人気ブログランキング |
ブログトップ
高カロリー食は危険 -ハリケーン被害と和食-

 熱した鉄板、ガーリックオイルでジュージュー焼いているサーロインステーキ。
香りもジュージュー音も、ご馳走で思わずゴックン!
「今日は奮発して厚さ2センチで!」なんて、たまにはオーダーしたいものです。

 我が国の食糧事情も世界のトップレベル、食べたいものは腹具合、懐具合で、いつでも入手可能で贅沢になりました。でもステーキのご馳走も毎日となったらどうでしょう?

 この夏、アメリカ・ニューオリンズに上陸した超大型ハリケーンは大変な被害をもたらし、台風慣れした私どももビックリの悲惨な状況が報道されていました。一日も早く軽快なジャズが街中に響くよう願わずにはいられません。

 でも、その報道でもう一ツ驚いたことがありました。被害に会った人の大きな体格!!テレビの一番面でも数えきれない程の巨体の人々・・・男も女も。さすが世界一豊かな国?と思いました。

 明らかにステーキやバーガーなどの動物性脂質やコーラなどの糖質類の摂りすぎ、摂取栄養素のバランスの悪さの結果なのでしょう。
養殖や保存技術の進歩で、いつでも肉類を食べられるようになりましたが人間のからだの消化能力は昔も今も進歩はなく、これでは不完全燃焼して老廃物の固まり人間になってしまうのは当然です。

血液は汚れ(瘀血:おけつ)、中性脂肪、悪玉コレステロール、血糖は上昇しメタボリックシンドローム(死の四重奏)まっしぐらです。最近、医学会では日本独自の診断基準を追加して、ウエストサイズ男85cm、女90cm以上は要注意と内臓脂肪増加を戒めています。

人類は雑食動物ですから、野菜や海草、豆類や穀類、又魚介や肉を食べてきました。偏った食生活は、生活習慣病予備軍になります。悪い食生活により引き起こされる病は糖尿病、肥満、歯周病、高脂血症、高血圧、心臓病、癌など、寿命を左右する病となる危険性大です。

近年BSEが問題になっていますが、本来牛は草食だったのが人間の勝手で美味しい肉質を作るために動物性蛋白・脂質・骨粉などの高カロリー食をたっぷり与えられて栄養過多になっています。若しかするとBSEの源はこんな所も関係があり、同じ哺乳類として人類に重大な警笛を発しているのかも知れません。

 日本の気候風土や先達に育まれた和食(日本食)は素晴らしい、バランスのとれた献立内容で近年、アメリカでも和食に注目して食生活の改善に取組んでいるとのことです。男78.64歳・女85.59歳の長寿国日本、その原点は和食にあるのではないでしょうか。
和食中心の粗食生活を心懸けていきたいものです。

URL http://www.homek.biz

by home-k | 2005-10-26 10:26 | 食養生