル)が少しみられるものの日常生活には何の問題もなく自活されています。健康寿命を享受され健康長寿のモデルですので、これまでの生活習慣などいろいろ詳しくお聞きしておきたいと思います。



漢方ホーム薬局のHPはこちら
定休日;日・月・祝日   営業日;火~土  Am9.~Pm6.
by home-k | 2017-10-25 21:20 | 健康寿命