ブログトップ
産みたいのに産めない~ 卵子の老化の衝撃  
 いま、全国の不妊治療クリニックに、30代、40代の女性たちが次々と訪れ、衝撃をうけている。健康なのに、妊娠の可能性が低いと告げられるのだ。原因は「卵子の老化」。女性の卵子は年齢とともに年を重ね、35歳の女性が出産できる可能性は20歳代の半分になる。

 しかし、多くの女性はこの事実を治療に来て初めて知るという。晩婚化が進む現代、不妊は先進国共通の課題だ。しかし、日本は特異な状況にある。不妊の検査や治療を受けたことがある夫婦は、6組に1組。不妊治療のクリニックが世界一多く、体外受精の実施数も世界一になっている。女性の社会進出を進める一方で、いつ産むのかという視点を見過ごしてきた日本のひずみが現われている

 「卵子の老化」による不妊をさらに深刻化させる一因は、男性側にもある。実は不妊の原因の半分は男性側にあるが、夫が不妊の検査に行きたがらず、ようやく治療が始まった時には妻の卵子が老化しているというケースが後を絶たない

 専門家は「早くに気付いて治療すれば、自然妊娠が見込めるケースも多い」と指摘する。

         NHKスペシャル  平成24年6月23日放送から引用

今まで気になっていた番組でした。漢方の立場から妊活治療に関わっている者にとっては「いつ産むかという視点」を真剣に考えてほしいと思います。

当店では「卵子の老化」に対する漢方薬を個人差に対応できるよう多数用意しています。


漢方ホーム薬局のHPはこちら
定休日;日・月・祝日   営業日;火~土  Am9.~Pm6.
by home-k | 2018-02-21 15:26 | 婦人科疾患と漢方