ブログトップ
 梅雨と漢方   -梅雨時の過ごし方ー
五月晴れにも恵まれず雨模様の日が続いて空気もジメジメで重く湿気が
充満しています。この時期、この湿気に当てられて、からだの不調を訴え
る方が多くいられます。

 漢方ではこの湿気を「湿邪」と言っています。
この季節多発する水虫、湿疹、重だるい関節痛、腰痛、頭重などはこの湿
邪の仕業なのです。
 
 湿邪の性質
① 重く留まりやすく粘りついて、除去しにくい
② 陰性の性質なので陽性の気の流れを妨げる
③ この病は経過が長く治りにくい
④ 湿気は重いので下に滞るので体でも下部に症状がでやすい

 湿邪の症状
① からだや手足が重だるい
② 頭が重く帽子をかぶったような感じがする
③ 関節が重く痛んだり、しめつけられる感じがする
④ 顔や手足が腫れぼったい
⑤ 花粉症のような鼻炎や喘息の痰が多くなる
⑥ 漫性湿疹でも滲出液が多くなる
⑦ おりものが多くなる

 湿邪対策
① ビールやジュースなど冷たい飲み物、生野菜などを避ける
② クーラーや薄着でからだを冷やさない
③ スパイス(香辛料)を多く摂って胃腸に活!
④ からだの余分な水を取り去る、ハトムギ、アズキ、緑豆、
  枝豆、いんげんなどを多く摂る
⑤ ピリ辛で発散作用のある山椒、生姜、紫蘇やミョウガ、わさび、から
しなどをを料理に付け合せる 発散は水の発散にもなる

湿邪の被害者は一般に太った方や胃腸が弱く水分代謝の悪いタイプの人に
多く発症しますが日頃から脾(胃腸系)、肺、腎の漢方で言う水分代謝機
能に関係するところを調整することも大切です。

 ウオーキングなどの有酸素運動で汗とともに余分な水を追い出し、食養
生、漢方薬で体質を調整して明るく梅雨の季節を乗り切りましょう。
  
漢方ホーム薬局のHPはこちら
by home-k | 2006-06-28 13:20 | 漢方の話題