ブログトップ
夏の漢方的養生  発汗過多は要注意
 暑さには汗が付きまといます。普通の暑さでの自然発汗はクールダウンであり、また体の老廃物を排出し代謝を活発化するためにも必要な生理現象です。

酷暑のこの夏は異常な発汗を感じている方が多いのではないでしょうか。
季節や天候が体の生理機能に及ぼす影響を重視する中医学漢方では「心(しん)は暑熱を悪(にく)む」といい、暑熱が心の生理機能に多大なダメージを与えるとしています。
この炎熱下では、体はオーバーヒート気味で熱中症様症状気味の方が多いのではないかと危惧しています。
また、中医学の古典では「心(しん)は汗を主る」「汗は心の液」ともいい心と汗は深い関係にあることを指摘しています。異常な発汗が見られる病に心筋梗塞や狭心症があります。e0024094_17262177.jpg


汗のもとは血液です。血液の中の水分(血漿)が汗として流失すれば血液は濃くなり血流は悪化し心の機能が発揮されなくなるので心筋梗塞や脳梗塞などの循環器疾患を引き起こしかねません。中医学漢方では血漿や組織液など栄養のある体液を津液(しんえき)といいます。それ故、発汗過多はこれらの栄養物(気・血)を失うことでもあり、このような場合津液を補う生薬を用いて血液の潤いに対応いたします。

熱中症予備軍の症状 体のほてり、めまい、頭がボーっとする、口の渇き、吐き気、動悸、息切れ、生あくび、体温高い、言葉がもつれる、黄色い汗、舌の苔が黄色、小便色濃い、便秘など。      意識障害は病院へ

西洋人参、白虎加人参湯、三黄瀉心湯、清暑益気湯、生脈散(麦味参)、炙甘草湯、天王補心丹、蒿芩清胆湯、感応丸などが繁用されます。

暑い環境で起こる健康の障害を中国医学3000年余の歴史の中の知恵を応用し、この酷暑を乗り切りたいものです。


 




漢方ホーム薬局のHPはこちら
定休日;日・月・祝日   営業日;火~土  Am9.~Pm6.
# by home-k | 2018-07-21 17:35 | 季節の養生
夏の漢方的養生 中国医学の古典に学ぶ
 2000年も前に書かれた中国の医学書・黄帝内経 素問に今でも通用する四季の養生が記載されています。そのうちの夏の養生を転記しました。

 夏の三か月間を、蕃秀(ばんしゅう)という。それは花咲栄える季節である。
この期間は天地の陰陽の気が活発に交流し合って、生きとし生けるものすべて、花咲き実る盛んな時である。
この時にあっては、人々は夜は夜更かしすることなく、朝は早く起床し、日の長いのに倦むことがないようにする。精神的には志をたかぶらせることなくのびのびとし、肉体的にはうっとうしさを除いて、陽気を体外に泄らしてやる。この時にはすべて発散させるようにし、鬱積することのないように気をつけるべきである。そのようにできれば、それが夏における成長を特徴とする天地の気に相応じることであって、これこそ、夏時の養生法であるというものだ。
 この養生法に逆らって心をうつうつさせたり、身体に鬱熱させたりすると、夏に盛んに活動する心の臓が傷害されて病となる。たとえすぐに発病しなくても、秋がくるとこれが原因となり、おこり*となる。即ち夏にうけた傷害が元になって秋の収斂の気力が減少する結果病が表面にでてくるのだ。

とあり、特に「陽気を体外に泄らしてやる」は暑い=発汗の生理現象を上手に使うことを指しているのではないかと思います。暑い時こそ適度な発汗・発散が大切です。
*おこり は間欠熱のこと。





漢方ホーム薬局のHPはこちら
定休日;日・月・祝日   営業日;火~土  Am9.~Pm6.
# by home-k | 2018-07-11 14:04 | 季節の養生
梅雨どきの漢方的養生
 日本の気候は変化に富んでいて四季折々、自然界の変化を楽しむことができます。
その反面、気候の変化についていけない人も多くいます。春の風の害:めまい・花粉症。夏の暑さの害:熱中症・紅い湿疹。秋の乾燥の害:咳や皮膚の乾燥。冬の寒さの害:インフルエンザ・しもやけ・神経痛など・・・・・・。

 なかでも、梅雨時は高温多湿、苔や藻、カビやぬめり(外湿)が目につきます。人の体も自然界同様に水虫や皮膚の化膿症、じくじく湿疹、陰部の痒み、カビ・ダニによるアレルギー性鼻炎、むくみや関節の腫れ、神経痛や痔・膀胱炎の悪化など ”湿気” の影響を受けた疾患が多く見られます。

 湿気体質(痰湿)のチェック   e0024094_18092729.jpg

 1.浮腫みやすい
 2.肌が脂性、または吹き出物が出やすい
 3.コレステロール、中性脂肪、体脂肪値が高い
 4.頭が重く痛む、体が重だるい
 5.めまいや吐き気がよくある
 6.低気圧の接近や雨の日に体調が悪い
 7.口が粘り、舌の表面に厚いベトベトした苔が多い  など

中医学漢方では、このような体質は水分代謝を主る臓器の脾(消化器系)・肺・腎の共同作用が悪いからで「口から胃に入った水分は脾で吸収され肺に運ばれ全身を潤して一部は汗となり、また腎に運ばれ尿となり体外に排泄される」一つの代謝システムとして考えています。この過程の異常を見つけ漢方薬で対処します。

 湿気体質(痰湿タイプ)の漢方的養生

1.甘いもの、果物など食べ過ぎない。炭酸飲料など飲みすぎない(就寝前の3時間は何も口にしない)
2.食物繊維の多い食事(雑穀類、海藻類、根菜類など)を心がける。食物繊維は腸内老廃物や余分な水分を吸収し便として排泄させる
3.コレステロールなど検査値の悪い人は青背魚を多く食べる
4.緑豆、緑豆春雨、冬瓜、はと麦、小豆(皮付き)は利尿作用がいい
5.インターバル・ウオーキングで良い汗をかく
6.除湿機、扇風機で湿気を追い出す

羗活勝湿湯、平胃散、藿香正気散、勝湿顆粒、三仁湯、清暑益気湯、五積散、療方昇陽などが繁用されています。

中医学漢方理論の応用で梅雨を乗り切りましょう。


漢方ホーム薬局のHPはこちら
定休日;日・月・祝日   営業日;火~土  Am9.~Pm6.
# by home-k | 2018-06-20 18:18 | 季節の養生
箱根・金時山の花 Vol 86

2018.05.20(日)金時山1,212mへ 北口から528回目の山行。朝から皐月晴れの快晴のうえ湿度も低く自分にとっては一番体調の良い日です。車止めにつくなり純白の花を盛りこぼれんばかりにつけたヤマボウシの大木が出迎えてくれました。

e0024094_11091364.jpg
いつもの所に、いつものように、いつもの花が咲いている。自然界の風雪に耐えて
頑張ってきれいな花を見せてくれています。愛おしいです。

午後出なので人影も少なく、深呼吸し山の精気を戴きながらゆっくりのんびり歩く。ここ一年半ほど体調が良くなかったので金時山は久しぶり。体調と相談しながらいつでもどこからでも引き返すつもりでしたが、それほど苦もなく登山道に作り付けの階段のNo.11・12に差しかかる。直登で25段位の急な登り。下山の人たちが上で待っていてくれる。見物人多数のため呼吸を整え一気に登る。見栄か・・でもそれができただけ体調がよくなっている証拠と自己満足したり。

一時間半ほどで山頂着。今日も富士山が美しい!!。
e0024094_15420804.jpg
山頂からは360度の眺望。30年近く通っていて今日は新たな発見が・・・・・なんと南に伊豆大島が見えた!。金時茶屋で主人の秀峰さんと暫し談笑。

今日も多くの花たちに会えました。ヤマツツジ、マムシグサ、フタリシズカ、ニシキウツギ、ウマノアシガタ・・・・・・・。

体調いまいちは、一昨年の夏に駐車場の草取りを続けてやったことから膝を痛めてしまい一時はまともに歩けないありさまでした。フレイル(加齢による筋肉や心身の活力が低下した状態)の恐怖に付きまとわれました。漢方薬で手当てしインターバルウォーキング・社交ダンスのレッスンなどで筋力を養い、ようやく我が健康道場金時山の山道に挑戦できたのです。今日は心底嬉しい日になりました。

漢方ホーム薬局のHPはこちら
定休日;日・月・祝日   営業日;火~土  Am9.~Pm6.
# by home-k | 2018-05-24 16:11 | 箱根・金時山の花
足腰の痛み  漢方で歩ける喜びを
e0024094_15274759.jpg

前回(2018.05.19)痛みの治験例の漢方的補足です。

 若い人の痛みの治療に比べ、高齢者の痛みの治療は症状は同じでも漢方での治療法は異なります。西洋医学では症状が同じなら年齢不問で治療法は同じです。痛み止めを中心に薬物やリハビリを主とした治療になります。

こうした手当をしていても治らない人が多いのはなぜでしょう??

治す力がないからです。

治す力とは本来、体の中にあるべき物質(気)エネルギーや(血)栄養に富んだ血・(水)栄養に富んだ水が過不足なくそして滞りなく巡っていることです。治す力がない人は気血水の不足を主としたバランスが崩れていることです。
 
これを中国漢方では「不栄則痛」(栄養不足で痛む)と表現していて組織を養う気血水を補い活力を与えることで筋骨を養い痛みを改善でき、そしてフレイルも予防できるのです。

歳だから・・・・・・とあきらめていませんか! 根治療法は漢方にあります。 

」とは活動や運動をささえるエネルギーの源で、体を動かしたり、温めたり体の抵抗力に関係しています。

」とは全身を巡り臓器や組織に栄養と潤いを与えます。また、精神を安定させる働きもあります。

」とは血液以外の水分、汗・涙・リンパなどの体液のことで水分代謝に関わりがあります。


漢方ホーム薬局のHPはこちら
定休日;日・月・祝日   営業日;火~土  Am9.~Pm6.
# by home-k | 2018-05-23 15:55 | 腰膝痛
足腰の痛み 漢方で歩ける喜びを
坐骨神経痛・すべり症治験例  60歳 女性  bmi 21e0024094_17093045.jpg


この冬(2018.1)腰から下肢にかけての痛みで歩けなくなった。整形外科を受診。X線・MRI検査で腰椎L3・4変形・すべり症による痛みとの診断をされた。処方薬の痛み止め2種・胃薬・ビタミンB12を二週間服用してみたが食欲の低下、倦怠感など体調がよくない、痛みも改善されない。・・・と杖を突きながら来店された。普段お元気なのでびっくりした。

漢方での問診;痛みは左腰部ベルトライン・左下肢痛は臀部の大臀筋・膝上の大腿四頭筋の辺りで重だるく痛みしびれを伴い、力が入らず、冷えると痛みが増す。朝5時ころが最大の痛みで歩き出すとき痛みが走る。手足が冷える・眠りが浅い・就寝が遅い(2時)・二便正常。既往症・春の花粉症鼻炎。
舌診;形は並・苔白・色淡紅<紅(血の不足)。舌裏静脈 黒く怒張(血の汚れ滞り=瘀血)。などから気血などエネルギーや栄養素の不足や血の滞りによる痛みが生じたと推察、漢方でいう「不栄則痛」(栄養物質の不足で組織を養えない)の痛みと判定。漢方の古典に「遍身走痛し 日軽く夜重きは これ血虚なり」とあります。

漢方処方は血を補う四物湯を含む疎経活血湯を主薬として紅花・木通・黄柏・はと麦・人参・白朮を加味しエキス剤ではパワー不足故煎じ薬とし血を補う四物湯などを増量し補血活血瘀血を重点的に改善することとした。二か月弱で杖は不要になった。

5月現在も継続していただいていますがすべり症・腰椎の変形などがあるので補腎薬の配合のタイミングを待っているところです。再発の予防にもなり漢方ならではの根本治療になります。  ・・・・次回に補足あります。

人生で初めて歩ける喜びを感じたとのこと。



漢方ホーム薬局のHPはこちら
定休日;日・月・祝日   営業日;火~土  Am9.~Pm6.
# by home-k | 2018-05-19 17:19 | 痛みと漢方
肩の痛み(五十肩?)に漢方薬
e0024094_15501339.jpg

当店での治験例  上腕部から肩の痛み(左) 五十肩?
 50歳 男  BMI 23 比較的健康体
H29年12月 1ヶ月前位から自然発症的に左腕の付け根辺りから肩にかけて痛むようになった。刺すような痛みで夜間朝方の痛みが酷く重だるい。挙手は可能。
 鼻づまり、空咳少々、血糖値高め、便秘(硬便)。 
 舌診;胖大(形が大きい)、苔無、淡紅 舌裏静脈++
 圧痛点;左腕の付け根辺り前側 肺経絡上の中府・雲門の辺りに刺すような痛みあり、辛い。


漢方治療;この病症は痛みの漢方治療指針からすると「不通則痛」(当ブログ2018.4.6に解説)で気血が肺の経絡上でブロックされて通じないので痛みを発している病状と判定。既往歴から秋冬期の乾燥(燥邪)が災いの元と推測し肺を潤し熱を涼す辛夷清肺湯、左側の病症ゆえ瘀血(おけつ:血の滞り)もあるので血府逐瘀湯(けっぷちくおとう)を投薬してみた。
7日ほどの服薬で完治することができた。さらに良い副作用?が出て便秘も改善されたのには驚きで前々回の当ブログ(2018.3.17)の「肺は大腸に合す」の実例にもなります。
漢方の応用力の広さ、懐の深さに驚かされます。

 

漢方ホーム薬局のHPはこちら
定休日;日・月・祝日   営業日;火~土  Am9.~Pm6.
# by home-k | 2018-04-07 17:52 | 痛みと漢方
痛みには漢方が効く
 イタイ! 痛い!!の起こるしくみ(神経痛 リュウマチ 腰痛 頭痛 膝の痛み)

 漢方の理論では「不通則痛」と「不栄則痛」と二つの原因を考えています。

「不通則痛」とは”通じなければ痛む”という意味で、体の営みに何らかの原因で閉塞が生じ、そのために漢方でいう気や血・水の巡りが失われることにより、組織に気血が届かず組織を養えず部分的に虚になった状態の中に、冷え・湿気・暑さやストレス・瘀血(血行不良)などの病邪が筋肉や関節・神経などに入り込み炎症や腫れ・むくみや水腫を引き起こし痛みとなると考えています。若い人に多い病状です。症状や体質に合わせ病邪を取り除く漢方薬が多数あります。e0024094_11324032.jpg

「不栄則痛」とは”栄養が足りないために痛む”という意味で体にとって本来必要な気や血・水の不足、消耗などにより起きている痛みです。高齢者に多い病状でエネルギー(気)や栄養物質(血)を補える漢方ならではの治療があり予後が大変安定し社会復帰が可能になります。

したがって、痛みが出ない人は、気や血の貯金(貯筋)が十分で常に気血が全身にスムースに運ばれているので、冷えや湿気・暑さやストレスなどの病邪を寄せ付けない体力のある人ということになります。

特に足腰の痛みは生活に多大なダメージを受けます。”歩ける喜び”をぜひ当店の漢方療法に期待してみてください。

*当ブログ「痛みの原因と漢方理論」2014.10.05もぜひご覧ください。



漢方ホーム薬局のHPはこちら
定休日;日・月・祝日   営業日;火~土  Am9.~Pm6. 
# by home-k | 2018-04-06 12:21 | 痛みと漢方
漢方便秘薬とNHKガッテン便秘
先日のNHKガッテン(2018.3.14)で排便困難型便秘を特集していました。肛門近くの筋肉(恥骨直腸筋)1・2・3・4・5刺激運動を興味深く拝見しました。
それは肛門を意識してギュッと締める(1,2,3,4,5と5秒ほどかけて数を数える ~ ふっと脱力し肛門を緩める(1,2,3,4,5と5秒ほどかけて数を数える)で1セットこれを繰り返し日に10~20セット程度行うというものです。
 これですべて改善ともいきませんがあとは便秘薬にとなります。

便秘改善薬には① 刺激性のもの;腸壁を刺激するセンナ・大黄など
       ② 新しいタイプ;処方薬ルビプロストン  腸液の分泌を促す
       ③ 浸透圧性;酸化マグネシュウム
などがありますが、どれも一長一短です。新薬のルビプロストンは腸液の分泌を促し便の水分量を増やし便を軟らかくして便秘を解消するということです。このような作用の薬は市販品にはないとのお話でしたのでこの記事を書くことになりました。市販品にも同様な働きがある漢方薬があります。

漢方薬の不思議な働き  肺の働きを正す漢方薬で便秘が改善??e0024094_16455807.jpg


肺合大腸(肺は大腸にがっす)という考えが中国医学の古典(霊枢)にあります。経脈(ツボの線)上、肺と大腸は互いに関連し表裏(陽と陰)の関係にあります。
肺の生理機能上の働きの一つ「粛降下降の気(気であるエネルギーと栄養に富んだ水液を大腸など全身に送り届ける働き)が正常に働いていれば大腸の糟粕(かす)を伝道する働きを促進する」とあり、もし肺に熱がこもれば大腸にも熱が伝わり熱は腸壁を乾かし便(糟粕)は固化(熱は物質を硬くする性質がある)し便秘となります。このような場合、肺の熱を冷ます清熱薬や滋陰薬を使うことで大腸の熱も冷め腸壁も潤い便通も改善されることになります。排便困難型便秘もこの肺と大腸の関係を応用し潤いを与えることで救われる方があるのではないかと思います。

 3000年を超える中国の医療も含めた歴史の中にこのような治療法をアレンジできる中国医学の知恵に感謝です。



漢方ホーム薬局のHPはこちら
定休日;日・月・祝日   営業日;火~土  Am9.~Pm6.
# by home-k | 2018-03-17 16:56 | 便秘は漢方で
花粉症 速効漢方
先日、東京での漢方研究会に行くとき「こだま号」の車中で若い女性たちが「毎年花粉症で困っている」「春は一番嫌いな季節!」と雑談が聞こえてきました。

花粉症に「なる人・ならない人」不公平ですよね!。
「なる人」は体質的にそれだけの要素を抱えているのです。つまり、①体を守る力(衛気)が弱い ②体の水分代謝が悪い ③冷えを抱えている などの弱点が見られます。e0024094_16210624.jpg

中医学漢方の立場から診ると、からだの構成する物質の気・血・水の三つの要素が過不足なく かつ滞りなく巡っていることで健康が保たれていると考えていますので、この三つの要素を点検して病状を分析することで速効性で副作用皆無の漢方薬を造ることができます。当然のことながら「ならない人」はこの三つの要素がバランスが取れていて肺の機能が良く働いていることになります。

ネットでは花粉症=小青龍湯と出てきますが人の体はこんなに一律的に簡単な処方では一時的にはよくても、源を正さなければ確かな効き目を味わえません。

鼻の花粉症 目の花粉症 皮膚の花粉症など「楽しい春にする漢方薬」を体質に合わせ造ります。勿論、ねむけ 倦怠感 口の渇きなどの副作用は皆無です。



漢方ホーム薬局のHPはこちら
定休日;日・月・祝日   営業日;火~土  Am9.~Pm6.
# by home-k | 2018-03-02 16:28 | 花粉症・鼻炎