人気ブログランキング | 話題のタグを見る
ブログトップ
花粉症には漢方薬が効く!! 治験例
毎年、花粉症で悩みこの季節だけ来店されること8年目

48歳  男性Aさん  営業職  BMI 26

主症状:クシャミ、透明な鼻水、鼻づまり、目の痒み、涙目、時に目の充血 、目や鼻腔の粘膜痒い、頭重など

舌診:形は胖大(舌の形が浮腫んで大きい)、苔・中央部白い、色・淡(紅みが少ない)、歯痕あり(舌の周りに歯の痕がつく)。
 
 営業職で外食、会食が多くビールや焼酎の水割りなど冷えたアルコール類を多飲、帰宅が遅く夕食は就寝直前になる。仕事だから仕方ないと。鼻炎の初期段階では市販の抗アレルギー剤で対処しているが粘膜の乾燥感や倦怠感、ねむけ、頭がボーっとするなどがあり不快という。効き目もいまいちになる。ここで漢方薬の出番となること8年目。日にポケットティシュを3ヶ以上使うようになると来店される。花粉症には漢方薬が効く!! 治験例_e0024094_18114855.jpg


漢方治療:症状と舌診から日常生活の不摂生からの冷えと過剰な水分の停滞、食滞がうかがいしれる。自己で処理できないものが口から入っているので、これらが体にダメージを与え発症している状態。それ故、冷えに対し乾姜・黄耆・細辛などの温める薬、水分代謝の改善に茯苓・白朮・半夏などの配合のある漢方薬と食滞に”晶三仙”を、鼻の症状を改善するハクモクレンの花蕾(辛夷)のお茶で服用していただいた。これに満足していただきこの季節だけお付き合いをしていただいている。


中医学漢方では、花粉症の症状は体を守る衛気(免疫力)の不足により起こると考えています。衛気を充実させる基本は、まづ元気な胃腸でしっかり栄養を摂り、体内の気を十分に養うことと、肺は衛気を全身に張り巡らせる働きを担っているため肺の働きを健やかに保つことも大切です。


花粉症の低年齢化を危惧しています。冷たいものに注意して未完成な内臓機能にダメージを与えないように養生しましょう。

漢方ホーム薬局のHPはこちら
定休日;日・月・祝日   営業日;火~土  Am9.~Pm6.
# by home-k | 2019-03-09 18:22 | 花粉症・鼻炎
冬の養生・寒さ(寒邪)に打ち勝つ!! 4のⅣ
 寒さに勝って冬を乗り切ろう!!

 Ⅳ 漢方薬で寒さをノックアウト

 寒さに負けないためには、規則正しい生活と季節感のある食養生が基本ですが免疫力・抵抗力・エネルギー(陽気)の不足が甚だしい場合には中医学漢方薬の出番です。冬の養生・寒さ(寒邪)に打ち勝つ!! 4のⅣ_e0024094_17105161.jpg


 陽気(エネルギー)を生む胃腸を調えて食物の消化・吸収を良くしたり熱エネルギーのもとを補ったり、或いは体に受けた寒さや冷え自体を取り除いたり、それによって悪くなった血行をよくしたり、ダメージのタイプによって様々な方法があります。

 漢方薬は一人一人の体質や症状によって使い分けます。
素人判断でご自分の症状や体質に合わない服用の仕方をすると効果がないだけでなく副作用の危険性もでてきます。

当店では体質に合った漢方薬を選定、調合しています。ご相談ください。



漢方ホーム薬局のHPはこちら
定休日;日・月・祝日   営業日;火~土  Am9.~Pm6.
# by home-k | 2019-01-26 17:16 | 季節の養生
冬の養生・寒さ(寒邪)に打ち勝つ!! 4のⅢ
  寒さに勝って冬を乗り切ろう!!

Ⅲ 寒さに強くなるワンポイント

 寒さは体の表面や首の後ろ、足元、鼻から肺の呼吸器などから侵入してきます。
日頃から衣類の上からでもいいのでマッサージをしたり、外出時は首回りや足元を温かくしましよう(帽子・マスクやマフラー、カイロなどで)。

 食事も生ものや冷たいもの、過剰の水分は体の内側から冷やして代謝や血行を悪くしてしまうので避けた方がいいでしょう。また旬でない食べ物も同じことがいえます。できるだけ旬の食べ物や少量のスパイスを摂ることをお勧めします。冬の養生・寒さ(寒邪)に打ち勝つ!! 4のⅢ_e0024094_12032926.jpg

私たちの周りではここ10数年の間に「食」を取り巻く環境が変わっています。大きく変わったことは「食材の旬」が分かりにくくなったこと、物流の発達から「遠隔地の食材」が増えたことです。このことは食卓に季節感がなくなったことだけでなく中国医学漢方でいう医食同源・薬食同源の立場からすると食材のもつ性味の体を冷やすもの・温めるものや五味の酸・苦・甘・辛・鹹の味などの摂り方にもアンバランスとなり臓腑の働きに狂いが生じてきます。

 献立は地産地消で季節に合った食材を主にすることが寒さに強くなり、内臓を養い免疫をも豊かにすることになります。



漢方ホーム薬局のHPはこちら
定休日;日・月・祝日   営業日;火~土  Am9.~Pm6.
# by home-k | 2019-01-26 12:14 | 季節の養生
冬の養生・寒さ(寒邪)に打ち勝つ!!  4のⅡ
 寒さに勝って冬を乗り切ろう!!

Ⅱ 寒さに負けないからだ 

 寒さに強い人と弱い人がいるのはなぜでしょうか?
寒さというのは、気候の変化や外気温など外界からの刺激です。ですから、免疫力・抵抗力の弱い人は寒さにも弱いということが考えられます。また寒さは陽気を襲いやすいので、この陽気が不足している冷え性タイプの人が寒さに弱いということにもなります。冬の養生・寒さ(寒邪)に打ち勝つ!!  4のⅡ_e0024094_15232127.jpg

 免疫力や抵抗力、陽気などの熱エネルギーは食べ物や生活習慣によって大きく左右されます。人間は食事によってほとんどの栄養を摂取しているので、不規則な食事や偏食、或いは無理なダイエットなどにより栄養の摂取ができないと体力の低下を招き、免疫力や抵抗力、熱エネルギーの不足に繋がります。同様に、睡眠不足や疲労の蓄積も体力の低下を招きます。また運動不足は、新陳代謝を低下させ、老廃物を蓄積させ身体にエネルギー不足を生じさせます。ストレスの蓄積もまた新陳代謝の低下を招くので、同じ結果になります。

 寒さに負けない体を作るということは、規則正しく栄養のバランスのとれた食事を心がけ、適度の運動と休息をとりストレスをためないということです。

"腹が減っては戦はできない”と言われるように飲食物を体の中でエネルギーに変えて人は活動をしています。自動車のようにただガソリンを入れさえすれば、エンジンが廻り走るだけのものではありません(ただお腹が膨らめばいいではダメ)。栄養バランスのとれた食事をすることは勿論ですが胃腸機能に負担をかけるような食生活や嗜好品も要注意です。例えば、冷たい飲食物を過度に摂っていると、体の中が慢性的に冷え、胃腸もその働きが緩慢になり陽気が生まれにくくなります。


漢方ホーム薬局のHPはこちら
定休日;日・月・祝日   営業日;火~土  Am9.~Pm6.
# by home-k | 2019-01-25 16:00 | 季節の養生
冬の養生・寒さ(寒邪)に打ち勝つ!! 4の1
寒さに勝って冬を乗りきろう!!

 新年も小寒・大寒と過ぎ去り暦の上では早や立春が視界に入るような時期に来ていますが実際の春はまだまだ。関東地方では霜柱が立ち氷が張る本当の寒さはこれからです。

 今一度、気を引き締めて寒さを乗り切りたいものです。

 Ⅰ 寒さは熱を奪い代謝を低下させる
冬の養生・寒さ(寒邪)に打ち勝つ!! 4の1_e0024094_17455744.jpg

 暖かい部屋から急に寒い外に出たり、寒いところに長時間いると体にはどんな変化がみられるでしょうか?一般的には体が冷え唇や皮膚の色が悪くなり、筋肉がこわばってくるなどの変化が見られます。これは寒さの持つ特徴による体の変化です。

 寒さは自分と反対の性質を持つ熱エネルギー(陽気)を襲いやすいので、寒さによって熱が奪われ冷えが現われます。この熱エネルギーは代謝を行ったり、促進したりする働きがあるので、寒さにより熱が奪われると代謝も低下して消化器症状や排尿異常などが見られることもあります。

 いろいろな物質は温度が下がると固まりやすくなります。私たちの体も同じで、血液は固まらないまでも流れが悪くなり、唇や皮膚の色が悪くなります。寒さは体を収縮させて運動を制限する性質もあります。そのため、寒さが皮膚を収縮させると鳥肌がたって汗が出なくなり、筋肉を収縮させるとこわばりや痛みが現われます。

 一般的に体温が1度下がると新陳代謝は10%余り下がり、免疫力は30%余り下がるといわれていますので寒さ(漢方では寒邪という)=冷え には十分な注意・対策が必要です。 
    ・・・・つづく。




漢方ホーム薬局のHPはこちら
定休日;日・月・祝日   営業日;火~土  Am9.~Pm6.
# by home-k | 2019-01-24 17:46 | 季節の養生