ブログトップ
<   2018年 04月 ( 2 )   > この月の画像一覧
肩の痛み(五十肩?)に漢方薬
e0024094_15501339.jpg

当店での治験例  上腕部から肩の痛み(左) 五十肩?
 50歳 男  BMI 23 比較的健康体
H29年12月 1ヶ月前位から自然発症的に左腕の付け根辺りから肩にかけて痛むようになった。刺すような痛みで夜間朝方の痛みが酷く重だるい。挙手は可能。
 鼻づまり、空咳少々、血糖値高め、便秘(硬便)。 
 舌診;胖大(形が大きい)、苔無、淡紅 舌裏静脈++
 圧痛点;左腕の付け根辺り前側 肺経絡上の中府・雲門の辺りに刺すような痛みあり、辛い。


漢方治療;この病症は痛みの漢方治療指針からすると「不通則痛」(当ブログ2018.4.6に解説)で気血が肺の経絡上でブロックされて通じないので痛みを発している病状と判定。既往歴から秋冬期の乾燥(燥邪)が災いの元と推測し肺を潤し熱を涼す辛夷清肺湯、左側の病症ゆえ瘀血(おけつ:血の滞り)もあるので血府逐瘀湯(けっぷちくおとう)を投薬してみた。
7日ほどの服薬で完治することができた。さらに良い副作用?が出て便秘も改善されたのには驚きで前々回の当ブログ(2018.3.17)の「肺は大腸に合す」の実例にもなります。
漢方の応用力の広さ、懐の深さに驚かされます。

 

漢方ホーム薬局のHPはこちら
定休日;日・月・祝日   営業日;火~土  Am9.~Pm6.
by home-k | 2018-04-07 17:52 | 痛みと漢方
痛みには漢方が効く
 イタイ! 痛い!!の起こるしくみ(神経痛 リュウマチ 腰痛 頭痛 膝の痛み)

 漢方の理論では「不通則痛」と「不栄則痛」と二つの原因を考えています。

「不通則痛」とは”通じなければ痛む”という意味で、体の営みに何らかの原因で閉塞が生じ、そのために漢方でいう気や血・水の巡りが失われることにより、組織に気血が届かず組織を養えず部分的に虚になった状態の中に、冷え・湿気・暑さやストレス・瘀血(血行不良)などの病邪が筋肉や関節・神経などに入り込み炎症や腫れ・むくみや水腫を引き起こし痛みとなると考えています。若い人に多い病状です。症状や体質に合わせ病邪を取り除く漢方薬が多数あります。e0024094_11324032.jpg

「不栄則痛」とは”栄養が足りないために痛む”という意味で体にとって本来必要な気や血・水の不足、消耗などにより起きている痛みです。高齢者に多い病状でエネルギー(気)や栄養物質(血)を補える漢方ならではの治療があり予後が大変安定し社会復帰が可能になります。

したがって、痛みが出ない人は、気や血の貯金(貯筋)が十分で常に気血が全身にスムースに運ばれているので、冷えや湿気・暑さやストレスなどの病邪を寄せ付けない体力のある人ということになります。

特に足腰の痛みは生活に多大なダメージを受けます。”歩ける喜び”をぜひ当店の漢方療法に期待してみてください。

*当ブログ「痛みの原因と漢方理論」2014.10.05もぜひご覧ください。



漢方ホーム薬局のHPはこちら
定休日;日・月・祝日   営業日;火~土  Am9.~Pm6. 
by home-k | 2018-04-06 12:21 | 痛みと漢方