人気ブログランキング |
ブログトップ
自分でできる漢方的体質の見分け方 ー自分を知るー 3の3
 前回の血(けつ)の異常の血虚体質は血のもつ栄養と滋潤成分の不足で、
消化吸収の働きが低下したために血の原料不足ともいえます。また、出血
や血液破壊による血の量の不足もあります。
お血(血滞)体質は血の循環不良による組織への供給不足が考えられます。
 

  今回は、(すい)の異常をチェックして見ましょう

    陰虚体質の見分け方         痰湿体質の見分け方
(水の不足タイプ)              (水の過剰タイプ) 

 □ 顔面紅潮しのぼせる       □ 肥満、水太りで体脂肪率が高い
 □ 手のひらや足の裏がほてる    □ からだが重だるい
 □ 喉や口が渇き冷たいものを好む  □ 痰が多い
 □ イライラ、不眠、よく目が覚める □ むくみやすい
 □ 寝汗をよくかく         □ にきび、吹き出物ができやすい
 □ 耳鳴りがする          □ 手のひら、足裏が湿っている
 □ 目が乾きやすい         □ 血中コレステロール、中性脂肪
 □ 更年期症状と共に月経が遅れたり   値が高い
   量が少なくなる         □ めまい、吐気がよくある
 □ 便が硬い、兎糞便        □ 女性ではおりものが多い
 □ 舌の色は紅く表面に割れ目がある □ 舌の表面にベットリとした苔が
   苔は少ない             多い

  痰湿はからだに貯まった非生理的な水のことで肺、消化器、腎の水分代謝
 が低下したためで、「奇病はみな痰に関連する」と言われているように非常
 に厄介なものです。
  陰虚は血虚(血の不足)の程度が進み、からだの生理的な水分が失われた
 状態で栄養不良脱水自律神経の興奮などがみられます。


  3回にわたり6つの体質分類をご紹介いたしました。チェックしてみると
 思い当たる症状があれこれ出てきて複数の体質にまたがるのではないかと思  
 います。人のからだは複雑ですから当然のことです。日ごろご相談をうけて
 いても慢性の場合、6つの体質に何かしら当てはまることなどよくありま
 す。 


  自覚症状があっても芽の段階で早く対応すれば、本当の病気にならなくて
 すみます。体質はいつも変化するので何時もと違う自覚症状に気付いたらそ
 の時々でチェックしてみてください。(未病先防)
 
  体質改善は自覚症状に早く気付いて早く対処すればチェック箇所も少ない
 はずですから簡単に治ります。気付かずに或いは気付いてもそのまま放って
 おくと、その体質は固定化してしまい深みにはまってしまいます。
 

  漢方の栄養学(後日当店ホームページに解説)で日ごろの養生を心がけて
 未病先防をモットーとする漢方などの自然薬をからだに取り入れることで
 気になる体質を改善していきたいものです。

                     
                    体質の見分け方 ー完ー

当店HPのURL http://www.homek.biz
by home-k | 2005-12-26 13:52 | 漢方的体質の見分け方