人気ブログランキング |
ブログトップ
PMS(月経前症候群)と漢方
 2015.11.19(木)pm10からNHKTV ”総合診療医ドクターG”で PMSの症例を取り上げていました。
PMSは生理が近くなるとイライや胸が張ったりする症状が現れ、生理が来れば自然と治る生理現象です。

 ところが女性の社会進出に伴い、出産が減り生涯の月経回数も多くなり、病的なPMSが多く見られるようになってきました。番組でも演じられていたような甲状腺機能低下症的な症状の訴えなど仕事も家事もできない酷い症状も多く見られます。

 店頭で多い訴えの数々
  身体症状として; 乳房の腫痛・乳頭の刺痛・胸苦しい・胸脇が張る・下腹部の張り痛み・頭のふらつき・めまい・頭痛・腰痛・むくみ・ニキビ・微熱が続く倦怠感・便秘・下痢・頻尿・・・・・・・・・・・・・・など
  精神症状として; イライラ・怒りっぽい・憂鬱感・不安感・無気力・集中力や判断力の低下・睡眠障害・パニック・緊張が続く・妄想・涙もろくなる・・・・・・・・・・・・など

 症状の現れ方は人それぞれですが、まじめな性格、潔癖症、几帳面、神経質、とりこし苦労型などの人は特に症状が強く複雑にでるようです。また月により症状の軽重もあります。PMS(月経前症候群)と漢方_e0024094_16442045.jpg

 漢方治療 
 多くは ”肝の病症”であり肝は「疏泄を主り、血を蔵す」ことから、自律神経系を介した精神情緒の不安定や血流障害に起因します。肝鬱気滞・肝鬱化火と弁証されます。これは気の巡りが悪い気滞といい
上記の症状が多く見られます。「気廻れば血めぐる」ことから気滞は血の巡りを滞らせ瘀血(おけつ)を生じ病状を重くします。

 香蘇散、逍遥散、加味逍遥散、柴胡疏肝散、平肝流気飲、女神散、四逆散などで気の巡りを改善し、活血化瘀薬などを必要に応じて併用し治療のスピードアップを計ります。
漢方では抗不安薬や抗うつ薬のように脳神経に直接働きかけるものやピルなどのように女性ホルモンバランスを強制的に変えるものとは違い、体に負担をかけることことなく全身のバランスを整えることを優先します。

 中医学漢方の最も得意とする分野ですので、漢方薬で快適な人生を送ることができます。






漢方ホーム薬局のHPはこちら

定休日;日・月・祝日   営業日;火~土  Am9.~Pm6.

 
by home-k | 2015-11-21 17:00 | 婦人科疾患と漢方