ブログトップ
いい夫婦の日  1 1 2 2 
今日は11月22日、” いい夫婦の日 ” だそうです。
価値観の問題でいろいろな形の「いい夫婦」があると思います。でも人生で望むものは誰しも「幸福と健康」ではないでしょうか。

幸福については国連が発表している統計で「世界幸福度報告書」があります。2018年版によると156ケ国中日本の幸福度は54位で年々下降気味です。フインランド、ノルウエーなど北欧の国々が毎年上位を占めています。因みにアジアでは台湾が26位、韓国57位、中国86位です。

この幸福度は 1.人口当たりのGDP(堅調な経済成長)
       2.社会的支援(困ったときに頼れる人がいるか)
       3.健康寿命(介護なしで自立した人生を送れている)
       4.生き方の自由度(自由に満足し自分に適した生き方ができる)
       5.他者への寛容さ(過去一年間に慈善団体に寄付などしたか)
       6.社会への信頼感(政府や仕事上で腐敗が蔓延していないか)
 などを主な指標として過去三年間の平均値を算出しています。

個人の幸福度は「家族・友人・仲間がいる、仕事や役割があり生きがいがある、楽しみを持っている、感動がある、健康である、運動習慣がある、経済的に余裕があること」などで左右されると言われています。自分の強みを見つけそれを活用することが幸福度を向上させることになります。例えば向学心(知恵・知識)、熱意、親近感を生む人間性、謙虚さ、感謝、未来への希望などこうありたい憧れなどを持ちながら生活ができればと思います。

健康についても、いくら寿命が延びて長生きしても要介護の人生では幸福とは言えません。各人介護なしで自立した人生を送ることができれば「いい夫婦の日」にふさわしい生き方になると思います。

幸福度・健康寿命を延ばすには三千余年にわたる臨床経験に裏付けられた中医学漢方の活用が最適です。




 







by home-k | 2018-11-22 18:07 | 健康寿命