ブログトップ
花粉症の漢方薬   -間違っていませんかー
 中医学(漢方)の立場から長年「花粉症」の患者さんの訴えを聞いていて
 近年、鼻炎症状の訴えに大きな変化が見られるようになってきました。
 
  5~6年前までは、薄い鼻水がタラタラで一日でティシュ一箱使ったり
 クシャミが圧倒的に多かった(漢方では寒証といいます)のですが、ここ
 数年前から鼻をかんでもビィビィ音だけの鼻づまりや目のかゆみ、のどの
 乾きなど(漢方では熱証といいます)の訴えが多くなっているように思いま
 す。

  これは、明らかに日本人の体質が変化をしてきた現われです。
 中医学的に見れば、からだに過剰な熱が滞っている状態でその原因は食生
 活のアンバランスによるカロリー過多やストレス、住や気候環境の変化な
 どに原因があるのではないかと思います。

  漢方では西洋医学のようにどのような花粉症状でもステロイドや抗アレ
 ルギー薬を投与という訳にはいきません。
 「寒証」「熱証」の区別が大切になってきます。(当店ホームページ漢方の話
 題を参考にしてください)
 寒証に使う小青竜湯などで温め過ぎると夜中に熱証に変化して鼻づまりが
 酷くて眠れなかったり又、花粉症の人は胃腸の働きが弱い人が多いので食
 欲が落ちたり口角炎になったり思わぬ副作用?がある事があります。
 麻黄(マオウ)が入った漢方薬に要注意です。

  近年に多い熱証型の花粉症には体の過剰な熱をさばくためにからだを涼
 する生薬スイカズラの花蕾 レンギョウの実 薄荷などの入った漢方薬を
 応用し更に鼻腔に働く蒼耳子(オナモミの実)辛夷(モクレンの花蕾)、目
 の痒みなどの炎症に菊花(キクカ)などの配合された薬を用います。

  自分の体質を十分に理解して申告して頂ければこの区別は簡単で漢方薬
 の効果は十二分に発揮でき快適な春を過ごす事ができます。

    とりあえず でかいマスクにゃ 会釈する  (読売新聞)

 次回は花粉症の薬膳(食養生)を考えてみたいと思います。 

 漢方ホーム薬局
# by home-k | 2006-02-28 21:46 | 花粉症・鼻炎
花粉症  ー漢方薬で快適な春を過ごせますー
マスコミなどに花粉情報が発表される日々になりました。まだニコニコ
顔ですがいずれ笑顔も歪んでくるのではないでしょうか。今年のスギ花粉
は少ない予報ですが、少ないものに反応してしまうのがアレルギーの特徴
なのです。油断禁物です!

 それにしても多いのが花粉グッズや花粉サプリメントの数です。マスコ
ミ情報だけでは理解できないので先日、ドラックストアーに見学に行って
きました。まあ、山積状態でなるほど物からマユツバモノ、売らんかなの
活字が躍っているものなど賑やかな陳列でした。
これと言う治療法が無いと産業が発達するそうでアレルギー産業が大繁盛
の様相です。

 私の店ではこの花粉症に対して漢方薬のみで対応して、毎年好評をいた
だいています。くしゃみ、鼻水、鼻つまり、目のかゆみ、充血、なみだ目
頭が重い、さむけ、のぼせ、気力が湧かないなどすべてです。

 花粉症といえば漢方では小青竜湯が定番ですが私はあまり使いません。
なぜなら、花粉などにやられるのは本来、体に備わっている外敵と戦う力
(漢方では「衛気」という)の不足があるからなのです。

 「衛」とは弱ったり老化した粘膜細胞を活性化させ、外的な刺激から体を
衛(まもる)こと、粘膜を含む体表にバリアを巡らせることです。
外敵(花粉)に侵略されやすい人は軍備を強化し守りを固め侵入されない体
づくりが急務です。
漢方では気を補う黄耆(オウギ)などを中心に外敵の侵入をふせぎます。

 花粉症の漢方薬にまだめぐり合わなかった人、イマイチだった人今年は
是非、漢方ホーム薬局の漢薬をお試しください。勿論、ねむけ、だるい、
のどの乾きなど皆無です。

 あなた一人だけのオリジナル漢方薬を考えます。

漢方ホーム薬局
# by home-k | 2006-02-19 17:19 | 花粉症・鼻炎
健康道場 箱根金時山
  「おはよう」「おはようございます」「久しぶりだね」「会はないから
 具合が悪いのかと思った」「今日の道はどんな具合?」「アイスバーンだ
 からアイゼンつけた方がいいよ」「今日の富士山は最高だよ」「お疲れさ
 ん」「きおつけてね」

  今朝は6時に目が覚めてしまい外を見ると快晴の空が広がっている
 「そうだ!金時にいこう」今年2回目の登山。
 何時もの北口は雪道が心配なので今日は南側の金時神社口から歩いてみた
 外気温0度 アイゼンを途中でつけて怠けた足を励ましながらハーハーし
 ながら登る 零度以下なのに汗が出る

  金時山頂上からの富士山の眺めは素晴らしい 今年は雪が少ないとか
 富士の右下方に南アルプスの北岳 甲斐駒 八ヶ岳が白銀に輝いてくつき
 りと見渡せる この景色を独り占めなんてもつたいない 多くの人に分け
 てあげたい 8時半気温マイナス2度 ロウギヤでエンジン全開で登って
 きたので寒さを感じない 今朝の最低気温はマイナス8度だったとのこと

    今朝の金時山からのマウント富士
e0024094_1738813.jpg

    当店HPのURL http://www.homek.biz
# by home-k | 2006-01-28 17:41 | 気分転換
お正月は漢方の知恵と共にやってくる  -おとそ・七草ー
あけましておめでとうございます

 奥の深い漢方の知恵は私どもの日常生活の中に様々な形で入り込んでいます
お正月行事の「おとそ」・「七草」も漢方の知恵の一つです。

 年の初めの元旦はおとそで乾杯!!

 屠蘇(とそ)は嵯峨天皇の御代に中国から伝わったもので無病息災を祈り、
幸福な年を迎えるとして元旦に屠蘇酒をいただき家族で新年のお祝いをするも
のです。
普通の日本酒だけで「おとそ」としている家庭が多い様に思います。私も漢方
を学んでからお屠蘇の素があることを知りました。
なんとお屠蘇の素は日頃私どもが繁用している漢方薬の薬草が八種類も入った
立派な漢方処方だったのです。
桂皮、山椒、陳皮、桔梗、大ういきょう、丁字、白述、浜防風が入って屠蘇散
といい胃腸を温め気の巡りを良くする内容で、新年に一番先に口にしてからだ
のエンジンをかけるようなものです。
  

 正月七日は七草粥を食べよう

 一月七日に七草粥を食べ一年の無病息災を祈る習慣は平安時代の宇多天皇の
御代に中国の風習が宮中行事として伝わったもので、江戸時代になって民間に
広まったといわれています。
 
 昔は冬の野菜不足に緑の野草を食べてビタミンやミネラルを補ったのでしょ
う。今は飽食の時代、冬でも緑の野菜がいつでも食べられるのでダイエット食
にいいのではないでしょうか。
いずれにしても先人の知恵を思いながら七草がゆを味わって見たいものです。

 「せり・なずな・ごぎょう・はこべら・ほとけのざ・すずな・すずしろ、こ
れぞ七草」と歌われているように、材料の7つの野菜はそれぞれに効用をもっ
ています。

 セリは、競り合って密生しているところからその名があるセリ科の植物で血
行を促進し、むくみをとり、引き締まった体を作り、二日酔いにも効果があり
ます。

 ナズナはアブラナ科のペンペン草のことで、目の疲れに効果があります。

 ゴギョウはキク科の母子草で痰を切り、気管支炎に効果があります。

 ハコベラはナデシコ科のハコベ・ウマゴロシの別名で、全草を産前産後のむ
くみとりと催乳剤としてもちいます。

 ホトケノザはキク科のタビラコで、痒み止めにつかわれます。

 スズナはカブ、スズシロは大根のことで、いずれも喉の荒れ、口内炎を治し
消化を助ける働きがあります。


 食べ物の薬効についてはホームページで後日詳記いたします。


当店HPのURL http://www.homek.biz
# by home-k | 2006-01-07 01:16 | 食養生
自分でできる漢方的体質の見分け方 ー自分を知るー 3の3
 前回の血(けつ)の異常の血虚体質は血のもつ栄養と滋潤成分の不足で、
消化吸収の働きが低下したために血の原料不足ともいえます。また、出血
や血液破壊による血の量の不足もあります。
お血(血滞)体質は血の循環不良による組織への供給不足が考えられます。
 

  今回は、(すい)の異常をチェックして見ましょう

    陰虚体質の見分け方         痰湿体質の見分け方
(水の不足タイプ)              (水の過剰タイプ) 

 □ 顔面紅潮しのぼせる       □ 肥満、水太りで体脂肪率が高い
 □ 手のひらや足の裏がほてる    □ からだが重だるい
 □ 喉や口が渇き冷たいものを好む  □ 痰が多い
 □ イライラ、不眠、よく目が覚める □ むくみやすい
 □ 寝汗をよくかく         □ にきび、吹き出物ができやすい
 □ 耳鳴りがする          □ 手のひら、足裏が湿っている
 □ 目が乾きやすい         □ 血中コレステロール、中性脂肪
 □ 更年期症状と共に月経が遅れたり   値が高い
   量が少なくなる         □ めまい、吐気がよくある
 □ 便が硬い、兎糞便        □ 女性ではおりものが多い
 □ 舌の色は紅く表面に割れ目がある □ 舌の表面にベットリとした苔が
   苔は少ない             多い

  痰湿はからだに貯まった非生理的な水のことで肺、消化器、腎の水分代謝
 が低下したためで、「奇病はみな痰に関連する」と言われているように非常
 に厄介なものです。
  陰虚は血虚(血の不足)の程度が進み、からだの生理的な水分が失われた
 状態で栄養不良脱水自律神経の興奮などがみられます。


  3回にわたり6つの体質分類をご紹介いたしました。チェックしてみると
 思い当たる症状があれこれ出てきて複数の体質にまたがるのではないかと思  
 います。人のからだは複雑ですから当然のことです。日ごろご相談をうけて
 いても慢性の場合、6つの体質に何かしら当てはまることなどよくありま
 す。 


  自覚症状があっても芽の段階で早く対応すれば、本当の病気にならなくて
 すみます。体質はいつも変化するので何時もと違う自覚症状に気付いたらそ
 の時々でチェックしてみてください。(未病先防)
 
  体質改善は自覚症状に早く気付いて早く対処すればチェック箇所も少ない
 はずですから簡単に治ります。気付かずに或いは気付いてもそのまま放って
 おくと、その体質は固定化してしまい深みにはまってしまいます。
 

  漢方の栄養学(後日当店ホームページに解説)で日ごろの養生を心がけて
 未病先防をモットーとする漢方などの自然薬をからだに取り入れることで
 気になる体質を改善していきたいものです。

                     
                    体質の見分け方 ー完ー

当店HPのURL http://www.homek.biz
# by home-k | 2005-12-26 13:52 | 漢方的体質の見分け方
自分でできる漢方的体質の見分け方 -自分を知るー 3の2
 前回はからだを巡っているエネルギー、「気」の異常をチェックしていた
 だきましたが、「病は気から」「気に病む」「今日は気が乗らない」「気を
 配る」「気が置けない」「気は心」「気力が充実」「気分爽快」など、日常
 生活のなかで「気」という字を何気なく使っています。  
 その時々のからだの気の状態が言葉にも表現されてきます。

  今回は血(けつ)の異常のチェックをしてみましょう

    血虚体質の見分け方        お血体質の見分け方
      (血の不足タイプ)         (血の滞りタイプ)

 □ 顔色が悪くつやが無い      □ 顔や唇の色が暗い
 □ 皮膚がカサカサする       □ しみ、そばかすが多い
 □ 爪がもろく色が悪い       □ 下肢に静脈瘤がめだつ
 □ 目の乾き、かすみ、つかれ目   □ 慢性的な肩こり頭痛がある
 □ めまいやふらつきがある     □ 寝つきや寝起きが悪い
 □ 動悸、不安感がある       □ 足は冷えるのにのぼせる
 □ 不眠、夢が多い         □ 便の回数が多く色が黒い
 □ 月経が遅れ量が少ない      □ 同じ所が刺すように引きつる様
 □ 手足がしびれたり、こむら返りが    に痛む。夜間に悪化。
   よく起きる           □ 月経痛がひどく、レバー状の
 □ 舌は色が淡く小さい         塊が混じる
                   □ 舌の色が紫色っぽく黒いしみの
                     ような斑点がある。舌下静脈が
                     太い(怒張)
 
  次回は水(すい)の異常の見分け方です

 当店HPのURL http://www.homek.biz                    


 
# by home-k | 2005-12-23 21:34 | 漢方的体質の見分け方
自分でできる漢方的体質の見分け方 -自分を知るー3の1
漢方(中医学)では、体の中を充実した気(エネルギー)、血(血液)、
水(血液以外の水分)が正常に流れていれば健康。不足したり滞ったりする
と病の原因になると考えています。

  ○ 気の異常には気の不足(気虚)と気の滞り(気滞)があり、主に
    からだの機能面に変化がみられます。
  ○ 血の異常には血の不足(血虚)と血の滞り(お血)があり、主に
    からだの機質面に変化がみられます。
  ○ 水の異常には水の不足(陰虚)と水の滞り(痰湿)があります。
 
 それぞれ1気虚体質 2気滞体質 3血虚体質 4お血体質 5陰虚体質
 6痰湿体質と云っています。

 漢方の診断法は、からだからの異常な合図を詳細に観察して何が不足で
 何が滞っているかを判断していきます。
 「からだの内側に起った異常は必ずからだの外側に現はれる」と漢方の
 古書にあるように、からだの九っの穴(九竅 前前ページ)などにも異常が
 でてきます。
 
 このような、からだからの合図を問診方式で体質別チェック表にまとめて
 みました。自分の体質を知る上で参考になると思います。
 
 体質は1っのタイプだけとは限りません。人により複合タイプもあります。

 3ヶ所以上チェックがあれば要注意でまず食養生の見直しが必要です。
 5ヶ所以上チェックがあれば漢方薬などでの調和が必要な状態です
 
 気の異常をチェックしてみましょう

  気虚体質の見分け方          気滞体質の見分け方
  (気の不足タイプ)             (気の滞りタイプ)
 □ 気力がなく疲れやすい     □ のどにものが詰まったような
 □ 汗をかきやすい          不快感がある
 □ かぜをひき易く治りにくい   □ 憂鬱や不安イライラ怒りやすい
 □ 動悸、息切れが多い      □ 偏頭痛がある
 □ 声に力がない         □ 脇胸部が悶満しすっきりしない
 □ 寒がり            □ お腹が張りゲップ・ガスが多い
 □ 小食でもたれ易い       □ お腹がゴロゴロなる
 □ 頻尿、尿の勢いが弱い     □ 下痢便秘を交互に繰り返す
 □ 腰や膝に力がない       □ 月経痛、周期が一定しない
 □ 舌は色が淡く大きく腫れぼっ  □ 月経前に乳房や腹がはる
   たく縁に歯の跡がある     □ 舌は両端が紅く苔がある


 次回は血(けつ)の異常についてです。

当店HPのURL http://www.homek.biz
# by home-k | 2005-12-21 21:23 | 漢方的体質の見分け方
漢方式人間ドック   ~未病を予防する漢方の世界~
  漢方薬は病名ではなくて、病状 症状で薬の処方がきまります。
 患者の訴えを中心に心身を正常化し、調和することが大前提ですから
 病気になる一歩手前、からだの調子がちょっと変だという時点で解消
 する病気の予防薬としても、大変すぐれています。
  「上工は未病を治す」と漢方の古典でいわれるように病気は急に  
 かかるわけでもなく、かかる前に必ずからだの異常があるはずです。 
 この未病のときに治してしまう医者が優れた医者(上工)だと
 いっています。
 
  早くいえば、ガンになったりガン細胞が発見されてからでは遅い 
 わけです。ガンになる前に内臓に異常な自覚症状があったり、痛みが
 あったり、肩がこったり、食欲が落ちたり、吐気があったり、生理の
 異常・出血など何かからだからの合図があるものです。
 全く何の自覚症状もなくてガンにかかるわけではありません。
 それはからだの歪みを自覚しようとしなかっただけです。       
 
  ですから、病名がついた時には病気が進んでおり、からだの機能が 
 こわれてがたがきたということで手遅れ状態なのです。
 病気を発見したときが病気の始まりではありません。
  
  病気は未病のうちに未病理論の確立されている漢方で手当てするこ
 とが最良です。

  漢方式人間ドック    -健康であるためのチェックポイントー
 
 1.快眠   よく眠れますか (寝入りが悪い 眠りが浅い)
 2.快食   食事はいつも美味しいですか
 3.快小便  回数・量が正常で残尿感がありませんか
 4.快大便  便秘・下痢などありませんか
 5.平常心  いらいらや不安感はありませんか
 6.頭寒足熱 頭痛やのぼせ、足腰の冷えはありませんか
 7.皮膚   皮膚が湿ったり、カサカサに乾燥したりしませんか
 8.腹証   腹に動悸を感じたり、しこりがあったりしっませんか
 9.脈証   脈に異常がありませんか  
10.安息   咳、痰、鼻づまり、のどのつかえはありませんか
11.臓腑器官の無意識 内臓の各器官に異常な自覚症状は・・・?
12.男性   精力のおとろえはありませんか
   女性   生理は順調ですか おりもの 流産癖 不妊・・?


 以上のチェックがすみましたら前回(11月26日)のブログの
 九っの穴(九竅)のチェックも重ねることで、からだからの合図
 を発見することができます。

  漢方の世界では、さまざまなからだからの合図、症状に対応する薬が
 4000年に及ぶ中国漢方の医療の積み重ねの中に開発されています。

  煙を見たら、火事にならないように用心、用心


当店HPのURL http://www.homek.biz
# by home-k | 2005-12-05 20:55 | 漢方の話題
「九ツの穴」みがいてますか・・・~年末大掃除~
 私たちのからだには内臓の窓ともいえる穴が九ッあります。
眼が二ッ、鼻の穴が二ッ、耳が二ッ、口が一ッ、小便・大便の
出口がそれぞれ一ッで合計九ッで、これを漢方では九竅(きゅうきょう)
といっています。

からだに異常がおきると、この九ッの穴にさまざまな症状が
みられるようになります。
  では 疲れ目、かすみ目、視力の減退、涙目、めやに、充血目など
  では 鼻水、鼻づまり、花粉症、ちくのう、臭覚異常など
  では 耳鳴り,耳だれ、難聴、耳が遠いなど
  では 口唇のあれ、口内炎、口臭、口が苦い、味覚異常など
  小便では 残尿感、排尿痛、血尿、小便が近い遠いなど
  大便では 便秘、下痢、血便、痔など
の症状を経験することになります。

 しかし、目の病気は目だけ、鼻の病気は鼻だけの部分的な原因で病気
になったのではなく、漢方では眼の穴は肝鼻の穴は肺耳の穴は腎
口は脾(消化器)大小便の出口は腎膀胱と密接な関係があると考え
ていますので、臓器の調和を計ることで穴の異常を正していきます。

たとえば、花粉症は鼻水、くしゃみがつづくことで大した病気とも
思えませんが単に花粉によるアレルギーだからといってアレルギー
を中和する抗ヒスタミン剤や抗アレルギー剤をのんでみても、
それほど効果はありません。
漢方ではこの場合、鼻の穴の不快症状は肺の働きの異常と考えますから、
肺の機能を調和して水分代謝免疫力を養う治療法をとることで、
つらい花粉症を忘れられるような素晴らしい効果を発揮することができます。
花粉症だから鼻だけという局部治療法は単なる部品修理でしかなく、
慢性疾患ともなれば原因はどこにあるのか分解大掃除をやらなければ
治癒することはできません。

 漢方療法は人それぞれの不特定な症状を分析し原因を追究し調和する
ことにあります。穴の奥にあるもの(臓器)を研くことが病の根治療法と
いえます。
エントツのすす掃除もしなければなりませんが、その奥のかまどの手入れと、
さらにすすの出ない薪や燃料を選ぶことが,さらに大切になってきます。


 次回は「漢方式人間ドック」について書く予定です。

当店HPのURL http://www.homek.biz
# by home-k | 2005-11-27 23:35 | 漢方の話題
~みかんの効用~
みかんが色づきを増して美味しくなつてきました!!
手軽に食べられるみかんに、色々な効用があることをご存知でしたか?
でも、食べ方により、その働きが安定したり増したりするのです。
みかんは「薄皮ごとたべる!」が、正解です。

  ☆みかんにはこんな効用が☆
①かぜの予防
②整腸作用
③脳卒中の予防
④抗癌作用


①ビタミンCがイッパイ「かぜの予防」
 みかんといえばビタミンC。これには免疫力を向上させ、かぜを予防する
 働きがあります。
 また、薄皮にはビタミンCの損失や、酸化を防ぐ物質があり、水溶性で
 壊れやすいビタミンCを無駄なくからだに取り入れる働きがあります。

②食物繊維のペクチンがイッパイ「整腸作用」
 薄皮にはペクチンが多く含まれる。ペクチンは腸内水分を調整するので
 整腸作用があり、便秘、下痢の解消に役立つ。
 果肉だけを食べるより4倍近く多く摂ることができる。

③へスペリジンがイッパイ「脳卒中の予防」
 薄皮には血管を強化するヘスペリジンが多く含まれる。これは、ソバに
 多く含まれるルチンと同様の働きを示し、加齢などによりもろくなつた
 血管を新生させ、毛細血管の弾力性を保ち出血を防ぐ。
 みかんを多く食べる地方では脳卒中の死亡率が低いといわれる。

④βークリプトキサンチンがイッパイ「抗癌作用」
 果肉の鮮やかなオレンジ色は今注目されているカロチノイドの一種である
 βークリプトキサンチンで抗癌作用があり、発癌性物質に対する
 活性化阻害作用はβーカロチンの約5倍といはれています。
 βークリプトキサンチンは温州みかんに特に多く、他の柑橘系果実の
 約100倍量を含んでいます。
 抗癌作用に必要とされる量は1~2ミリグラムですから温州みかんなら
 1~2個で十分です。
  (京都府立医科大学西野輔翼教授 H10.5.14 日本農業新聞)   

皮を乾燥したものを「陳皮」といい漢方薬の原料として多くの処方に用いられ
て、健胃、鎮咳、去痰作用があります。
「陳」という字は「古い」という意味があり旧いもの程価値があり真黒な陳皮
は値も高くなります。七味唐辛子にも入っています。

今年は鳥インフルエンザが不気味な動きをみせています。                   
いつその変異株が新型インフルエンザとして人類を襲うかもしれません。
インフルエンザやかぜなどにやられないように免疫力を養う方法として
漢方栄養学にもとずいたバランスのとれた食養生を心がけ、
デザートにみかんを毎日1~2個たべると良いのではないでしょうか。


東海道線を走る湘南電車はオレンジと緑色のツートンカラーで
昭和30年?頃さつ爽と登場しました。
こげ茶色の列車だけだつた時代にこの配色は驚きでした。
今走っている車両は帯状になつていますが初登場の時は窓枠がオレンジ色で
その上と下は緑色で当時としては非常に斬新なものでした。
このオレンジと緑色の配色はこの地方のみかんの果樹の緑色の葉とオレンジ色
の実に由来していると言われています。
今では、全国でこのツートンの湘南型電車がみられますが小田原地方の
みかんがイメージカラーだったのです。

当店HPのURL http://www.homek.biz
# by home-k | 2005-11-15 00:45 | 食養生